韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キム・ヨナ“トリノ世界選手権、私も私が情けなかった”率直告白
2010年06月10日 (木) | 編集 |
キム・ヨナは6月9日放送されたMBC '黄金漁場' 1部'膝打ち導師'で2010トリノ世界選手権に対する率直な心境を告白した。

MCカン・ホドンはキム・ヨナに"2010トリノ世界選手権大会でデビュー以後最悪のショート成績な7位を記録した"と話し始めた。

キム・ヨナは"7位をすれば銀メダルを取りましたよ"として"ジャンプ以外に崩れたことは初めてだった"と打ち明けた。 キム・ヨナは"私が練習をしたことか競技をしたことか私も私が情けなかった"として"世界選手権大会に出てこようかやめようか考えをたくさんした。 決心して出てきたが'なぜ出てきたのだろうか?'考えた"と率直に打ち明けた。

キム・ヨナは"控室に入って'私が出てこないといったではないか'と話した。 わけもなく出てきたという考えもした"と言及した。 キム・ヨナは"クァク・ミンジョン選手も共に出場した。 ミンジョンもショート成績が良くなかった"として"ミンジョンに'私と戦う?'といった。 誰を捕まえて戦いたい心境だった。 ミンジョンもそのような心境だったとした"と当時の状況を説明した。

一方'膝打ち導師'はキム・ヨナ展開した以後、2002ワールドカップ スターファン・ソンホン サッカー監督方とカンヌ国際映画祭で脚本賞栄光を手にした映画'詩'のヒロイン ユン・ジョンヒ氏など、多様な分野のスターらの放送分が続く予定だ。

[ニュースエン 2010-06-09 23:35] 元記事はこちらから

yk20100609-5.jpg

※自動翻訳不十分ですのでご参考までに~。棄権せずによくがんばりました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。