韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[フィギュアインサイド] '元気なキムヨナ'がお目見えしたプログラムの完成度
2009年10月13日 (火) | 編集 |
今から 3年前の 2006年秋, 2006-2007 グランプリシリーズエリックボムパールであったところでシングル部分で青い色衣装を着たか細い少女が 'ヒバリの飛翔'に合わせる床しい演技を広げた. この大会はキムヨナ(19, 高麗大)がシニア舞台で初優勝をおさめた大会だった.

グ ランプリシリーズで初勝をあげたキムヨナはその年ボルオジングランプリファイナル大会で浅田真央(19, 日本中京大)を追い抜く金メダルを首に歩いた. ショートプログラムから 65.06の点数で 3位を記録したキムヨナは 'ヒバリの飛翔'をこぎれいに演技して 119.14の点数を受けた.

フリースケーティングで 1位を占めたキムヨナは世界頂上に立ち上がった. 主要言論たちは一斉にフィギュア辺方国から来た 'ジュニアチャンピオン'に集中し始めた.

翌 年の 2007年日本でボルオジン世界選手権大会でキムヨナはフィギュア歴史に永遠に残る '名演'を広げた. 音楽のメロディーとスケーターの動きが '渾然一体'になった 'ロクサーヌのタンゴ'がお目見えするとリンク醤に集まった大多数の観衆は起立拍手を打った. 飛距離が高いトリプルコンビネーションジャンプと上手なエッジ技術, であったからステップとともに李御真トリプルロツの構成力はフィギュア専門家たちを驚愕させた.

し かし, この時キムヨナは負傷を抱いていた. 一般的な挙動さえ大変な位の痛症を煮こまない氷板に走ったといってもキムヨナは最高の演技を広げてショートプログラム世界新記録を立てた. しかし負傷の悪夢はキムヨナの足首を取る巻いた. フリースケーティングで体力的に大変な姿を見せたキムヨナは銅メダルに満足しなければならなかった.

yk20091012-5.jpg


2006 -2007シーズンはキムヨナが初めてシニア舞台にデビューした日と同時に一番大変なシーズンでもあった. 固執的な腰負傷と腰痛がキムヨナを絶えず苦しめたからだ. また, 翌年の 2008年スウェーデンイエーテボリでボルオジン世界選手権大会でギムヨンアは再び負傷にまともにできた訓練を消化することができなかった.

ショー トプログラムから 5位にとどまったギムヨンアはフリースケーティングで宣伝を広げた. フリースケーティングで 1位を占めながら奮戦したが去るシーズンに引き続き再び 3位に満足しなければならなかった. それなりに貴い銅メダルだったが負傷によって最上の演技を広げることができなかったという点はキムヨナに長らく惜しい部分だった.

ジャ ンプとスピンを含めた各種技術を消化する時, 微細な痛症は競技力に大きい影響を与える. たとえ, 痛み止めに打ったとは言うがこのような状況で連続 3回戦コンビネーションを試みる身に無理がたくさん行くスピンを駆使するということは非常に大変な事だ. ギムヨンアは技術と表現力, であったから舞台掌握力まですべてのものを取り揃えるあったが '最大の敵'である負傷の地雷原は避けることができなかった.

2008 -2009シーズンはキムヨナが唯一に大きい負傷に苦しまなかった年だった. 徹底的な身管理と体系的な訓練スケジュールを消化したキムヨナはプログラムを完璧に駆使し始めた.キムヨナが優勝を占めた 'Skate America'と 'Cup of China'で現われた動きは 2008 世界選手権とは確かに変わっていた.

キムヨナのコンディションは氷板を蹴る出るスピードで分かる. 負傷がイッナン状態でもキムヨナの滑走速度は非常に早いが身で感じられる痛症がない場合, 氷板を打つ音と滑る出る速度は男選手を彷彿させる.

滑走でオッは自信感は直ちにジャンプにつながる. キムヨナは 2008-2009シーズンでトリプルフリップ + トリプルトーループジャンプの成功率が 100%を記録した. また, SA ショートプログラムだけ除いたダブルアクセルの成功率も百発百中を記録した.

心 的な負担になることが多かった 2008-2009 グランプリファイナルでトリプルルッツとサルコで間違いをしたがこのジャンプたちの成功率も起伏がなかった. であったからスピンとステップ, そしてスパイラルのレベルが頂点に立ち上がりながらキムヨナのプログラムは完璧に完成された.

キムヨナが駆使する技術とジャンプは現役選手たち中, 一番安定感を持つある. 幼い時からがっちりしているようにイックヒョオン基本技は各種技術の完成度を高めた. また, ブライアン・オーサーに会う私は後, ジャンプの成功率が高くなったしステップとスピン, そしてスパイラルまで最高水準で発展した.

このような中でキムヨナを脅威する最大の少ない '負傷'だった. オリンピックシーズンを控えている時点でもギムヨンよ側が一番泣こうと思ったことは '負傷の脅威'だった.

去る 8月にボルオジン 'アイスオールスターズ' 公演のため来韓した振付師であるデヴォッド・ウィルソンはこのような点に対してこんなに返事した.

" 時には (キム)ヨナがする演技に対しての言葉で表現することができないものなどが多いです. 街位すごいというんですよ. すべての点で完璧なスケーターがすぐヨナです. ヨナに入る心配はこれしかない. あまり熱心に演習をして身に仮面が出ればどうするかという心配です. ヨンアに対して心配することは何もないです. 元気なヨナに対する信頼は 100%と言える"

大会期間にコンディションを最大で引き上げるプログラムといっしょにキムヨナは毎日健康チェックを受けるある. また, 劣悪な国内環境を脱するカナダトロントに泊まって負担のなく訓練をするある粘度 '元気なキムヨナ'を完成するのに肯定的な要素と作用するある.

去るシーズン, シングル選手では最初で 200点高地を超えて 'ワールドチャンピオン'に立ち上がった最大の成果はキムヨナとスタッフたちの徹底的な '身体管理'にあった.

今度シーズンはキムヨナが元気に支払う二番目シーズンだ. キムヨナは去るシーズン, 負傷によって完璧な演技を広げることができなかった惜しさをすっきり解消した. そしてプログラム完成度に対する喉の渇きは相変らず解決されなかった.

[エックスポツニュ-ス 2009-10-12 17:00]  元記事はこちらから

yk20091012-6.jpg yk20091012-7.jpg

※今シーズン初お目見えのプログラム、思いっきりファイティン^^
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。