韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーサー"ヨナ世界選手権出場、インターネット見て分かった"衝撃発言
2010年08月25日 (水) | 編集 |
夏ずっと連絡が全くならなかった。 世界選手権出場もインターネットを見て分かった。"

キム・ヨナ(20・高麗大)と決別したブライアン・オーサーコーチがキム・ヨナ側と相反した主張とくやしさを一つ一つ明らかにしてより大きい波紋が予想される。

オーサーコーチは25日(韓国時間)カナダ、トロント地域紙のザ・スターとインタビューで"キム・ヨナがグランプリに参加しないのも、来年3月世界選手権に出場するのも全部インターネットを見て分かった。 侮辱された感じだった"という衝撃的な発言をした。

オーサーコーチは"キム・ヨナのお母さんは私がヨナに十分な関心を注がないと考えた。 だが、私はバンクーバーオリンピックが終わった後ヨナを(引退可否に対して)決定を下す時まで待つつもりだった。 また、ヨナのお母さんが夏には他の選手を教えても良いと言った"として抗弁した

オーサーコーチは引き続き"ヨナとこの前に話を交わしたがヨナも仕事がどのように進行されるのか分からないようだった。 ママのために紛らわしがるようだった"として"それで私がヨナに'私も紛らわしいが私たちが一緒にいた去る4年は本当に最高であった'で言った"と説明した。

オーサーコーチは"(決別理由が)お金の問題は全く違う。 本来から契約も別にしていなかった"としてボーナス問題と関連した疑惑には首を横に振った。

引き続きオーサーコーチは衝撃的な発言をした。

オーサーは"夏はずっと連絡が全くならなかった。 ヨナがグランプリに出ないで来年3月世界選手権に出場するという事実もインターネットを見て分かった。 これはちょっと不当だと考えた。 そしてその時何か大変なことがあるとのことを感じた"と話した。

オーサーは"シェーリン・ボーンコーチに今シーズン ヨンのショートプログラム振りつけを引き受けることになったという電話を受けた。 何大丈夫だ。 だが、率直に侮辱感が聞いた。 それで去る7月ヨナとエージェントに数回Eメールを送ったが一度も返事を受けられなかった。 いつトロントに戻ることかとも尋ねたが返事がなかった。 本当に情けないことだった"として挫折した。

一方キム・ヨナはこの記事が掲載される頃自身のツイッターを通じて"嘘はやめて下さい、B. どんなことが起きているのか私は正確に知っていて、全部私が決めるのです"とオーサーコーチに向かって直撃弾を飛ばした。

オリンピック・世界選手権金メダルを合作して4年間'幸せな同行'をあるこれらの美しくない仕上げが多いフィギュアファンたちにこの上ない遺憾を抱かせている。

[アジア経済 2010-08-25 09:13]  元記事はこちらから

yk20100825-1.jpg

※現実とはとても信じられない、なので今日も記事だけアップします。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。