韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キム・ヨナ側“今年12月アイスショー? 確定したことない”
2010年07月30日 (金) | 編集 |
キム・ヨナが今年12月アイスショーに対して用心深い立場を明らかにした。

キム・ヨナは7月29日午後7時仁川国際空港でカナダ、トロント出国を控えて行ったスタンディング インタビューで"カナダに帰って新しいプログラムを準備する"と明らかにした。去る19日入国したキム・ヨナは9泊10日という日程を終えて訓練のためにカナダに帰った。

キム・ヨナ所属会社オールザットスポーツは今後キム・ヨナの帰国日程に対して"まだ決まったのがない"と用心深い立場を明らかにした。 オールザットスポーツでは前にアイスショーを継続してお目見えすると明らかにしたことがある。 今年年末国内アイスショー計画に対して"12月アイスショーをしようとするなら競技場も捉えなければならない。 今のところは確定したのがない"と話した。

キム・ヨナはカナダに帰って今後日程に対して"カナダに帰ってコンディションを回復して新しいプログラムを準備に没頭しなければならないようだ。 新しいアイディアを探す。 これから激しい訓練生活路帰らなければならない"と明るく笑ってみせた。

キム・ヨナは新しいプログラムに対して"新しいタンゴ風の音楽をしたい。 この間タンゴをしたがまた再びタンゴをしてもいろいろ多様な姿を見せることができるようだ。 多くの音楽を聞いてみて決める"と慎重な態度を見せた。 また、キム・ヨナは"ショートとロング プログラム中に一つはキャラクターが強いのを一つはクラシックしたのを考えている"と耳打ちした。

キム・ヨナはグランプリ シーズンを飛び越えることになることに対して"競技力は公演でも感じられるために"として大きく問題にならないと思うという立場を明らかにした。

キム・ヨナは昨シーズンでトリプル、トリプル フリップ、スパイラル シークエンスなど完ぺきなジャンプ力きて回転をリリースしただけでなく2010バンクーバー冬季オリンピックで金メダルを獲得して最高の競技力を広げた。キム・ヨナは前に回転とジャンプなどプログラム構成に対して"変化はないようだ。その構成が自ら最も上手なことだ"として"まだ確定したことはない"と話した。

キム・ヨナは"去るオリンピック シーズンには負担感もあって選曲をして決めにくかったが去るバンより安らかだった"として"まだ開始をしなかったが時間がたくさん残っているからその間準備したようにする。 もう少し発展した姿を見せる"と覚悟を固めた。

一方キム・ヨナは来る10月から始まる2010~2011グランプリ シーズンに対してスキップ(skip)を宣言したので来年3月日本、東京開かれる世界選手権大会に出場する。

[ニュースエン 2010-07-29 20:23]  元記事はこちらから

yk20100729-2.jpg

※アイスショーを実践とするなら12月あたりやらなきゃでない? 来年東京東京!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。