韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[フィギュアインサイド] キムヨナ, 実戦を楽しむことができる者の自信感
2009年10月13日 (火) | 編集 |
ジュニアグランプリシーズンが追いこみに至った現在, シニアグランプリ舞台が目の前に迫っている. 世界最高級のスケーターたちは多い話題を流しながらオフシーズンを送った.

しかしいざ女子シングル世界チャンピオンであるキムヨナ(19, 高麗大)は静かにオフシーズンを送った. オリンピックシーズンを控えている時点で誤れたうわさに荒されないただプログラム完成に集中するために訓練にだけ専念して来た.

去 る 7日, キムヨナは重要な大会を控える初めて言論に自分の近況を公開した. 自分の転地訓練場所であるカナダトロントクリケット, スケーティング & カーリングリンクで追いこみ訓練に沒入していたキムヨナは "去るシーズンより準備がもっと完璧になるようだ"と明らかにした.

キムヨナは普段すごく言葉を惜しむ愼重にさせる方だ. しかし確かな信念が見える時は, 隠さない自信感を表明して来た. キムヨナとブライアン・オーサーコーチ, そして振付師であるデヴィッド・ウィルソンはもう 'アイスオールスターズ'が起った去年の夏から強い自信感を現わした.

yk20091012-2.jpg


'点数計算'よりもっと重要なことは 'プログラムの完成度'

今度シーズンを控える新しく変わった規定に対してブライアン・オーサーコーチは不満を吐露しなかった. むしろ GOE(加算点)をたくさん受けることができたと肯定的な評価を下した.

キムヨナやっぱり, 今まで特別な規定に対して不満を吐露しなかった. すべての規定は自分が有利にさせることはできるという信念を見せてくれようとするよう, キムヨナはどの規定の中でも搖れなかった.

カ ナダに出国する前に持った最後の公式記者会見でキムヨナは特別な発言をしなかった. 新しいプログラムの基礎点数に対する質問にキムヨナは "計算して見なくてよく分からない. 新しいプログラムの要素は皆重要だ. これらを充実に演技するのに集中する"と返事した.

フィギュアスケーティングは技術要素の合算で点数がメギョジンダ. しかし '数学賭け'がフィギュアの絶対的な基準にならない. 自分が願う高い点数も '完璧な演技'が成り立たない時は無用の物になる捨てる.

キムヨナは自ら明らかにしたようにプログラム要素の点数をいちいち計算する氷板に入らない. このような癖はむしろ演技に対する集中力に邪魔と作用する. 高い点数はどこまでも '完璧な演技' 以後に出るのだ. キムヨナとブライアン・オーサーは点数に対する言及をしない常に 'プログラムの完成度'を強調して来た.

プログラムを構成する要素を完璧に遂行すれば加算点がメギョジンダ. カナダに出国する前, キムヨナは "ジャンプの間に, ステップをノッオで多くの加算点を受けるのに力を注ぐ"と明らかにした. ジャンプの質を決めることは滑走と跳躍だ.

完成度高いジャンプのために試みる滑走と跳躍は非常に重要だ. この状況でステップを追加するということはよほど難しい事だ. しかしキムヨナはもうこのような試みをして来るダブルアクセルの前にイナーバウアーを試みたこともあった.

キムヨナの関心は '点数計算'にあらなかった. キムヨナが集中したことは技術の完成度を最大限高める加算点を得るプログラムの質を完成するのだった.

すぐれたスケーターたちは '特定技術'より 'プログラム自体'に集中をして来た. 一方の作品を完成するあったキムヨナはシーズンが近付くことを待つあった. このようなマインドがあったからキムヨナとオーサー, そしてウィルソンが強い自信感を現わすことはできた.

実戦で強まる方法, '震えない好む'

' 楽しみながらする'と言う言葉をスポーツ選手たちによく引用される言葉だ. しかし実際に競技をまともに楽しむ選手は珍しい. 2分, あるいは 4分の短い時間の間すべてのものが決まるフィギュアスケーティングの場合, 実戦競技に立ち入った時, 押し寄せる緊張感は想像を超越する.

多くのフィギュア選手たちは実戦で強まるためにさまざまな訓練を受ける. 実戦を演習のように思いながらする場合もある適切な緊張感を維持したまま, 集中力を最大限高める方法も使われている.

去るシーズンもそうだったが今度シーズンを控えたキムヨナは "早く新しいプログラムがすべての方々にお見せしたい"と言った. 演習も楽しむことができるが本当に実戦が好きな選手たちは大会が早く来るのを待つ. 実戦自体を楽しむ観衆の喝采を感じたいからだ.

キムヨナを審判席で長い間見守る全ゴソングフィ国際審判は "リンクに線キムヨナの姿を見れば実戦をまともに楽しみながらするという感じがする. 技術が良いが芸術性の不足な選手は硬い感じが出る. 一方, 技術の不足な選手は演技力に取り返ししようとする動きも見える. しかし, キムヨナは技術と芸術性を皆持つあるからこのような姿が発見されない. また, 大会が切迫すればさまざまな問題で選手たちが搖れるようになるのにキムヨナはこれさえ勝つ強い精神力を持った. 大会を控える自信感が見えるということは十分な根拠があるから"と評価した.

新 しいプログラムに対する多様した意見たちが推測されるある. しかしキムヨナの新しいプログラムはあくまでもふたを開けてみる前までは易しく論議することはできる問題ではない. 大会を控えて現われたキムヨナの自信感は実戦を楽しむことができる長所と未来を準備して来た努力で起因した.

[エックスポーツニュ-ス 2009-10-09 17:45]  元記事はこちらから

yk20091012-3.jpg yk20091012-4.jpg

※新プログラムむちゃむちゃ楽しみですー。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。