韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GP 7回連続優勝キムヨナ "わがまま身を動きにくかった"
2009年11月16日 (月) | 編集 |
三回のジャンプ間違いを虎とも 7回連続グランプリ優勝を占めた 'フィギュア女王' キムヨナ(19, 高麗大)が体力が正常ではない状態で競技をしたと惜しさを表現した.

キムヨナは 16日午前(韓国時間) アメリカニューヨーク州レイクプラシッド '1980 リンク'から開かれた '2009~2010 国際氷上連盟(ISU) グランプリ' シリーズ 5次大会 'スケートアメリカ' であったところでシングルフリースケーティングで 111.70点(技術点数 51.18, プログラム構成点数 61.52, 減点-1)を得る前日支払ったショートプログラム 76.28点を合わせて総点 187.98点で 1位を占めた.

しかしシニアデビュー後 2006~2007 シーズングランプリ 2次大会 'スケートカナダ'(105.80点) 以後フリースケーティングで二番目で低い点数を受けて目標した '無欠点演技'と '200点台維持'は果たすことができなかった.

演技終了後アメリカの APを含めた主要メディアとのインタビューでキムヨナは "毎度すべてのスケーターが願い次第に結果を得ることはできない"と言いながら "今日は体力があまり良くなかったと感じた. 私の体がわがままで動きにくかった"と言った.

この日フリースケーティングでキムヨナはトリプルルッツ-トリプルトウループコンビネーションジャンプで心細い着地を見せる, 李御真トリプルフリップでは尻餠もついた. 後半部のトリプルルッツも不完全な演技をお目見えした.

多くのファンの期待が大きい負担で作用したという話も隠さなかった. 彼は "去るグランプリ 1次大会で良い点数を取った後もっと多いファンの関心を受けていると感じた. 負担を感じたようだ"と伝えた.

先月フランスパリで開かれたグランプリ 1次大会エリックボンパールでは総点 210.03点を記録して歴代最高点を更新するなど新しい記録をマンドルオナガッダ. だから今度大会を控えるブライアン・オーサーコーチが今年のシーズン最高点で設定した 215点を突破することはできるという意見が出たりした. こんな期待感がキムヨナには負担になったようだ.

もちろん演技復碁も忘れなかった. 間違いを模範として来月日本東京で開かれるグランプリファイナルはもちろん来年バンクーバー冬期オリンピックを備えて集中補完をするという考えも仄めかした. キムヨナは "今日の多いことを学んだ. いつも次のジャンプに集中するように努力する"と念をおした.

[ジョイニュース24 08:37] 元記事はこちらから

※ヨナたんは決して完全なロボじゃない。そんな人間らしい弱さも見せるまだ19歳の女の子!応援する側も過度な期待でヨナたんに負担をかけないようにしないとですね^^
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。