韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表現力がないジャンプは単にサーカスであるだけ....
2010年04月07日 (水) | 編集 |
高難度技術を要するサーカスでなく総合的表現芸術!

"韓国選手らジャンプはみな上手にするのにスケーティング技術は不足します。" 'フィギュア女王'キム・ヨナ(20 ・高麗大)が韓国フィギュアスケーティング発展のためにくじいている一言話した。 "ジャンプは上手なのに技術が不足します".... キム・ヨナのくじいている一言は単にフィギュアに技術が必要だという意味ではない。 フィギュアは高難度技術だけを要するサーカスでなく表現技術が加味された総合芸術であることを言う。

先月31日帰国会見で'韓国フィギュアの発展のためにどんなものが必要だろうか'という質問にキム・ヨナがある返事だ。 永らく考えてきた問題というもようマイクを捉えるやいなやキム・ヨナは"基本的なスケーティング技術,ストゥロキン,ステップらを完全に固めること"と答えた。

"やはり韓国で永らく訓練をしてカナダに渡っていって訓練を進行することになったがカナダで最も多く向上したのがまさにスケーティング技術だ。 韓国選手らの場合ジャンプとスピンはある程度みな上手にする方なのにスケーティング技術,スケーティング スキルとステップにおいては弱点があらわれている。 国際大会でもこの部分で最も大きい差異点が現れている。 基本的なスケーティング スキルはフィギュアスケートにおいて大変重要な要素だ。 これからこのような漸移向上すればという風だ"と話した。

yk20100407-9.jpg


引き続きキム・ヨナは"私も昔にはジャンプが最高だと思ったしジャンプだけ練習したがカナダで訓練してすべての要素がみな重要だということを分かったしスケーティング技術を習得することになった"と付け加えた。 キム・ヨナが長い期間中揺れないで起伏ない競技力を広げた理由の中の一つは硬いスケーティング技術にあったのだ。

キム・ヨナが指摘したスケーティング技術の重要性は昨日今日のことでない。 基本的なスケーティングを無視したまま,ジャンプにだけ専念することになれば'中途半端スケーター'になる確率が高い。 フィギュアスケートの点数はTES(技術要素)とPCS(プログラム構成要素)の点数が合算された総点で成り立つのに,TESに比べることができるPCS点数を受けようとするなら安定したスケーティング技術が大変重要で,特に新採点制ではプログラム構成点数とともに加算点(GOE)の重要性もますます高まっている。 優れた技術が表現力に昇華されなければ加算点を得るのが難しくなる傾向といえる。

キム・ヨナがジャンプだけ上手にする選手だったら決して最高のスケーターになれなかっただろう。 スケーティング技術を土台にしたフットワークと優れた振りつけ消化でPCSで高い点数を獲得したのが世界最高点数をひきつづき置き換えた力だったことだ。 東洋圏選手たちがジャンプに強い反面,北米とヨーロッパ選手たちはスケーティング技術とステップで強気を見せているのに,キム・ヨナは東洋選手の強力な点のジャンプに優れたスケーティング技術を兼ね備えるということによって自分だけの強力な点の最高の表現力を作り出すことができたのだ。

日本のあるネチズンは"キム・ヨナが毎大会で高得点を受ける理由は創意的な振りつけにある。 浅田真央もジャンプ技術に集中するよりは個性を生かす振りつけに気を遣わなければならないだろう"と残念だといった。 彼はキム・ヨナが“冬季オリンピックを通じて少女から淑女になった”とした。

オリンピック直後日本の匿名コミュニティ サイト < 2ch >でキム・ヨナとその他選手たちを比較する文が大きい反響を起こした。 “キム・ヨナを初めて見たことは去る2006年グランプリ シリーズであった。 当時フリー演技であったあげひばりの振りつけは美しかった。 からだの線を利用した表現力が圧巻だった”と回想した彼は引き続き“(キム・ヨナは)冬季オリンピックを通じて少女で淑女になった。 多彩な腕の動作は女性のまぶしい身体曲線と融和されて優雅に見える”と評価した反面,浅田真央を含んだ他のフィギュア選手たちに対しては“関節が滑らかに動くことができなくて強弱がなくて空にブルンブルン無意味に掻き回す感じ”と表現した。

彼はキム・ヨナの同年齢ライバル浅田真央(20)に対しては極めて冷静な評価を下した。 “冬季オリンピック以前まで浅田真央やキム・ヨナ全部それぞれの美しさがあるのに良がったが今は‘そうだな’という気持ち”と失望感を表わした。 特に,“浅田真央は競技の結果が悪ければ顔に内面がそのままあらわれて惜しい”と指摘した。

彼は浅田真央の奮発を促して激励も漏らさなくて自国選手に対する真心に充ちた愛情を表わしながらも感情を調節することができる‘淑女’キム・ヨナとは違い浅田真央はまだ内的に成熟することが出来ない‘少女’に留まっているという批判を加えた。 このネチズンは結論的に“キム・ヨナが毎大会で高得点を受ける理由は創意的な振りつけにある。 浅田真央もジャンプ技術に集中するよりは個性を生かす振りつけに気を遣えば今よりさらに光ることができるだろう”と忠告した。

ただ匿名のファンだと見るには完ぺきな専門家的見識で二選手を比較したネチズンの分析のように二選手は明らかに違った。 ネチズンは浅田のそれをジャンプ技術といったし,先立ってキム・ヨナは自身のそれをスケーティング技術だと同じ技術という単語を使ったりしたが明らかな差は'ジャンプと技術'の差でなければ'技術と表現力'の差と見なければならないようだ。 ジャンプがそのままジャンプならば技術が不足したことでジャンプが技術ならば表現力が不足したもようだった。

2010フィギュア世界選手権大会女子シングルプログラム日程を一日前にした先月25日,イタリア,トリノ他ジョリースケートリンクで持った記者会見でも浅田真央は“トリプル アクセルの調子が非常に良い”と話すなど自身だけができる高難易度ジャンプに死活をかけていることを何時の間にか表わした。 相変らずトリプル アクセルなど三周り半突起に命をかけたサーカス団の少女と見えた。

先月30日世界選手権金メダルを首にかけて故郷に錦を飾った浅田は帰国記者会見を通じて今後の計画を明らかにした。 世界選手権大会でついにキム・ヨナを折ってバンクーバーオリンピック銀メダルの恨みをはらして心が一層軽くなった浅田真央はバレエを習うために'出張コーチ'を招請する計画であることを発表した。

キム・ヨナとの正面対決で5回目大会ぶりに勝って2年ぶりの世界選手権者タイトルも取り戻した浅田だがシーズンが終わっても休まないで新しい目標に向かって進むと明らかにしたのを置いて一部では浅田真央が'キム・ヨナのいない氷板'で独走体制を整えるという意志を明らかにしたと見ている。 だが一番最初にしたいのがバレエを習うことだと話した浅田真央の考えを私は違うように解釈したい。

彼女がバレエを習おうとする理由はトリプルアクセルを消化するなど難易度高いジャンプを駆使しながらもいつもキム・ヨナに押された理由が繊細な演技力不足だという点を自ら感じたためと見える。 3才から8才まで故郷愛知県でバレエを習ったことがあるがスケートをしながら併行しにくくて憧憬の対象にだけ残したバレエを浅田真央がまた習うということはフィギュア演技にバレエの表現力と柔軟性を接続させるということによってキム・ヨナとの正しくなされた先日を駆使するという覚悟であり戦略であろう。 一方浅田真央はバンクーバー冬オリンピックでキム・ヨナに大きい点数差で後れて2人者に留まった後演技の表現力向上のために新体操とバレエなどを習うという計画も明らかにしたことがある。

このように浅田がバレエ,新体操など多様な異種分野をのぞき込むような印象を与えているのはキム・ヨナが圧倒的に優雅な演技をして世界新記録を立てた結果に刺激を受けたためと見える。 浅田真央は今回のシーズンに'女子選手中唯一だ'として前に出したトリプルアクセルの成功率を高めるためにジャンプ技術を増やすのに注力してきたし,トリプルアクセル自らの回転数論議が絶えなかったのだがとにかく成功をしたのに何か不足するという感じを受けたようだ。

実際にジャンプに重点を置いて見たら演技や表現力面では過度に単純になったという評価が相次いだことを意識したからなのか浅田はこれから駆使する新しいプログラムに対して"トリプルアクセルだけ固執しないで2連続3回転ジャンプを練習するなど今までは他の種類のジャンプ演技をする意向がある"という意志を明らかにしたのも同じ脈絡で見なければならないだろう。

バンクーバーオリンピックが終わった時早目に2014ソチ オリンピック出場意思を明らかにしてオリンピック金メダルの夢に対する挑戦意思を明らかにしたことがある浅田真央は直ちに次のシーズン東京で開かれる世界選手権大会で日本人最初2連続優勝に挑戦することになるのに,宿命のライバルでありなかなか越えるのが難しかったキム・ヨナが至上目標であったオリンピック金メダルを獲得した後むなしさに揺れる隙間に勝ったことに満足しにくいだろう。

まだ今後去就を決めることが出来ないキム・ヨナを仮想の敵とみなした浅田はキム・ヨナ以後世界女子フィギュアの独走体制をつくりあげるための準備作業に突入したのだ。 これと共に浅田はこれから大学生活をしてボーイフレンドもつきあいたいという意向を明らかにしたとスポーツ報知が5日報道した。 4日大阪府門真市で開かれたアイスショーに出演した彼女はこの日日本取材陣と行ったインタビューで"心理学を勉強してみたい。 心理学先生がいるから多様な体験談を聞きたい"という背中今後大学生活に対する計画を明らかにして"恋愛もしたい"という話もしたと報道したこの新聞は浅田真央が恋愛をしながら女らしいということを身につけて演技の表現力が一層向上することだと期待した。

スポーツ報知は浅田真央を教えたタチアナ・タラソワコーチが表現力を高めるために彼女にボーイフレンドと付き合うことを以前から薦めてきたと伝えながら実際に彼女が愛に陥ることになれば新しい魅力を誇れるとの期待も隠さなかった。 ジャンプは上手なのに技術が不足するというキム・ヨナの言葉が直接浅田を置いてした話ではなかったが,浅田はバレエでリズム体操で間にまた三周り半に首をくくったその情熱を注ぐだろう。 彼女と同時にすでに淑女で大きくなったライバル ヨナに追いつくために恋愛を通した熟成淑女なることも併行しようとしているようだ。 フィギュアは少女のサーカス技術でなく淑女の芸術的表現というものを私たちは永遠の同年齢ライバルヨナと真央から見る。

チェ・ヨンイル

[トゥデイフォーカス 2010-04-06 10:06:34] 元記事はこちらから

※あくまでコラム書かれたチェヨンイル氏個人のご意見としてご紹介~。
田村さんの新刊に"(ヨナたんのボンドガールのような演技は向いてなくて)浅田真央は何を滑っても浅田真央のまま"と、悪い意味でなく真央ちゃんが愛される所以で書かれてましたが、表現力が深まったらもっとステキだろうな。わたしはそんな真央ちゃんを見たい。感じ方は人それぞれ、これも一意見ということで^^
コメント
この記事へのコメント
2010/04/07(水) 13:25:50 きらぁびぃさん(今回HN)のコメントは不適切(というか下品)な発言でしたので削除させていただきました。

バッグの件など情報提供いただく分にはありがたいですし個人のご意見は尊重いたしますが、発言内容にはご注意ください。次はありません^^
2010/04/07(水) 13:42:19 | URL | piroringo@昼休み #rN1LClbI[ 編集]
何を言おうがかまわないが、自分のスローステップを肯定はしないでほしい。優雅に滑るなら別の場所で!だからって激しくて訳ではありません。よなの007なんてCMでエキストラが同じことできちゃうくらい素人設定ってことがいいたいだけなので
2010/04/08(木) 01:21:49 | URL | no name #-[ 編集]
キムヨナのせいで
私はアメリカで、今回のバンクーバーオリンピックを見ました。
今回のメダルはアメリカ、カナダ、韓国がグルです。
男子の金をアメリカに与える代わりに、女子の金を韓国にと言うシナリオだったと思います。
アメリカ、カナダは、2年連続で日本に金メダルを持っていかれることを、絶対止めたかったんだと思います。
その根拠が、オリンピックのフィギュアが始まる前、NBCでフィギュアの特集がありました。
その時、キム、カナダの選手(名前忘れた)、アメリカの選手、後ヨーロッパの選手だけが、メダル候補として紹介されました。
私はあれ?と思ってました、だって、日本の安藤選手だってメダル候補のはず。浅田選手にいたっては、キムの一番のライバルのはずなのに、一言も名前は言われませんでした。
男子の選手もです。高橋選手の名は、全然言われませんでした。
アメリカは、2年連続で金を日本に持っていかれるのを、絶対辞めさせたかったのでしょう。韓国の選手にいたっては、何としてでも今回の金メダルは欲しかった。
双方の思いが一致し、その対抗者が日本だった訳です。
フィギュアの世界選手権の時のあきらかに分かる八百長でも、アメリカはダンマリを通していました。NBCはオリンピックの時は、キムをすごく褒めていましたからね。何も言えなかったのでしょうが…
フィギュアの採点は、公正ではない事は、今回のオリンピック、世界フィギュアで明白になりました。
そんな汚い金で喜んでいる某国の裸の女王様は哀れです。
2010/04/10(土) 15:16:49 | URL | フィギュアは終わった #-[ 編集]
Re:キムヨナのせいで
あなた様のいうとおり、アメリカ、カナダ、韓国はぐるで優勝はキムヨナだったかもしれません。でもキムヨナはパーフェクトにすべり、浅田さんは、トリノで金をとった荒川さんのようにパーフェクトに滑れませんでしたよね。運命というか、神様のした仕業かわかりませんが、これは事実です。パーフェクトに滑らせることは「グル」でできません。浅田さんが仮にパーフェクトに滑っていたらまた、違っていたかもしれませんが・・・。そして、2010年世界選手権を除いて2009年~2010年オリンピックまでデータが示すように、キムヨナは強かった。浅田さんがスランプに陥っている間・・・これは紛れもない事実です。事実から目をそむけたらいけません。ただし、今後はどうなるか知りません。スポーツはその時点での結果あるのみ!!
2010/04/10(土) 22:17:24 | URL | のりぴー #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/11/26(金) 13:40:23 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/11/26(金) 13:47:06 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/11/26(金) 14:00:04 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。