韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キム・ヨナ"精神的な戦いで勝ったことのようです"
2010年05月27日 (木) | 編集 |
MBC '黄金漁場'の'膝打ち導師'出演

MBC '黄金漁場'のコーナー'膝打ち導師'に出演したフィギュア女王キム・ヨナが"精神的な戦いで勝ったようだ"とバンクーバー冬季オリンピック当時を回顧した。

キム・ヨナは27日放送された'膝打ち導師'で"ちょっと生意気に見えることもできるが実際に私が感じたのだ"として"ショート プログラム演技後ママに'オリンピックたいしたものでないね'と話した。その話をした後私も私がした話に情けなかった"と話した。

キム・ヨナは"演技する時'オリンピックだ。 必ず金メダルを取ろう'という考えはなかった。 ただ競技という考えだけしたしオリンピック マークは一つも見えなかった。 精神的な戦いで勝ったようだ"と説明した。

キム・ヨナは"女子シングルでは予想外の結果が出るのが多くて神が下ろした選手が金メダルを取る場合が多かった"として"予想より負担感があまりなかった。 私がその日の主人公ではなくても受け入れる姿勢になっていた"と付け加えた。

キム・ヨナは'膝打ち導師'に'食べたいのがとても多いがどのようにするでしょう?'という質問を持って出演した。 録画は先月7日汝矣島(ヨイド)MBC放送センターで6時間の間進行されたし出演分は翌月2日まで2回にかけて放送される。

20代始め女子大生特有の明るい姿でさっぱりしているように笑って録画に臨んだキム・ヨナはオリンピックゲーム後後始末席を見て回る大きな課題では涙を流すこともした。

キム・ヨナは"競技後エージェント、コーチ、ママ、パパ,私、トレーナーみな集まって身内の祝をした。 その時とても有難くて涙がちょうど出た。 コーチらとママが私の夢をかなえるためにこのように…"として話を締めくくれないまま涙を流した。

キム・ヨナは"以前にはママが訓練を骨を折るようにさせるのがとても嫌いだった。 自由に訓練したかった。 だが考えてみればママが集中することができるように助けたので成長することができた"としてお母さんに対する有り難みを表わすこともした。

キム・ヨナは"フィギュア スケートは戴冠料やコーチ費用、履き物値段全部自費だ。 小学校の時まではお金概念がなくて困難があることは想像もできなかった。 だが、中学校の時状況が難しくなって(フィギュア スケートを)もっとするべきかどうか悩んだりもした"と説明した。

キム・ヨナのTV芸能番組出演は去る2月バンクーバーオリンピック金メダル獲得以後今回が初めてだ。キム・ヨナは2007年と昨年'無限挑戦'に二度出演したことがあるが他の芸能番組には出演しなかった。

[聯合ニュース 2010-05-27 01:00] 元記事はこちらから

※そんなことまで言ってたんだヨナた~ん;; あの金メダルはみんなの応援のおかげさまだね;;

時間も時間ですので続きは明日にいたします~。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。