韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キム・ヨナ、"バンクーバーオリンピック、緊張できなかったし自信があった"
2010年05月27日 (木) | 編集 |
キム・ヨナ選手がバンクーバーオリンピックで良い成績をおさめられるとの自信が聞いたと告白した。

キム・ヨナは26日午後11時5分MBC '黄金漁場'のあるコーナーの'膝打ち導師'に出演して"オリンピック一月前に負傷があった。以前には毎日毎日コンディションが良かったが、一月前ぐらいには足首が痛かった。それで負傷のために2週の間は運動をすることができなかった"として当時の状況を伝えた。

キム・ヨナは"金メダルは神が下ろすことだと考えたので熱心にしようという気持ちだけだった"と付け加えた。

だが、キム・ヨナはオリンピックで良い成績をおさめられるとの確信も聞いたと伝えた。
キム・ヨナは"競技の時ごとに負傷や危機がなかったことがない。 今回は信頼があったし、負傷も思ったより早く回復した。 普段練習もたくさんしたので良い成績が出てくるという考えは聞いた"と答えた。

競技当日、キム・ヨナは普段と同じように気が楽だったと。 ショート演技をした後キム・ヨナはママに"オリンピックたいしたものでないね"という話をしたと。 だが、この話はオリンピックを無視してした話でなく普段競技をおこなうのと大差ないという言葉。 キム・ヨナは再度この言葉に誤解がなかったら良いと説明した。

競技前キム・ヨナはコーチに"君は準備ができたし、君はなにをすべきか知っている。私たちは準備された"という話を聞いて競技に臨むと。これにユンバンは"多分それは英語で'ユーレディー''OK'であろう"といって一座を笑うようにさせた。

[アジア経済 2010-05-27 00:38] 元記事はこちらから

※ヨナたんが言いたかったのは平常心ということでくれぐれも誤解のないように(笑)。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。