韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'読者と会うということ'キム・ヨナ、"フィギュアは私の運命"
2010年04月24日 (土) | 編集 |
キム・ヨナがフィギュアを辞めるところである理由を公開した。

キム・ヨナは24日午後3時永登浦タイムスクエア スタリウムで開かれた‘読者との出会い’で“フィギュアは私の運命であるようだ”とびっくり告白した。キム・ヨナは「キム・ヨナのように」、「キム・ヨナの7分ドラマ」(中央出版社)を出版したことがある。

行事が進行される間率直な返事で大きい呼応を得たキム・ヨナは“2006年フィギュアを辞めようと決心した時があった。その時が最も大変だったがその時私が一生フィギュアをすべきな運命だということを感じた。辞めたとすれば本当に後悔しただろう”と率直な心情を伝えた。

これに司会者が“辞めないように支えてくれたのが何なのか”と質問するとすぐにキム・ヨナは“辞めると決定して出て一月後にアイスショーがあった。必ず参加しなければならない競技なのでアイスショーだけして辞めようという考えだったが変に競技がうまく解決した”と話してフィギュアとの丈夫な縁を説明した。

また、彼女は“その前にも辞めたいという考えをたくさんしたがその時ごとに新しい契機ができてうまく解決したせいで止められなかったことが多かった。フィギュアが運命であるようだ”としてフィギュアに対する愛情を表わした。

一方、キム・ヨナは来る4月30日現在所属会社のIBスポーツと契約期間が満了して‘読者との出会い’行事でも特別な言及がなくて今後去就に対して知らされたことがなくてファンたちの気がかりなことを増幅させている。

[ユニオンプレス 2010-04-54 21:14] 元記事はこちらから

yk20100424-8.jpg

※2006年かあ、その後にオーサーコーチの指導が始まったのですね。"フィギュアは私の運命"というヨナたんが今後去就にどんな答えを出すのかが待たれます。
コメント
この記事へのコメント
 やはりフィギィアスケートは恋人でしたね。
2010/04/27(火) 01:33:04 | URL | とくめい #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。