韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[SSパワーブロガー] 'キム・ヨナ カンパニー'のバラ色展望と課題
2010年04月27日 (火) | 編集 |
去る2010バンクーバー冬季オリンピックを前後でフィギュア界内外で出回ったうわさのとおりいわゆる'キム・ヨナ カンパニー'が誕生した。

キム・ヨナの法律上代理人法務法人ジアンは4月26日報道資料を通じて"キム・ヨナお母さんのパク・ミヒ氏が代表理事兼株主で、キム・ヨナ本人が株主で参加した新設法人(株)オルテスポーツ(AT Sports)を4月20日設立した"と発表した。

報道資料によれば(株)オルテスポーツはキム・ヨナのマネジメントを担当する一方キム・ヨナが出演するアイスショー開催、スポーツ夢の木育成などで事業範囲を広げる計画だ。

キム・ヨナが現在の位置まで上がるのに絶対的な役割をしてきたキム・ヨナのお母さんとして'キム・ヨナ カンパニー'の代表理事席を直接引き受けることになった行ってなったパク・ミヒ代表は"IBスポーツは色々な事業分野を担当していてキム・ヨナのニーズを反映した選手管理に限界があった"として"マネジメントと関連してキム・ヨナの立場でキム・ヨナのニーズを反映するために新しい法人を設立してキム・ヨナに対するマネジメントを直接管理することが必要だと判断した"と会社設立の背景に対して説明した。

(株)オルテスポーツはソウル江南区、三成洞に事務室を置いていて、IBスポーツとキム・ヨナのマネジメント契約が終了する4月30日以後の5月1日から本格的なキム・ヨナ マーケティング活動を始める予定だ。

慎ましさ多かった'国民妹'キム・ヨナはいつのまにか二十歳を遥かに越えて自身の名を連ねた、それも価値で問い詰めようとするなら数兆ウォン台の経済誘発効果を期待できる会社の堂々としている株主になった。

'キム・ヨナ カンパニー'のスタートはキム・ヨナ個人的にひとまず肯定的な面が多いと見られる。
パク・ミヒ代表の言及のとおりキム・ヨナが幸せなスケーターとしての人生を営むところにあって必要なことらを推進して運営するところにあってキム・ヨナの立場を最も優先的に反映することこのあるためだ。 もちろん収入的な側面でIBスポーツのマネジメント下にある時より良い条件になったのも無視できない肯定的な面だ。

しかしスポーツ ブロガー立場で見る時'キム・ヨナ カンパニー'のスタートが何より肯定的に見られるのは'キム・ヨナ カンパニー'が国内フィギュアスケートの底辺拡大と人気維持にあって求心点役割になるという点のためだ。

キム・ヨナのお母さんパク・ミヒ代表が会社の経営を受け持っていて、キム・ヨナが直接株主で参加している状況だから劣悪な国内フィギュアスケート環境を誰よりよく理解していて、フィギュア選手たちを育てる両親たちの苦衷を誰よりよく推し量ることができる会社という点で多様なフィギュア夢の木育成事業を通じて国内フィギュア未来の卵が世界的な選手で背伸びする時までの過程をよく作り出してくれることができる基本的な環境をカッチュォだと見ることができる。

このような期待感ないしバラ色展望は'キム・ヨナ カンパニー'がキム・ヨナ1人のためのエージェンシーに終わらないで一つの独立したスポーツ マーケティングないしスポーツ マネージメント社として永続性を持って会社を運営する意志を持ってキム・ヨナが現役から引退、スケートを脱いだ以後にも'キム・ヨナ カンパニー'は一つの会社で一人立ちが可能な位置づけに立っているために必要な内実を固めなければならない課題を解きほぐした時実現されるはずだ。

そのようになるならばいつか'キム・ヨナ カンパニー'で企画した土地産アイスショーが'キム・ヨナ カンパニー'に所属した国内外選手たちだけで立派に行うことができる姿を見せることもできるだろう。

しかし'キム・ヨナ カンパニー'のスタートに際して一つ憂慮される点は現在'キム・ヨナ カンパニー'の設立に参加する人々の中でキム・ヨナの前マネジメント会社のIBスポーツと刺々しい関係ないし不必要な訴訟の'コリ'を抱いている人によりキム・ヨナに対する否定的な便りが言論を通じていくことが頻繁に起きる可能性があるという点だ。

27日 <スポーツソウル> によればIBスポーツは現在のキム・ヨナとの決別に対しては淡々と受け入れる雰囲気か'キム・ヨナ カンパニー'の誕生に多くの役割を担当したと分かった前IBスポーツ副社長K氏に対しては民刑事上責任を問おうとしている。

IBスポーツでキム・ヨナを専門担当管理したK副社長は今月初めIBスポーツに辞表を提出した状態.

これに対してIBスポーツは去る23日理事会で懲戒委員会を開いてK副社長に対して業務怠慢. 海事行為. 背任などの責任を問うて解雇することに決めた。 K副社長がキム・ヨナのマネジメントを担当したIBスポーツ職員らの招聘を試みただけでなくその間キム・ヨナと関連した広告や事業を任意に契約満了以後に先送りしたとのことがIBスポーツ側の主張だ。

特にIBスポーツはK副社長がキム・ヨナ カンパニーに参加する場合'同種競争業者に1年間参加できない'という社内就業規則に背くと主張している。

そうすることがないことを望むがもし裁判過程でIBスポーツ側の主張が一定部分事実とあらわれる場合、キム・ヨナ側に対しても一部ではIBスポーツとの契約期間中'別の考え'を抱いて契約履行を疎かにしたという批判を提起する可能性が充分だ。 もちろん法的な問題とは関係がなく話だ。

K副社長を囲んだスタート初期の雑音を最小化することが'キム・ヨナ カンパニー'に置かれた最初課題になった様相だ。

[スポーツソウル 2010-04-27 13:01] 元記事はこちらから

yk20100427-1.jpg

※新会社がどれだけマネジメント事業のノウハウを持っているかはK副社長がカギになるのかしら。懸案事項を無事クリアしてヨナたんの未来に幸多かれと祈ります^^
コメント
この記事へのコメント
採用情報はあるんですかね
2010/04/28(水) 00:52:03 | URL | スキン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。