韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キム・ヨナ独立宣言
2010年04月27日 (火) | 編集 |
'キム・ヨナ株式会社'が公式スタートした。

キム・ヨナ(20・高麗大・写真)の法律代理人の法務法人ジアンは26日“キム・ヨナが翌月1日から新しいマネージメント社(株)AT Sports'で新しい出発をする”と発表した。 去る20日設立されたATスポーツはキム・ヨナのお母さんパク・ミヒ氏が代表理事兼株主で、キム・ヨナが株主で参加している。 キム・ヨナと既存所属会社IBスポーツとの契約は来る30日満了する。 パク・ミヒ氏はATスポーツ設立と関連して“IBスポーツは色々な事業分野を担当していてキム・ヨナのニーズを反映した選手管理に限界があった。 キム・ヨナの立場でマネジメントをするために新しい法人を設立した”と話した。

ATスポーツは今後キム・ヨナの活動と関連したマネジメントを担当しながらキム・ヨナが出演するアイスショー開催、スポーツ夢の木育成などで事業範囲を広げる計画だ。

キム・ヨナがATスポーツへ席を移しながらキム・ヨナの今後去就問題にも関心が集まっている。 現在のキム・ヨナは選手生活を持続するのか、プロで転向してアイスショーなどに出演するのか悩んでいる。 選手生活を持続する場合、キム・ヨナのイメージは今までと大きい変化がなくて広告など収益が大きいと予想される。 プロで転向する場合には一回当たり1億ウォンに達するアイスショー出演収入を得ることができるが、'商業的イメージ'が重ねてかぶせられて広告収益はかえって選手時期より落ちることができるという指摘が出る。 それでキム・ヨナ側の悩みが長くなっている。

[中央日報全世界 2010-04-27 00:30] 元記事はこちらから

※ファンはヨナたんのスケーティングを見られることを待っている。今の地位に満足してプロに転向するのも、またストイックな競技人生チームヨナとともに世界に挑むのも道。でもすべてのタイトルを手にしたからといってヨナたんはまだ19歳。数々の名作を、そして今期のボンドガールを越えるかもしれない来シーズンプログラムを見てみたいです。

なんか週末から怒涛の展開ですがどうなっちゃうでしょうね。
とりあえず今日はここまで~。
コメント
この記事へのコメント
それほど、キムヨナが好きなの?
これほど世間で、審査が彼女に有利になっているといわれているのに、この数年間ほとんどプログラムも変わっていないんでしょ?! 少しは難易度の高い演技にあえて挑戦しているのならまだしも、スポーツマンとして向上させようと努力しているとは思えない、、、演技力っていうものも、ああいうダンスは韓国ドラマを見てると皆クラブとかでやってるのとさして変わらないレベルに見えるのは私だけでしょうか。妖艶に演技をすることが芸術というのなら、プロに転向して、その道で極め、本当に世界中の人々を魅了してみればいい、、、彼女のは本質的に競技に向いてない。腰も悪いこともあって、ごまかそうとしているのかもしれないが、その時点で、選手として、不適格だと私は思います。
2010/04/27(火) 12:45:39 | URL | びっち #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/04/27(火) 19:06:26 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/04/27(火) 21:26:17 | | #[ 編集]
管理人さん、始めまして。いつも楽しくお邪魔させてもらっています。独立したことによってIMGとの確執も払拭され世界中でのアイスショーに参加できるのではとファンながらに嬉しい限りです。さて、びっちさんのコメント、ここ数年プログラムが変わってない?とはどのあたりなのでしょうか?プログラムが変わってないにしろ、3Lz+3TのコンビネーションをSPとFPの2回成功したのはオリンピック初だと思うのですが。私の記憶では。ですので、その辺りはどう捉えているのでしょうか?注:びっちさんのコメントに対しての質問ですので他の方の助言は失礼ながらご遠慮下さい。(他の方は何も意見していませんので反抗する意志はありませんし、真央選手も素晴らしい選手であると受け止めておりますので)
2010/04/27(火) 23:07:14 | URL | ikumi #-[ 編集]
私はプロスケーターについてあまり詳しくないのですが(フィギュア全般の知識も浅いです;;)プロに転向したスケーターの方はショー用のプログラムは誰が作るんですか??
やっぱり振付師を雇って頼むのでしょうか。ヨナちゃんはカナダで訓練すると言っていますがオーサーたちと同じスケートリンクで練習してプロになってからも指導を受ける事は出来ないのですか??荒川さんはいつもどうしているんですか・・・?(いっぱいすみません;;)
2010/04/27(火) 23:43:53 | URL | 先生の弟子 #-[ 編集]
びっちさんへ
キムヨナのコンビネーションジャンプは3フリップー3トゥループから難易度の高い3ルッツー3トゥループへ地味ながら進化しています。オリンピックで3ルッツー3トゥループをSP、フリーともに成功させたのは史上初です。真央ちゃんの3Aみたいに派手に目だってませんが、私ら一般人と違ってフィギュアの専門家はちゃんと理解しています。3-3ジャンプのスケーティングの勢いを殺さず、陸上競技の三段とびのように飛距離があって二つ目のジャンプも最初に劣らぬほど大きいジャンプをするのは、女子でキムヨナくらいですよ(参考:田村明子さん著パーフェクトプログラムより)
また「妖艶」も感性なので芸術に入ると思います。どう感じるかはその人しだい。ヨナちゃんも真央ちゃんも天才スケーターです。
2010/04/29(木) 00:08:22 | URL | のりピー #-[ 編集]
3Lz+3Tの評価云々の話が出たので書きますが、現状の3Aへの評価や安藤選手の3Lz+3Lと比較したときに、どちらがスポーツ競技として成功率が低いかということを踏まえたジャッジングがされていないことによって、キム選手のジャンプに対する評判は非常に辛い(2A連発なのも問題の要因かもね)ですが、そのコンビネーションそのものの価値は低いわけではないはずです。私は素晴らしいと思います。


結局、ジャッジングを取り込み、寵愛を受ける形で数々の栄光を手にしてきた事によって、キム選手自身のスケーティングに対する向上心を疑われ、「ジュニアでも滑れるプログラム」で金メダルを取ったと評価されるんだと思います。仕方がないです。
ジャッジングの不透明さによって恩恵を受けた彼女には、アスリートとしての実力が眉唾だといわれることはこの先一生付きまとっていくでしょう。これもまた仕方がないです。

彼女がそれを選択したんですから。
2010/04/29(木) 01:33:55 | URL | フィギュアという競技を愛するもの。 #diJr3Dak[ 編集]
いろんなコメントを読んでると、結局3Aの真央ちゃんがクリーンに滑って金メダルをとっていたら、真央ちゃんファンからヨナちゃんもこれほど批判的に書かれないのだろうと思います。仕方ありません。
でも銀メダルだろうと何だろうとヨナちゃんのスケーティングのほうが、なぜかしら私には魅力的に映るので、ファンにならざる得ません。このサイトの管理者の方がヨナちゃんの情報を満載してくれているので感謝しております。ありがとうございます。
また4年後、どんなオリンピックになるか、楽しみです。
2010/04/29(木) 13:25:17 | URL | のりピー #-[ 編集]
浅田選手が金メダルとっていればよかったのか??
浅田選手が3Aを決めてもクリーンに滑っても金メダルではなかったですよね。あの20点近い点差は、失敗したジャンプの基礎点とそれに対するGOE評価、パーフェクトに滑った事で演技構成点がもう少し伸びる事を考慮しても挽回出来ない点差です。世界選手権ご覧になりましたよね?見た目パーフェクトに滑っても、ジャンプで転倒やすっぽ抜けがあったヨナさんより演技構成点は低かった。安藤選手だって素晴らしい演技をしたのに、点数はいつも伸びない。完璧に滑っても、失敗しているヨナさんの演技を上回る事はできないんです。トップを争う選手の力の差ってそんなにあると思いますか??一つのミスが命取りの世界だと私は思っていたのですが・・・
疑問に感じる採点は、何もヨナさんだけに起きている訳ではないです。いい演技をしたのに、正当に評価されない選手だっているんです。世界選手権での安藤選手のFPの演技、男子ではオリンピックでのウィアー選手の演技に対する評価は特に悲しく感じましたよ。がだから、今の採点システムはどうなの?って疑問の声が上がっていると思うのです。その標的にヨナさんがなってしまうのは必然かと思います。だってパーソナルベスト=世界最高得点をワンシーズンで何回も塗り替えてしまう様な評価を受けているのは、彼女ただ一人ですから。
この騒ぎに便乗して、ヨナさんに対する酷い動画や誹謗中傷を書立てる方々を目にすると心が病みます。でも、もう『浅田選手が金メダルを取っていたら・・・』という次元の話ではない事は確かです。
長文失礼いたしました。
2010/04/29(木) 22:13:30 | URL | chobi #-[ 編集]
chobiさんへ。
私も同じことを思います。
キム選手を評価するときに、つなぎが他の人よりも多いとか、難易度が高いことをしているといったこと(ましてやジャンプの前に難しいことをしているなんてことはありえない、彼女はただ手を動かして足をこいでるだけ)が彼女のあの高得点を説明する理由付けにならないんですよね。

私もたった一つのミスが大きなハンデになると思っていた世界でした。ましてや、オーサー氏自身が自分のミステイクを踏まえた上で彼女に難易度の追求よりも違う要素を育てることに集中させたと公言していたのにも関わらず、「あれだけのミスをした」世界選手権であの得点をたたき出しました。

彼女に対する世間の評価が、純粋にスケーティングスキルだけで図っているわけではなかったと言いきって過言ではない。
全ては、彼女のプライドとジャッジのプライドを守るためになされたこと。他の選手がどういう問題ではありません。

のりピーさん>
浅田選手が"クリーンに3Aを決めて金メダルを取っていたら?"とおっしゃいますが、"とてもクリーンに決めた”試合でも、ジャンプ失敗をしたキム選手のほうが得点が高かったのです。この結果を横にどけた仮定話はできないと思います。


管理人様に非常に申し訳ないのですが、私はキム選手の情報を知りたいというよりも、キム選手の報道を通してフィギュアスケートをどのように韓国が報道しているかという視点からこのサイトを拝見させて頂いています。
あくまでもフィギュアスケートの情報収集の一つとして利用させて頂いているは管理人様の趣旨とは少し異なるかもしれません。
2010/04/29(木) 23:53:58 | URL | フィギュアという競技を愛するもの。 #diJr3Dak[ 編集]
フィギュアという競技を愛するものさんへ。
不正や買収と云った言葉は使ってはいませんがコメントを読む限り、遠回しでそのような意味と解釈してコメントさせてもらいます。不正やら買収やらと世間で騒がれていますが、私達一般人が、そんな風に感じたとしたら、それ以前に競技で闘っている選手達の方が最、不審に思うのではないでしょうか?実際、その業界に居る選手たちの方が一般人である我々よりも確かな情報が入ってくるわけですし。もし私が選手であったなら、そんな不可解な事が行なわれている競技であるなら、さっさとプロに転向しますけどね。多分、真央ちゃんクラスならアイスショーで年間1億は稼げると思いますし安藤選手や高橋選手も5千万位は稼げるのではないでしょうか?しかし何故、転向しないで、そこまで競技に執着する必要があるのでしょうか?不正が行なわれている競技に汗・水垂らして多くの犠牲を払っている選手はバカとしか言いようがなくなりませんか?私は頑張っている日本の選手の為にも不正などない事を信じたいです。採点システムやプロトコルそのものがおかしいと思うのならISUを批判するべきで個人の、しかもそこの管理人さんのファンであるヨナ選手の採点の疑惑をここで書くことではないのではないでしょうか?
2010/04/30(金) 11:17:38 | URL | ikumi #-[ 編集]
ikumiさんへ。
確かに、キム選手のファンである管理人さんのサイトで申し上げることではない趣旨の発言も絡んで誘発してしまったかもしれません。お詫びします。
ですが、私個人はキム選手が「不正をした」選手ということは申し上げていません。2009-2010シーズンに関して、「配慮された」選手と考える以外の説明がつかないと申し上げたかったのです。

後、ギャランティーを絡めたプロ転向の話ですが、アマチュア競技での結果が、プロ転向後のギャランティーを決める事は当然お分かりですよね?これだけもらえるんだから、アマチュアに固執する理由がないというのは、選手たちがそれだけ結果を積み重ねたからですよ。
また、世界選手権のメダルの色と、オリンピックでのメダルの色は、経済的価値が違います。特にアメリカでは数千万円違うと言われ、リレハンメル五輪のケリガン・ハーディングの事件の時は、そういった事柄も事件の背景にあると指摘されました。現にキム選手によって動いている韓国経済の流れを見ればわかるじゃないですか。

お金のために、フィギュアスケーターの夢を見るわけではないと思いますが、荒川選手が「フィギュアをするだけで親不孝」という表現をするような金がかかる競技であることからも、それまでの投資を結果という形で出したいと願う事も当たり前だと思います。
純粋にフィギュアスケートを愛している選手たちが、ジャッジという客観性に認められたい、出来れば結果を出して親孝行をしたいと思うのは当然のことじゃないですか?
そういう選手たちの夢にかける気持ちを私は「バカみたい」だなんて言えないんですよ。
2010/04/30(金) 13:31:02 | URL | フィギュアという競技を愛するもの #diJr3Dak[ 編集]
私はこちらのブログ様の存在を知ったのは最近でそれまではヨナ選手以外の選手の動画も集めていらっしゃるフィギュアブログの方を利用していたのですがそこではヨナ選手のスレに批判的な意見が多く書かれていて私はずっとヨナ選手の妨害報道や不正採点を事実だと信じていました。
けれどこちらのブログ様や他の方のヨナ選手に対して好意的なブログの存在を知り、彼女の本当の人柄や素顔を知ることが出来きました。幼少時代の苦労話や度重なる怪我、彼女が行なった寄付やチャリティーの記事などは今まで誤解してきた自分に対する怒りで読んでいると涙が出ます。
また、世界選手権での点数が不正ではないかという私の中にあった疑問についても管理人様の田村明子先生のサイン会レポの記事を読んで解決・納得する事が出来ました。


フィギュアという競技を愛するものさんはヨナ選手の情報を集める為にここを利用しているとかかれていますがそれはわざわざこの場で公言しなければいけない事でしたか?同じ物を見ても人それぞれに違った感じ方があることは分かりますのであなたの考え方に対して意見するつもりはありません。が、不快です。ここはフィギュアとヨナ選手を愛する人の集まる場として管理人様も提供してくださっているのですから。

*これからは人様の記事を読んで感動したり、影響を受けるだけではなく自分でも勉強して自分の意見をしっかり持てるようになりたいです。田村先生の本も読んだ事が無いので読みたいです^^採点法について詳しく書かれた本も早く出して欲しいですね。
2010/04/30(金) 14:25:10 | URL | 先生の弟子 #-[ 編集]
先生の弟子さんへ
私は、ikumiさん宛てのコメントに書かせていただきましたので、同じ事はかきません。

後、田村明子さんのおっしゃってる件は私も理解しています。ですが、2009-2010のシーズンが進行形で続いている状態(特に五輪前)で疑問だと言われ続けた事柄を解決させるものではなかったです。全ての結論が出た後を振り替えっての事なのでどうとでもいえてしまうというのが私の感想なんです。すごくシンプルな生島淳さんの疑問が解決できないんです。
2010/04/30(金) 15:44:56 | URL | フィギュアという競技を愛するもの #diJr3Dak[ 編集]
フィギュアスケート愛しているものさんへ
私の質問の趣旨をご理解されていないようですので、もう少し掘り下げて説明します。
>純粋にフィギュアスケートを愛している選手たちが、ジャッジという客観性に認められたい、出来れば結果を出して親孝行をしたいと思うのは当然のことじゃないですか?←そうですよ。だから現役続行している選手達に対して、ヨナ選手に配慮があったと一般人が考えたならば純粋にフィギュアスケートを愛して結果を出そうとしている選手達に失礼ではないか?と申しているのです。
2010/04/30(金) 16:32:48 | URL | ikumi #-[ 編集]
フィギュアスケートを愛するものさんへ
お返事ありがとうございます。
あなた様が感じていらっしゃるもどかしさに、とても共感いたします。
ジャッジの方々の価値観と合致しなければ評価されない様な、今の採点ステム。基礎点にもまだまだ不備があるようです。(なんでも、予定していた3-3のジャンプシークエンスを、リスク回避等と考えて3-2にしたら、単独の3回転ジャンプの基礎点よりも低くなるってしまうジャンプの組み合わせがあるとか!!)そんな中、選手の方々は、ただただフィギュアスケート競技に対する自分の信念や想いを信じて、それでもなんとか評価してもらおうと頑張っているのですよね。アスリート魂ですね!!もし、その様な想いが無かったら、皆さんプロに転向していってると思います。
ジャッジが下した評価は、今、正にその目の前で行われた演技に対してのモノなのか?どの競技だって、その大会での出来はその大会の結果にしか繁栄しないもの。その時のコンディションが全てのはずなのにな。。。でもフィギュアは違うようで・・・今までの実績が考慮されているとか・・・その時点で『客観性』などと言うものは失われていると感じています。

私は思います。純粋にフィギュアスケート競技を愛しているからこそ、まだまだ欠陥だらけの採点システムの下でも、どんなに評価されなくても『こんちくしょう!』って、『もっともっといい演技をするんだ』って、『きっといつかは採点システムが確立されて、もっと演技しやすくなる』って信じて、選手達は闘い続けているんだと。
今のフィギュアスケート競技は、そういう選手達の想いだけで、なんとか成り立っている気がしてなりません。
フィギュアの歴史ではまだ新しい採点シルテムですから、不備があって当然と思いますが、それをいい様に利用されない様、今後の対応をお願いしたいですね。

管理人様へ
採点システムに対する想いばかりを述べる形となってしまい、申し訳ありません。しかし、同じフィギュアスケートを愛する者同士として、採点システムがもっと良いものへ発展出来る様に考えていってもらえたらな、と想いコメントをさせて頂きました。
失礼いたします。
2010/04/30(金) 23:37:45 | URL | chobi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。