韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IBスポーツ'キム・ヨナ契約満了'に急落傾向
2010年04月26日 (月) | 編集 |
マネージメント社のIBスポーツ[011420]が'フィギュアクィーン'キム・ヨナとの契約期間満了切迫で急落傾向を現わしている。

26日午前10時12分現在の有価証券市場でIBスポーツは前取引日より9.98%急落した株当り2千120ウォンに取り引きされている。

IBスポーツは22日から3取引日ごと下落行進を継続している。

IBスポーツの株価劣勢は30日キム・ヨナとの契約期間満了する予定だが再契約が成し遂げない可能性が提起されているためだ。

特にその間キム・ヨナを管理してきたIBスポーツの核心役員が最近辞表を提出してマネジメント会社設立を推進すると分かって'キム・ヨナ株式会社'の設立が有力な状況だと知らされた。

キム・ヨナは2007年4月新生マネージメント社のIBスポーツと広告、協賛、ライセンシング、放送出演、出版、映画、インターネット コンテンツなどすべての事業領域にかけて独占的なエージェントになるという内容で契約した。

以後キム・ヨナは国際舞台で優れた成績をおさめながら身代金が上昇したし、途方もない人気を前面に出して広告界で'黄金の卵を産むガチョウ'で登場した。

IBスポーツの株価もその間キム・ヨナ好材料などを土台に2月末5千450ウォンまで急騰したりもしたが以後持続的な下落傾向を継続して2千ウォン序盤台で落ちた。

[聯合ニュース 2010-04-26 10:21]  元記事はこちらから

※週明け早々単独会社設立発表、再契約もなしでIBスポーツは言葉通り株を落としましたね・・・。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。