韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

去就決定控えたキム・ヨナ…~第3の道~選択可能性?
2010年05月30日 (日) | 編集 |
31日トロント出国先立って記者会見時限付き引退宣言の可能性も

‘フィギュア レジェンド’キム・ヨナ(20・高麗大)の去就決定が差し迫った。
マネージメント社オールザットスポーツによれば、キム・ヨナは来る31日午後9時20分大韓航空KE 073便で現地訓練地カナダに出国する。

去る2月‘2010バンクーバーオリンピック’で金メダルを獲得したのに続き3月‘2010トリノ世界フィギュア選手権’銀メダルを獲得したキム・ヨナは以後二月間韓国に留まって広告撮影、放送出演、各種行事出席など忙しい日程を消化した。

キム・ヨナは28日オールザットスポーツを通じて"バンクーバーにある時韓国がたくさん懐かしかったが二ヶ月の間会いたい人々と友人らに会うことができて非常に楽しかったし実際にかゆいから惜しい"として"カナダに到着すればコンディションを回復して正常な訓練に臨めるように集中する予定"と出国を控えた所感と今後の計画を明らかにした。

キム・ヨナはお母さんパク・ミヒ氏とマネジャー、そして新しいトレーナーとともにカナダに出国して訓練地のトロントに到着した以後直ちに正常の調子回復のための訓練に出る予定だ。

カナダで約一月半分ほど留まって訓練を消化した後7月23日から3日間一山(イルサン)キンテックス特設リンクで開かれるアイスショー出演のために7月20日頃また入国する計画.

現在のファンたちの関心はキム・ヨナが出国前自身の去就に関する立場を表明するのかどうかだ。 キム・ヨナは31日午後6時仁川国際空港ビジネスセンターで出国記者会見を持つ予定だ。 キム・ヨナがその間去就決定時点を5月末で公言してきただけ、この席で今後去就に対して立場を明らかにすることになる可能性が高い。

しかし一部ではこの日記者会見でひとまず去就に関する立場表明を留保して2010-11シーズン グランプリ シリーズ出場の有無通知締め切り期間の来月1日以後、別途のチャンネルを通じて発表する形式を取るという展望も出てくる。

キム・ヨナの去就を囲んで国内外言論らは多様な分析を出しているのにキム・ヨナ側は最近キム・ヨナがカナダ交換学生推進をあきらめたというKBS報道に対して公式に否認する一方、まだグランプリ大会出場可否が決定されなかったという立場を明らかにした。

だが、最近の色々な言論を通じて報道された内容を総合してみればキム・ヨナは今直ちにプロで転向するよりは現役選手生活を継続する側に糸口をつかんだという分析が優勢だ。 世界ランキング1位に上がっているキム・ヨナの技量が早目にプロで転向するにはあまりにも惜しいため。

特に冬季オリンピック金メダル獲得を通じて女子フィギュア スケーターとしては唯一‘キャリア グランドスラム’を達成、目標にした成果に対する心理的な負担を払いのけてしまっただけ心理的余裕もできた。 したがってあえてプロ転向を通じて現役選手としてできるすべての可能性を閉じる理由がないということが大まかな分析だ。

だが、反対に夢に描いた冬季オリンピック金メダルまで獲得して自身がたてたすべての目標を達成したキム・ヨナが新しい動機付与が不足した状況で各種大会に出場することになるならば、ややもすると想像しないスランプに落ちる危険も存在することが事実だ。

キム・ヨナの今後去就に対してファンたちはおおむねキム・ヨナがどんな決定を下してもその決定を尊重するという立場だが冬季オリンピック2連覇に対する風を表わすファンたちも少なくない。

こうした中キム・ヨナの去就と関連‘第3の道’を選択する可能性も考えてみることができる。 ここでキム・ヨナが選択できる‘第3の道’は時限付き引退宣言だ。 すなわち、一定期間プロ選手でだけ活躍して2014ソチ冬季オリンピックに差し迫ったまたは、それよりもう少し早い時期に現役に復帰する計画をあらかじめ明らかにすることだ。

フィギュア選手がプロで転向して現役に復帰する場合は一度や二度ではない。 男子選手のエフゲニー・プルシェンコの場合‘2006トリノ冬季オリンピック’金メダル獲得以後現役引退を宣言してバンクーバー冬季オリンピックに差し迫って現役に復帰、色あせていない技量を誇示して銀メダルを獲得したことがある。

したがってキム・ヨナもプロ選手として着実に活動して技量を整えて再充電する時間を持った以後また現役に復帰するならば~女帝の帰還’を成し遂げる可能性が充分だ。

特に難易度高いジャンプを試みる選手に有利な新しい採点方式が採択される可能性が高い状況でキム・ヨナが直ちに初めてのシーズンから適応にエネルギーを注ぐ必要がないという指摘だ。 プロで活躍しながら着実に新しい採点方式に対して充分で現役に復帰する方がはるかに有利なこともある。

‘永遠に幸せなスケーター’という窮極の目的達成のためのキム・ヨナの最終選択は果たしてどこへ向かうのか、ファンたちの関心が集中している。

イムジェフン客員コラムニスト

[デイリーアン 2010-05-29 11:57] 元記事はこちらから

yk20100529-4.jpg

※トロントに戻ってからコーチ方々と相談した上で決定かと思いきや、やはり出国時になんらかの去就発表がありそうですね~。第三の道もありえそうですがわたしはまだ今期はミンジョンちゃんとともに現役続行して欲しいなあ。もちろんヨナたんの気持ちを一番に尊重し、決断を受けとめるつもりですけどああドキドキの月曜日~;;

そしてこんな情報教えていただきました↓

日本テレビ NEWS ZERO 05月31日(月)22:54~24:08
合宿地カナダへ…注目のキム・ヨナ会見


最新のヨナたんが見られますね、内容ドキドキ。
この分だと他局もチェックが必要になりそう。お知らせありがとうございました~;;
コメント
この記事へのコメント
一つ質問さしてくだい
7月23~25日に開催されるアイスショーの件ですが、チケット予約開始日って分かりますか
2010/05/30(日) 09:16:20 | URL | スキン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。