韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'フィギュア女王'キム・ヨナ,4月末契約満了…今後去就は?
2010年04月06日 (火) | 編集 |
'フィギュア女王'キム・ヨナ(20・高麗大)の今後去就問題が焦眉の関心事に浮び上がった中で現マネージメント社IBスポーツと再契約可否にも関心が傾く。 

キム・ヨナが選手生活を継続するのか,引退を宣言するかはまだ不透明だ。 国内に滞在中のキム・ヨナは来る16日から三日の間オリンピック公園体操競技場で開かれる'KCCスウィチェン フェスタ・オン・アイス2010'に出演して,5月中旬まで各種広告を撮影するなどスケジュールが消化した後5月末予定されたカナダ出国を前後して今後進路を明らかにするものと見られる。

ところでキム・ヨナが口を開く時点はIBスポーツと契約満了期間と上官関係がある。 キム・ヨナが4月末までIBスポーツと再契約するならば去就に対する決定と発表は予定よりはやくなる展望だ。 もし5月末までキム・ヨナが最終決定を先送りするならば事実上IBスポーツと決別手順を踏むと見ることができる。

現在IBスポーツは契約期間が残り少ないキム・ヨナを捉えるために総力を傾けているけれど成功可否は不透明だ。 キム・ヨナ側が2007年4月から3年間一緒にしてきたIBスポーツと再契約しないといううわさもある。 ある関係者は"キム・ヨナは現役から引退しても公演等を通してプロ選手でフィギュア活動を継続する意向をすでに明らかにした。 マネージメント社は必要だ。 もしIBスポーツと再契約しないならば2006年マンチェスターユナイテッドのパク・チソンが以前所属会社を出て自身を専門担当する'JSリミテッド'を設立したようにキム・ヨナやはり自身の所属会社を開くの可能性に重きがおかれる"と話した。

[スポーツソウル 2010-04-05 19:42] 元記事はこちらから

※今後を静観~。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。