韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"まだ悩み"キム・ヨナ...31日カナダで
2010年05月18日 (火) | 編集 |
[アンカーコメント]

キム・ヨナが関心が注がれている引退可否に対してまだ決めなかったと明らかにしました。
発表を最大限先送りすると見られます。
ひとまず来る31日カナダ、トロントに出国してスケーティング訓練を再び始めます。
パク・ソジョン記者です。

[リポート]

前・現職冬季スポーツ国家代表らが参加した席で最も多い視線を受けた選手はキム・ヨナでした。
公式インタビューが続くとすぐにやはり引退可否に対する質問が抜けないです。
だが、返事に変化はなかったです。

[インタビュー:キム・ヨナ、フィギュア国家代表]

"まだ考え中でゆっくり決定をしようと考え中だからまだ正確な返事は差し上げられないだろうが、どの道を行っても平昌誘致に多くの役に立つことができる側に決めようとします。"

進路悩みから抜け出さなかったキム・ヨナはこの頃広告撮影日程を消化するのに忙しいです。
トゥオダル間とった広告だけ13~14個です。
窮屈なスケジュールに氷上訓練は思いもよらなくなっているということがエージェントの説明です。
残っている広告撮影を終えれば来る31日カナダ、トロントに発ちます。
スケーティング訓練を再び始めるためです。
出国記者会見は計画しているけれど、引退可否を明確に明らかにしはしないと展望されます。
今月末を前後して去就を明らかにすることといっていたエージェント核心関係者の話もあいまいに変わりました。

次のシーズンが始まる10月まで最大限発表を先送りしようとする意図と見えます。
ひとまず新しいプログラム準備を始めた後、からだ状態を見守りながら大会出場を決めても遅くないという考えが敷かれているのです。

頂点に上がっている今、あえて引退をしたみなマンダ生半可に話して身代金を落とす必要がないためだとの解釈も出てきます。

どんな選択をしようが国民は我が国フィギュア史を変えておいた女王が興行にこだわる商業的スターでない真のスケーターに残ることを願っています。

[YTN動画 2010-05-18 19:13] 元記事はこちらから

※今日のヨナたんも見られる動画ニュースは元記事サイトから見られますが、10月まで決断先送りもありー?;; 心配で身が保たないかも(爆)。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。