韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'キム・ヨナ株式会社'年末までIBスポーツと連係
2010年04月27日 (火) | 編集 |
自身の会社を整えて'独立'を宣言したキム・ヨナ(20・高麗大)は来る30日契約が満了するマネージメント社IBスポーツと今年の年末までは連係活動を行わなければならない。IBスポーツはキム・ヨナ側に忠実に協力するという立場だ。しかしIBスポーツはキム・ヨナを管理する時責任者であったが最近辞表を出してキム・ヨナの新しい会社にどんな形態でも参加すると見られるK副社長に対しては民刑事上責任を必ず尋ねるという意志を再度表明した。

IBスポーツのある関係者は27日"キム・ヨナ側を尊重するほかはない。 IBスポーツと3年契約が満了した後独立するというキム・ヨナ側の意思決定には当然問題がない"として"今月末マネジメント契約は終了するがIBスポーツが契約主体に出て既に進行された広告およびライセンシング契約は残っている。 今年の年末まで続く契約の件もある。 キム・ヨナ側とは自然に関係を続けさせるほかはない"と話した。 まだ既存広告およびライセンシング契約の収益配分がなされなかった場合もあって両側の連係は避けられない。 この関係者は"キム・ヨナはIBスポーツで全盛期を送った選手だ。 選手側であらかじめ'独自の会社を整えたい'と相談してくれたら助けただろう。 そのような議論過程がなかったということは惜しい"と付け加えた。

IBスポーツはキム・ヨナとの協力関係とは別個でその間IBスポーツでキム・ヨナを専門担当管理したが今月初め辞表を提出したK副社長に対する民刑事上訴訟を進行する予定だ。 IBスポーツは去る23日理事会で懲戒委員会を開いてK副社長に対して業務怠慢.開示行為. 背任などの責任を問うて解雇するように決めた。 K副社長がキム・ヨナのマネジメントを担当したIBスポーツ職員らの招聘を試みたという情況もある。 IBスポーツは今週天の命令機会を与えたがK副社長は天の命令を拒否したと分かった。 IBスポーツはK副社長がその間キム・ヨナと関連した広告や事業を任意に契約満了以後に先送りしたと K副社長がキム・ヨナの新しい会社に参加すれば'同種競争業者に1年間参加できない'という社内就業規則に背くと主張した。

[スポーツソウル 2010-04-27 11:12] 元記事はこちらから

※元IBスポーツ副社長(!)K氏はともかくヨナたんの独立は穏便に事が済みそうでなによりです。

励ましコメありがとうございます!
多少つぶやきたいことはあれどまずは今日もはりきって最新情報お届けします~。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。