韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[SSパワーブロガー]オーサーコーチと真央、師弟縁? 鍵はキム・ヨナに
2010年04月24日 (土) | 編集 |
キム・ヨナを冬季オリンピック金メダリストでありフィギュア歴史上女子シングル最初のキャリア グランドスラマーで育てたブライアン・オーサーコーチがキム・ヨナの長い間のライバル浅田真央からコーチを引き受けてくれという提案を受けたという報道が出てきて目を引いている。

去る23日ある国内言論の報道によればキム・ヨナのマネージメント社のIBスポーツの高位関係者は"オーサーコーチが浅田真央からコーチ提案を受けて悩み中でこれはキム・ヨナ側も知っている懸案"と明らかにした。

オーサーコーチとキム・ヨナの契約は2009-2010シーズンを最後に終了しただけでなくオーサーコーチと契約を結んだ主体がキム・ヨナ個人でないIBスポーツでキム・ヨナとIBスポーツの再契約問題がまだ結論が出ることもなかったためにオーサーコーチは今直ちに真央と契約を結ぶのに何の制約がない状況だ。

真央がオーサーコーチに師弟の縁を結ぼうと提案したことは事実は全くとんでもない話ではない。

去る2月開かれた2010バンクーバー冬季オリンピックで真央が大きい点差でキム・ヨナに敗れるとすぐに日本国内世論は真央が彼女のコーチのタラソワコーチと決別しなければなければならないと声を高める一方オーサーコーチを新しいコーチで迎え入れなければならないという声があったのが事実だ。

その結果真央は結局タラソワコーチとの決別を決心して新しいコーチを受け入れるという意向を明らかにしたことがある。

ここでオーサーコーチが真央のコーチを引き受けるのかどうかを決めるのに最も大きい影響を及ぼす問題がすぐにキム・ヨナの現役選手生活持続可否だ。

オーサーコーチは冬季オリンピックが終わった以後インタビューで自身の愛弟子キム・ヨナが2014年ソチ冬季オリンピックで冬季オリンピック2連覇に挑戦したら良いという風を明らかにしたことがある。

現在のオーサーコーチが真央と契約を結ぶのに何の制約がない状況で真央側の提案を受けて熟慮している理由中の一つはオーサーコーチが'チーム キム・ヨナ'の核心人物としてキム・ヨナとの契約が終了するやいなやキム・ヨナと長い間宿命のライバル関係を形成してきた真央のコーチを引き受けるのにともなう心理的負担感のためだと見られることが事実だ。

もしキム・ヨナが現役選手の身分を維持することに決めてオーサーコーチとの再契約を推進するならばオーサーコーチは当然キム・ヨナとの縁を継続する可能性が高いがキム・ヨナが現役引退を宣言してプロ選手で転向するならばキム・ヨナとの契約を継続する名分は大きく減ることになる。

一部ではIBスポーツ関係者が言論にオーサーコーチが真央側からコーチ提案を受けたと明らかにした理由がいわゆる'キム・ヨナ株式会社スタート説'と関連があると指摘している。 すなわち、キム・ヨナでとってIBスポーツと再契約することを圧迫するために流した話という推測であるわけだ。

とにかくオーサーコーチが真央側の提案を受けたのが事実ならばオーサーコーチが真央側の提案を受け入れるのかどうかを決める時点はキム・ヨナがプロ転向可否など自身の去就を最終決定する5月末頃になる展望だ。

[スポーツソウル 2010-04-24 11:11]  元記事はこちらから

※確かにヨナたんが万一プロに転向するという決定を下した後ならオーサーコーチが誰のコーチを引き受けようと自由、でもコーチはただの金メダル養成ロボットではなく血の通った人間です。ライバルのことを知りつくしたオーサーにオファーが来たのもビジネスと考えればお金を積まれて指導者としての格も上がるしオーサーとしても決して悪い話じゃない。でもそんな単純な話でないのがヨナたんとの師弟関係で築かれた"情"にあるとわたしは思います。まだあのアイスショーから一週間なのに複雑な週末です。
コメント
この記事へのコメント
仮にオーサーが真央のコーチを引き受けたとしても結果が出るとは思えませんが…それに本当に提案があったならずいぶん安易な考えだとも思います。コーチと選手も相性があるし付いて行こうとしない弟子では尚更。日本で訓練することにこだわってタラソワにも滅多に会わなかったり指導者に対して従順でないところがありますから。周囲ももっと真央の性格をよく理解して考えてあげればいいのにといつも思います。
なんだか違和感のある、気持ちわるい話題ですね…
2010/04/24(土) 14:07:10 | URL | kie #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/04/24(土) 14:25:10 | | #[ 編集]
ヨナちゃんが心配ですね…(>_<)
2010/04/24(土) 15:49:05 | URL | yuki #-[ 編集]
ヨナちゃんも真央ちゃんも、上の選手になればなるほど、こうやって騒がれて毎日疲れるでしょうね

キムヨナ株式会社?
ヨナちゃんがそれを望んでるのであれば大賛成
ヨナちゃんは望んでないのでは…と
2010/04/24(土) 17:45:41 | URL | スキン #-[ 編集]
ヨナちゃんがもし自分の会社を持つとしたらそれは韓国フィギュアスケートの発展や恵まれない人を助ける為の会社だと私は思うのですが・・・。今回のIBの社員は自分の私欲の為に独立しようとしているように見えるのでもし契約という事になっても考え方の差異などで結局ヨナちゃんとは上手くいかないんじゃないかと。
オーサーは今までカナダやアメリカの選手を主に育ててきているので言語の壁がある真央ちゃんとは難しいと思います。というか外国のコーチとはもう無理では・・・?
2010/04/24(土) 21:46:30 | URL | 先生の弟子 #-[ 編集]
次回オリンピックはソチだし、正直、浅田選手側のオファーの話しはガセだと思いますけど。
マネジメント会社の話は、またお母さん絡みなんでしょうかね。。。
2010/04/25(日) 00:14:01 | URL | るう #iMUFz2Wk[ 編集]
言語の壁とは言いますが、タラソワコーチの時は通訳の人いましたよね?今回も通訳付ければ問題ないのではないんじゃない
んですかねぇ。真央ちゃん大学生なんだし、英語でコミュニケーションぐらいは出来る様になるでしょ。ヨナタンにオーサーコーチが付いた当時、ヨナタンもあんまり英語喋れなかったのではなかったのでは?
2010/04/25(日) 12:21:42 | URL | Tommy #XmHeyEnw[ 編集]
>tommyさんへ
2008年のシーズン最初の頃にタラソワ先生に遠慮してしまって余り自分の意見を言えなかったみたいな話を真央ちゃんがしていたのを聞いて言葉の通じないコーチに付くというのは大変な事なんだなと思いました。言語の壁という言葉を使った理由もそれだけです。私の書き込んだコメントでもし気分を悪くされたのならすみませんでした。
一応「無理」と書いたのも学生生活とフィギュアの両立だけでも大変なのに無理しないで欲しいという意味でした。
コーチ問題が一応終息したようでほっとしました。でも六月に真央ちゃんが韓国に行くのに少し心配になってしまうニュースでしたね・・・。
2010/04/26(月) 01:03:23 | URL | 先生の弟子 #-[ 編集]
私がショーを観に行った時、韓国の皆さんに
アサダマオ、好きです。とか、I am Mao's big fan.とか
言う人が多かったです。道をたずねた時も食事に行った時も。
両国のメディアが煽るだけで、やっぱり人気者だと思います☆
2010/04/26(月) 12:24:37 | URL | ちゃみこ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/04/30(金) 10:19:15 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。