韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィギュア:キム・ヨナ、次のテーマ曲は「ミス・サイゴン」
2007年06月30日 (土) | 編集 |
「ひばり」から「ミス・サイゴン」へ。フィギュア・スケーティング界のスター、キム・ヨナ(17)=軍浦スリ高=が2007-08シーズンに向け、プログラムのテーマ曲と振り付けを決めた。

フリースケーティングのテーマ曲は、ミュージカルで有名な「ミス・サイゴン」の序曲や「日と月」など計10曲の中から選ばれた。キム・ヨナと彼女の振り付けを担当するデビット・ウィルソン氏の選曲だという。ミス・サイゴンは、ベトナム戦争を背景に現地人女性キムと米軍兵士クリスの愛と離別、死を描いた作品で、「オペラ座の怪人」や「レ・ミゼラブル」、「キャッツ」とともに世界4大ミュージカルとして数えられている。

キム・ヨナは「ミス・サイゴンは力強くて壮大な部分が多く、表現力や動作に気を使っている」と話した。また、コーチを務めるウィルソン氏も「昨シーズンのフリースケーティング曲である“揚げひばり”よりも美しい演技が期待できるだろう」と語った。

また、キム・ヨナのショートプログラムのテーマ曲は、ヨハン・シュトラウス2世の喜歌劇「こうもり」の序曲で、ワルツ音楽だ。これについて、キム・ヨナは「明るくて軽快な音楽なので、来シーズンには新たな演技を披露できるはず」と話している。また、ウィルソン氏も「キム・ヨナは現在スピンやスパイラルなどの弱点を補うため、集中トレーニングに励んでおり、来シーズンはさらに素晴らしい演技ができるものと確信している」と語った。

[朝鮮日報/朝鮮日報JNS 2007-06-29 09:08] 元記事はこちらから

20070629-3.jpg


※素敵なプログラムになりそうで楽しみです~。
ひさびさミニホをチェックしたらトロントでの最近の写真がアップされてました!
ヨナちゃん来シーズンっていつ?早く会いたいです~。


20070629-4.jpg 20070629-5.jpg

左は最新おとといの写真、右は振り付けのデビット・ウィルソン氏と。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。