韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[全文含む]キム・ヨナ、ミニホームページ通じて心境吐露…"そのまま信じられることですか? "
2010年08月27日 (金) | 編集 |
'フィギュア女王'キム・ヨナ(20)が自身のミニホームページにブライアン・オーサーコーチとの決別問題に対して立場を明らかにして目を引いている。

キム・ヨナは25日インターネット ミニホームページ掲示板に五でコーチとの決別問題に対して長文の文を載せた。 オーサーコーチとの決別がお母さんパク・ミヒ氏の一方的な決定で知らされたことに対して事実を明らかにするために出たこと。

現在のオーサーコーチは韓国言論はもちろん外信とのインタビューで"一方的に決別を通知受けたしキム・ヨナでないお母さんの決定であるようだ"と話す状況だ。 また"キム・ヨナが最近アイスショーで韓国に帰っている間数回メールを送ったにもかかわらず返事を全く受けることができなかった"として侮辱にあったとまで主張している。

これにキム・ヨナは長文の文で"果たしてコーチとの決別をママ一人で決められたとのことが真実でしょう。 あのこれ以上子供ではありません。 ママも同じことです。 どうなろうと私のコーチでありずっと一緒にした別れた私が最終決定することでママと私がするということに相談して慎重に決めたのがこれです"と直接解明に出た。

また、決別の原因に対しては"決別理由は単に打線数招聘問題のためだ... 他選手コーチ提案とからまった問題がもちろんあったが、本当に理由がそのただ一つ起こりましょうか... ブライアン・オーサーコーチがインタビューした話でだけ見た時私が見ても考え短くて礼儀もなくて全部私たちの、いやママの誤りと見えたのです"としてまた他の背景があるということを暗示することもした。

引き続きキム・ヨナは"すでに大きくなる時で大きくなったが偽りで包装された真実をこれ以上埋めてしまうことはできなくないですか"として苦しさを吐露した。

これに先立ちキム・ヨナはこの日午前ツイッターにブライアン・オーサーコーチを狙って'嘘を止めてくれますか? 私はこの状況に対して正確に知っていてこれは私が決めたこと(Would you please stop to tell a lie,B? I know exactly what's going on now and this is what I've DECIDED)'というメンションを上げることもした。 ところでこのメンショネもかかわらず、状況が落ち着かないのでミニホームページに長文の文を載せたこと。

一方、オールザットスポーツはキム・ヨナがミニホームページに文を載せた直後報道資料を通じて'キム・ヨナ選手がミニホームページに文を載せました。 業務に参考にして下さい'と明らかにした。 キム・ヨナの文が会社の公式的な立場というものだ。

以下はキム・ヨナが自身のミニホームページにあげた文の全文だ。

yk20100826-1.gif yk20100826-2.gif

[READ MORE...]
スポンサーサイト
米国LA開催'キム・ヨナ アイスショー',出演陣確定
2010年08月27日 (金) | 編集 |
初めて米国で開かれる'キム・ヨナ アイスショー'に参加する出演陣が公開された。

キム・ヨナのマネージメント社のオールザットスポーツは来る10月2日と3日米国LAステイプルス センターで開催されるアイスショーにキム・ヨナ(20.高麗大)をはじめとして'フィギュアの伝説'ミッシェル・クァン(米国),バンクーバーオリンピックペア金メダリストシューシェン-ホンボーツァオ(中国),バンクーバーオリンピック アイスダンス金メダリスト テッサ・バーチュー-スコット・モイア(カナダ)等が出演すると明らかにした。

この外に世界選手権大会2回優勝とバンクーバーオリンピック銅メダルペアチーム知らせますがサブチェンコ-ロビン・ゾルコビー(ドイツ),世界選手権大会優勝者でトリノオリンピック銀メダリスト ステファン・ランビエル(スイス),米国選手権大会3回優勝者のジョニー・ウィアー(米国),トリノオリンピック銀メダリスト ベルビン-ベン・アゴスト(米国),世界選手権優勝者ブライアン・ジュベール(フランス),米国フィギュアスケーティングの期待の主アシュレー・ワグナー(米国)などが共に出る。

今回のアイスショーはキム・ヨナが出演するアイスショーの初めての海外公演と同時にキム・ヨナの今年初めての海外アイスショー出演だ。 韓国が開催するアイスショーを初めて米国に現れる機会なので韓国と米国ファンたちの関心を集めるものと見られる。

また、10チームで成り立った今回のアイスショーの出演陣がオリンピック、世界選手権大会、ヨーロッパ選手権大会、米国選手権大会などで獲得したメダルの数が40個を越えるということが話題を集めている。

オールザットスポーツは"前列の座席またはVIPチケット購買者は非公開に進行されるドレス リハーサルを観覧することができるし、また、選手たちに質問して答弁を聞くことができる機会が与えられる"と伝えた。

[イーデイリー 2010-08-26 13:02] 元記事はこちらから

※豪華メンバーですね、ジョニたん久しぶり~。
[記者の目]キム・ヨナ-オーサー、直接会って顔向き合って戦え
2010年08月27日 (金) | 編集 |
直接会えて顔を向き合って戦え。

最も古典的で時には最も明快な解答が出てくる戦いの技術だ。 相手の話を直接聞いて、釈然としない部分はその場で問い質してこそ後ほど誤解がない。

ところで最近キム・ヨナと ブライアン・オーサーコーチは文を通じて戦う。 オーサーコーチは言論インタビューを通じて、キム・ヨナはミニホームページやツイッターを通じて自身の立場を知らせている。 ニュアンスが感じられない冷たい文の中で誤解の溝はより一層深くなった。

初めて"才能が優れていたキム・ヨナの将来を空く","その間誠意を尽くして指導したオーサーコーチに感謝申し上げる"という話はまもなく"私はさらに尊敬を受けなければならない","4年余り訓練期間楽しいだけしたのだろうか"という暴露戦でさかさまになってしまった。 物足りなさを表わしたファンたちも今は泥沼戦に"やめなさい"と要請をする状況だ。 言論を通した戦いはお互いに傷だけ残した。 透明な氷のようにきれいだった二人のイメージは壊れるだけ壊れた。

二人は今同じ空間で訓練する。そんなに広くないトロント クリケット スケートリンクで一日何回ごとの顔を向き合うだろう。両者には立派な媒介、振付け師のデービッド・ウィルソンもいる。直接会って胸襟を開いておくのがそれほど難しくないという話だ。言論を通じて攻防戦だけ行うのではなく直接会ってお互いの立場を表明しなさい。そして適当な接点を探しなさい。

この前'膝打ち導師'に出演して"ただ私のことであるだけなのに、自分の仕事のように喜んだオーサーコーチとウィルソン コーチが有難かった"として涙を流したキム・ヨナが思い出される。わずか4ヶ月前だ。オーサーコーチも"誤解を解きたい"と数回話した。お互いがこういう心ならば、その短い期間積もった誤解はすぐ正すことができる。

[日刊スポーツ 2010-08-26 10:40] 元記事はこちらから

※"戦え"というのは過激ですが、4年をともに過ごした師弟関係の終わりを、目も交わさずに他媒体を通じて言い合うというのはなんともさびしい。
オーサー、 AFPとのインタビューで、" 2週間半後にすべてのことが明らかになるだろう"
2010年08月27日 (金) | 編集 |
インタビューは、行間のニュアンスを読み取ることが重要である。 ブライアン・オーサーが キムヨナのプログラムの音楽を公にAFPとのインタビューの全文を掲載する。

ブライアン・オーサーは、韓国 フィギュアスケートの感覚を起こしたキムヨナの未来が明るいとした。しかし、まだキムヨナの母がなぜ自分自身をやめることにしたのか不思議だった。

カナダ代表としてオリンピックに出場したオーサーでは、"正式には火曜日( 24日)に解雇された"と話した。彼はトレイシー・ウィルソンアシスタントコーチ(オーサーと一緒に解雇された) 、キムとの会話を交わしたことも言った。

彼は、"先週の木曜日にトレーシーと私はキムヨナの母パクミヒ氏のオフィスに入った。そして不思議な感じがした。そして別れの通告を受けた"と述べた。オーサーコーチは"まだ、なぜ私はキムヨナの母から解雇されたのか理由を確実に知られないだろう"とし、"先週キムに『今の状況が混乱している』という意思を伝えキムヨナも涙を浮かべて『私も同じだ。状況どのように行き渡るか分からない'と言った"と明らかにした。

オーサーは、キムヨナが彼を切った記事のために苦境に立たされている。彼は"正しい考えを持つ人なら誰でも私達が幻想的な能力と良好な関係を維持することを知っているだろう"と反問した。

彼は平凡なシャシーシーズンの準備をしていた。キムヨナはグランプリ大会出場は断念したが、 2011年に東京で開かれる世界選手権には出場するのである。オーサーコーチの解雇を発表後、キムヨナは、まだカナダ トロント クリケットペルシスケートリンクで デビッド・ウィルソンと一緒に新しいプログラムを準備している。

オーサーは、 "ヨナはこうした事態がなぜ起こっていることを知らなければならない。 2週間半ほどですべてのことが明らかになる。そして、すべてが変わるだろう"と警告した。続いて、"私たちは本当に大変な4年を過ごした。ヨナ、君がどのような決定をしても君を愛し、そして我々は君が最高になることを望む"というメッセージをキムヨナに対する愛情を隠さなかった。

そしてキムヨナの次のシーズンのプログラムを公開する。彼は、"新しいプログラムは、本当に素晴らしいです。今まで見たことのない最高のプログラムだ"と絶賛した。 "そのプログラムは、オリンピックで使用したピアノコンチェルトF 1.3楽章よりはましだ。さらに完璧になった"と述べた。続いて、このプログラムは、韓国の伝統音楽であるアリランに基づいており、 ショートプログラム 振り付けは、シェーリン・ボーンによって、週末までに完成されるだろうと伝えた。

オーサーは、キムヨナが、他のコーチを捜すかどうか分からないと言った。そして、まだキムヨナの指導をしたいと思う願望を隠していない。 "もし私がヨナに再度行くことがあれば検討を試みる。 "と言いながら、"私は最高の女の子がほしいと思う"と話した。オーサーコーチは、現在、米国のスケーターだった アダム・リッポンとクリスティーナ・ガオのような選手を教えている。

[日刊スポーツ 2010-08-26 11:09]  元記事はこちらから

※2週間半後すべてが明らかに、、、意味深です。
オーサー直撃インタビュー"1週間に65万ウォン受けて仕事をした"
2010年08月25日 (水) | 編集 |
"浅田真央に絶対行かない。私は嘘つきではない。ヨナ時間当り110ドル受けて教えた。"

ブライアン・オーサーコーチとの電話通話は容易ではなかった。 数回電話をかけたが彼の電話機は黙殺無返答だった。 25日午前11時頃やっと通話になった。

オーサーコーチは韓国人記者という事実を確認しては直ちに切る態勢であった。だが"韓国人らが誰より愛する二人がこのようになったのがとても心痛い。真実を知らせなければならなくないのか"という言葉が彼の心を動かした。オーサーコーチは淡々としながらも断固たる語り口で現状況を説明した。

-キム・ヨナが自身のツイッターに"要請です。嘘を止めてください。B"という文を載せている事実を知っているか。

▲聞いた。私は嘘をつかない(I don't lie).信じてくれ(Trust me).私は良い人だ(I'm a good person).

 -両側の主張がとても相反する。 二人中1人は嘘をつくことと見られるほかはない。

▲誰も嘘をつくことではない。真実はヨナのお母さん( yuna's mother)が3週前に私に'あなたはこれ以上ヨナのコーチでないと話した'ということだ。その場には出ていたことではない。(補助コーチの)トレイシー・ウィルソンと通訳者もあった。

 -浅田真央からコーチ提案を受けた4月から信頼にひびが入ったのではないのか。

▲分からない。しかし(浅田と関連したことは)全部デマだけのことだ。私は明らかに話した。私は君との信義を守る(I'm royal to you)で。君は私の最高の優先順位(You are my number 1 priority)と明確に言った。

 -去る7月に開いたキム・ヨナの日産アイスショーにはなぜきていないのではないか。

 ▲当初8月にアイスショーが計画されていた。 その時は行くことができるといった。 ところで日程が変わった。 7月は私が教える学生たちが大会準備をしなければならない忙しい煮詰めた。 それで行けないことだ。 現在8人の学生を教えているのに、半分は私の学生で半分はそのまま助ける学生たちだ。 ヨナの他にも教えている学生たちが多い。

 -これ以上キム・ヨナのコーチではないから今は浅田を教えることができるはずなのに。

 ▲絶対に、絶対に絶対にそのような心ない。 今教えている私の学生たちも多い。 浅田側からコーチ提案を受けたことがあるが丁重に拒絶をしたし、その後では接触しなかった。

 -決別の原因がお金の問題のためであることもあるという話が聞こえる。

 ▲(大きい声で笑いながら)時間当り110ドル(約13万ウォン)ずつ受けながら教えた。 1週間に5日5時間ならば550ドル(約65万7000ウォン)だ。 私くらいのレベルのコーチは選手収入の5%で30%までも受ける。 前回4月アイスショーの時も金を受け取らないでヨナのためにリンクに立った。 ヨナに私は高くない先生だ。 これが私だ。 出てきてヨナはお互いに対する信頼で一緒にしたことであってお金のために一緒にしたのではない。

 -キム・ヨナがあなたなしに来年3月世界選手権大会で優勝できると思うか。

 ▲もちろんだ。 ヨナは世界最高だ。 可能だろうと見る。 だが、私はこれ以上ヨナのコーチではない。

 -多くの韓国の人々が惜しんでいる。 最も愛する弟子だったが今は心が良くないようだ。

 ▲違う。 私は相変らずヨナに対して誇らしいと考えてヨナを愛する。 ただしこのようになった状況が遺憾だ。

[スポーツ朝鮮 2010-08-25 13:24]  元記事はこちらから

yk20100825-3.jpg

※なんでこんなことになったかなあ。

公私ともに余裕なく、この話題はしばらく静観とさせていただきます。スミマセン!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。