韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IBスポーツ‘キム・ヨナ株式会社’民・刑事訴訟準備
2010年04月29日 (木) | 編集 |
IBスポーツが最近キム・ヨナ株式会社の'オルテスポーツ'で離職したク某前副社長に対して民・刑事上訴訟を準備中だと確認された。

 28日YTNラジオ放送の'チェ・スホの出発新しい朝'に出演したIBスポーツ ユン・ソクファン副社長は"契約が終了した選手が会社を離れるのは問題でないが構成員が会社の資産を持って離れたことは問題"として今週内に民・刑事訴訟を提起すると明らかにした。 引き続き"該当役員は在職期間中会社よりは個人利益のために動いた事例が多い"として"開示行為をした役職員に対して法的措置を取らないならばこれは会社経営陣が背任行為をするようだ"と主張した。

 先立ってIBスポーツのイ・ヒジン代表は"キム・ヨナとIBスポーツ間の契約書に'キム・ヨナと契約が終わる時点を基準として18ヶ月以内にIBスポーツで仕事をした職員らは退社後2年間キム・ヨナと関連した業務に従事してはいけない'という条項がある"と明らかにしたことがある。

 その間IBスポーツはク前副社長に対して"新しい会社が設立されれば訴訟も考慮するだろうができるだけ名誉を傷つける状況はなかったら良いだろう"という立場を表明してきた。 だがIBスポーツが民・刑事訴訟を押し切ることに決めるということによって'キム・ヨナ株式会社'を囲んだ泥沼戦は2次戦に入り込むことになった。 これに伴い、新しい出発を控えたキム・ヨナがとんでもない雑音に包まれるのは決して選手イメージに役に立たないという憂慮の声も出てきている。

[ヘラルド経済 2010-04-28 10:10] 元記事はこちらから

※あまり状況変わりませんがラジオ番組でのコメントがあったので。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。