韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Whyニュース]キム・ヨナが'巣'を離れた内部事情は?
2010年04月29日 (木) | 編集 |
ニュースの内部事情が気になる。 ニュースの行間をさっぱりとついてくれる。 [編集者 注]

'国民妖精'で'フィギュア クイーン' 'フィギュア女帝'に成長したキム・ヨナ選手が3年間同苦同楽したIBスポーツを離れて自ら新しい巣を用意した。 お母さんパク・ミヒ氏が持分の70%を持った大株主として代表理事を引き受けて、キム・ヨナ選手が30%の株式を保有した'キム・ヨナ株式会社'だ。 しかしキム・ヨナ選手を支援してきたし会社設立にも深く関与したと分かったK某氏を囲んで法的紛争が起きる兆しがあるなど期待と憂慮の視線が交錯している。 キム・ヨナ選手が巣を離れて新しい会社を作ることになった内部事情を覗いて見る。


yk20100429-1.jpg


▲キム・ヨナ選手はなぜ新しい会社を設立したか?

=会社設立はすでに去る26日法律代理人の法務法人ジアンを通じて発表したが去る20日設立になった。 新しい会社はキム・ヨナのお母さんパク・ミヒ氏が代表理事キョムジュシク70%を持った大株主でキム・ヨナが株式30%を持った株主で参加した株式会社オルテスポーツ(AT Sports)だ。オルテスポーツはキム・ヨナ選手の契約が終わる4月30日以後の5月1日から本格的なキム・ヨナ マーケティング活動を始めることになる。 新しい会社をなぜ設立することになったのかに対して多角的に取材をしたが公式的な返事は"キム・ヨナ選手のためにもう少し積極的な支援のために"というものだ。

▲キム・ヨナ選手から直接立場を聞いてみたか?

=聞いてみることができなかった。 代表理事を引き受けることになるキム・ヨナ選手のお母さんと何回も接触を試みたが言論接触を避けていて公式的な立場を聞くことができなかった。 ただし法律代理人の法務法人ジアンのイ・サンフン弁護士を通じて立場を聞いたが質問に対する返事を"考えてみる"という返事だけ帰ってきた。 イ・サンフン弁護士は"5月1日以後には法人代表理事として公式活動をしなければならないだけにいかなる方式だったのか立場表明があることで言論との接触方式が整理されるだろう"と伝えた。

それでキム・ヨナ選手側立場はイ・サンフン弁護士を通じるだけで聞けたのにすでに発表したように"IBスポーツが色々なスポーツ分野を担当して見たらキム・ヨナ選手の'NEEDS'を反映した選手管理に限界があった"ということだ。キム・ヨナ選手の立場や見解反映が不足しただけに"したがってキム・ヨナ選手をよく分かるママがマネジメントを担当した方が良い"という判断により新しい会社を設立したという説明だった。 今年五スポーツはキム・ヨナ選手の活動と関連したマネジメントを担当しながらキム・ヨナが出演するアイスショー開催、スポーツ夢の木育成などで事業分野を拡大する方針だ。

▲何か説明が不足する。 具体的な内部事情がありそうだけど?

=キム・ヨナ選手側やIBスポーツ側全部具体的にこの部分に対する言及を敬遠している。 しかし内心を確かめてみれば結局は'ビジネス'と選手に対する管理の問題のためであるようだ。 キム・ヨナ選手側で明らかにした'NEEDS'という単語に全てのものが含蓄的に反映されていると見れば良いだろう。 キム・ヨナ選手側では具体的な話を敬遠しているけれど体育界ではその間正しくなされた公式ホームページさえなかったし前回ユーチューブ動画 波動の時もまともに対処できない'誤り'があるとしそうした点らが累積しながら再契約をあきらめたという分析が出てきている。

二番目は結局金銭的な問題のためという分析が多い。20年近くスポーツ マーケティング業界に従事してきた専門家は"IBスポーツが社会事業をする団体でなくビジネスをする企業だ。だから当然契約問題は'ビジネス'と関連したのではないかと反問した。

▲結局決別の最も大きい理由は'お金'問題のためというかけるけど?

=断定的に'お金'ためだと答えることは難しい。 しかしキム・ヨナ選手の地位を考慮する時結局には価値で評価するほかはなくないか? IBスポーツは会社イメージに大きい打撃を受けるほかはない。 IBスポーツはキム・ヨナ選手が3年間賞金3億ウォンを含んで118億ウォンを持っていったと明らかにした。 IBスポーツもこの期間の間費用を含んで60余億ウォンを儲けたという。 キム・ヨナ選手によって概略年間60余億ウォンの売り上げを上げたことなのにIBスポーツの昨年売り上げが400億ウォン程度という推算が出てきているから売り上げで15%程度を占める。

しかし売り上げよりはキム・ヨナが持つイメージは会社全体の半分をはるかに上回るという評価だ。 実際にキム・ヨナ選手がIBスポーツと契約が終了するという便りが知らされながら株価が3日連続下落することもした。 キム・ヨナ選手側立場では収入が当然増えることでアイス ショーもゲストで出演した立場で直接主催する立場に変わるだけに収入増大に助けになるだろう。その間IBスポーツが稼いだ金額にだけ見ても年間20億ウォン以上の収入増加が予想されていて前にキム・ヨナ選手がプロで転向する場合を勘案する場合、金銭的な部分が大変重要な問題である。

▲ 'キム・ヨナ株式会社'に対する展望はどうなのか?

=期待と憂慮が交錯している。スポーツ マーケティング業界関係者は相当なシナジー効果を出すと展望した。"フィギュアスケーティングに関する限り世界的な地位やインフラ、情報、技術的な側面で最高であることが明らかなだけキム・ヨナ選手の'NEEDS'が十分に反映されることでこれをビジネスによく連結すれば最高の会社になることだと評価した。

キム・ヨナ選手だけでなく他の有望株を発掘育成することで国内フィギュアスケーティングの底辺拡大と人気集めに求心点をやり遂げることができることだと見通した。 特に国内フィギュアスケーティングの環境を誰よりよく理解していてフィギュア選手や両親たちの苦衷をよく分かるだけにフィギュア ブームを起こす契機になるという希望も大きいのが事実だ。

パク・セリ選手1人の活躍により韓国でゴルフ市場が大きく10倍以上成長したという評価があってキム・ヨナ選手がそれ以上の役割をすることもできるという展望がある。 キム・ヨナ選手を1人のためのエージェンシーの役割から抜け出して長期的に独立したスポーツ マーケティング会社または会社に成長する可能性が高いということだ。 乗ってこれウッズが所属したIMGインターナショナルは世界的なスポーツ マーケティング会社なのにキム・ヨナ選手が自身の名前を生かして他の分野の選手たちも迎え入れる場合、成功の可能性が充分だという評価が多い。

▲成功をしようとするなら'ビジネス'で成功しなければならなくないか?

=憂慮される漸移それだ。 キム・ヨナ選手をよく分かるだけにキム・ヨナ選手の立場や見解を反映してフィギュア選手で管理するには最上の条件であることには格別異見がない。 IBスポーツでもキム・ヨナ選手のお母さんでありオルテスポーツ代表理事のパク・ミヒ氏がフィギュアと関連して経験も多くて勉強もたくさんして才能が充分で上手にすることだと展望した。 しかし株式会社は単純に選手管理にだけ終わるのではなくビジネスをしなければならないということだ。 キム・ヨナをよく分かるお母さんであるだけに選手管理には有利だがビジネスをするには限界があることもできるということだ。 投資もなくてはならなくて企業らとビジネス交渉をする時も'私の娘'を跳び越える判断が必要だがそうした点がどのように作用するのか憂慮されるということだ。 キム・ヨナ株式会社が'ママと娘'がすることであるだけにビジネスに限界として作用する憂慮が少なくないということだ。

▲キム・ヨナ選手が去る3年間IBスポーツとともに活動する間世界的先水路成長していないのではないか? 決別に問題はないか?

=法的や手続き的に何の問題がない。 イ・サンフン弁護士は"IBスポーツとの契約は4月30日で満了するのでその次にはキム選手が再契約をしたり会社を変えたり本人の意志が反映される新しい会社を設立するのに何のロンムンジェがない"と話した。 イ弁護士は"キム・ヨナ選手が選択可能な自律的な部分で何の制限やオプションがない"という点を強調した。 IBスポーツのユン・ソクファン副社長も"キム・ヨナ選手の新しい会社に対して全く問題にすることがない"と話した。

▲法律的でも手続き的に何の問題がないのになぜ問題があるように報道になっているということなのか?

= IBスポーツでキム・ヨナ選手を専門担当してきた核心役員K氏が退社しながらキム選手の新しい会社に合流することにしながら葛藤がもたらされたためだ。 IBスポーツは最近辞表を出したK氏に対して背任などの理由で罷免措置して近い将来訴訟を起こす方針だと明らかにした。 IBスポーツ ユン・ソクファン副社長はK氏が色々な海事行為をした物証を確保して近い将来訴訟を起こすと話した。

キム・ヨナ選手とは契約が満了されたので問題を提起できないがその間核心的な役割をしてきたK氏に対してだけは必ず責任を問うという強硬な立場を明らかにした。 キム・ヨナ選手のお母さんがマネジメントを担当することになるだろうがその間キム選手を支援してきたK氏の役割も重要なだけIBスポーツとしてはこれを簡単に容認しないという意と受け入れられている。

▲キム・ヨナ選手が直接訴訟にまきこまれるのではないが出発から姿が良く見えないが?

=そのような側面がある。 'フィギュア妖精'または'国民妖精'という愛称を得ているキム・ヨナ選手を囲んだ法的紛争はキム選手のイメージ管理羅将レを見て決して望ましい姿ではない。 IBスポーツ ユン・ソクファン副社長は"契約が終了した選手が会社を離れるのは問題でないが構成員が会社の資産を持って離れたことは問題"としながら"海事行為をした役職員に対して法的措置を取らないならばこれは会社経営陣が背任行為をすること"と話した。

事実キム・ヨナ選手が2007年IBスポーツと契約をする時も法的紛争があった。 キム・ヨナ選手が2006年4月IMGコリアと2010年まで契約を結んだが2007年中道に契約を解約してIBスポーツと契約を結びながら訴訟が醸し出した。 IMGコリアがIBスポーツを相手に訴訟を起こしたが当時にはIBスポーツが勝訴した。 当時契約解約の理由は'IMGコリアがキム選手に対する管理を疎かにしたとのこと'だった。 新しい会社を設立することになった理由が'キム・ヨナのNEEDSをそのまま反映できなかった'という理由と別に違わない。

▲IBスポーツとキム・ヨナ選手間に空しい感情があったのではないか?

=両側みな表面では何の問題がないとしてもIBスポーツが退社した前職役員K氏に対して訴訟を提起しようとするのはキム・ヨナ選手に対する空しさを表現すると見ても大きく無理がないだろう。 IBスポーツはキム・ヨナによって会社イメージも急上昇したことを認めながらも事前に会社設立と関連して事前に何の相談がなかった部分に対して空しい感情を表わした。

ユン・ソクファン副社長は"キム・ヨナ選手のマネジメントをしながらキム選手側の要求を聞き入れないのがないとしながらあたかも元帥になったように分かれるのは望まない状況とし空しくて惜しい"と話した。 契約が満了して新しい会社を設立しても雑音なしで自然に別れたら良かったという話も付け加えた。 ユン副社長は両側の法律代理人らが30日まで最終交渉を行うこととし契約延長に対する期待感を現わすこともした。

しかしキム・ヨナ側イ・サンウン弁護士は交渉はないと線を引きながら"キム・ヨナが良くなく出て行ったのがない。" "契約期間が終わって出て行くことなのに話しなかったと空しいと表現するのがさらに変だ"と話した。

キム・ヨナ選手は大韓民国の地位を高めた世界的な選手だ。 そうであるから彼女を囲んで法的紛争や雑音が起こるのは色々な面で望ましくないようだ。 IBスポーツ立場ではあれこれ理由を明らかにすることができるだろうがもし'食べられない柿刺して出てみよう'という式の粗捜しすることは決して望ましい事しないだろう。

どんな条件にもキム・ヨナ選手の才能が最大限発揮されるように助けることがお互いがウィンウィンすることになるだろう。

[ノーカットニュース 2010-04-29 08:51]  元記事はこちらから

※会社設立のまとめ記事として~。いよいよ明日でIBスポーツ契約満了です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。