韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーサーコーチ韓日争奪戦真相は?
2010年04月26日 (月) | 編集 |
ヨナ向かった'パパ微笑'ブライアン・オーサーコーチを囲んだ韓日争奪戦がハプニングで終わった。

去る23日キム・ヨナのマネジメント会社のIBスポーツ側は"キム・ヨナ支援チームの解体の可能性が大きくなりながら日本の浅田真央(20)側がオーサー(カナダ・49)コーチの招聘動きを見せた"と話して論議を起こした。

しかし浅田真央側は"事実無根"とこれを全面否認した。 日本のスポーツ専門紙日刊スポーツは25日浅田のマネージメント社関係者の言葉を借りて"浅田側がオーサーコーチにラブコールを送ったという一部韓国言論の報道は根拠がない話"として"日本氷上連盟から問い合わせがあったりしたが韓-日関係を害することがあるそのようなことをするつもりがない"と明らかにした。

一方今回のハプニングの主人公オーサーコーチは同日言論インタビューを通じて"浅田のマネージメント社から非公式的に一度コーチ職を提案受けることはしたが以後はかどったのがない"として"現在ではキム・ヨナだけ考えている"と話した。

これでオーサーコーチと浅田真央の結合説は一段落したがこのようなハプニングが起きた理由に対する推測らが乱舞しながら論議は新しい様相に駆け上がっている。

特にキム・ヨナ側が4月末現マネージメント社IBスポーツと契約が満了するということによって別途マネージメント社を設立しようとするとこれに不満を抱いたIBスポーツが雑音を起こしたという推測がネチズンらの間で説得力を得ながらIBスポーツが非難の矢を一体に受けている。

[アジアトゥデイ 2010-04-26 08:24]  元記事はこちらから

yk20100426-2.jpg

※タイミング的にヨナママを牽制するためだったのか推測の域を出ませんがIBスポーツの行動には後味の悪さが残ります。
コメント
この記事へのコメント
全くその通りです。実に不愉快です。日本人を利用しないで欲しい。しっぺ返し。
ヨナちゃん不安だったんじゃないですか。オーサーさんも依頼されたなんて言っちゃダメですよ。
真央ちゃんにも何人かコーチ売り込みあるようですし、オーサーさんはありえないのに何考えてるんですかね。IB不純なものを感じます。
2010/04/30(金) 10:46:25 | URL | ヨナちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。