韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

‘女王の夢’キム・ヨナ“引退しません。 氷板上に立った時一番幸福”
2010年05月31日 (月) | 編集 |
キム・ヨナが引退に対する考えと今後計画に対して打ち明けた。

キム・ヨナはカナダ、トロント出国に先立ち31日午後6時仁川国際空港ビジネスセンターで出国記者会見を持った。 キム・ヨナはカナダ現地訓練のためこの日午後9時20分大韓航空KE073便で出国する。

キム・ヨナは2月間最も記憶に残ることで"トロントに長くなっていて会うことができなかった家族と友人らに会ったのだ"として"また、オリンピックが終わった以後初めてのアイスショーを4月にした。 アイスショーも一番幸せだった瞬間だった"と説明した。

キム・ヨナは"2月の間疲れて大変だったが幸せだった"として"アイスショーを通じて氷上に立った時幸せだということを感じることができた。 来る7月アイスショーも熱心に準備している。 たくさん期待してくれ"と打ち明けた。

キム・ヨナは引退に対して"今トロント訓練のために出国するというために引退はしないことだ"として"前に選手生活を継続することで今回のシーズンをどのようにするかはトロントに行って考えるだろう"と言及した。

キム・ヨナは2010-2011シーズン参加に対して"シーズンが11月から始まる。 以前に私がどの程度準備をしたのかどうかとコンディションにより出場の有無を決めるだろう"として"具体的な構想はないがその間準備してきたように準備するだろう"と打ち明けた。

キム・ヨナは前にシーズンに臨む姿勢に対して"競技に臨む心がけが安らかになるようだ。 これ以上成し遂げることがないから競技に対する圧迫感や負担感なしで安らかに競技をすることができるようだ"として"前に目標は多様なプログラムを試みたい夢がある。 毎年多様なキャラクターで演技をしてみたい"と計画を表わした。

キム・ヨナは去る2月2010バンクーバー冬季オリンピックで金メダルを獲得したのに続き去る3月'2010トリノ世界フィギュア選手権大会'銀メダルを受賞して去る3月31日帰国した。 キム・ヨナは韓国でアイスショー出演、広告撮影、イベント参加などで忙しい日程を消化した。

キム・ヨナはお母さんパク・ミヒオールザットスポーツ代表、所属会社ロード マネジャー、新しいトレーナーとともにカナダに出国する。 キム・ヨナはトロントに到着後正常なコンディション回復のために直ちに訓練に出る予定でありブライアン・オーサーなどコーチングスタッフらと今後日程に対して議論するものと見られる。

一方キム・ヨナは来る7月23日から25日まで三日間京畿道高陽市、一山区キンテクストゥクソルリンクで開催されるアイスショー参加のために7月20日頃また入国する計画だ。

[ニュースエン 2010-05-31 19:09] 元記事はこちらから

yk20100531-3.jpg

※同じような内容ですが何度でも~。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。