韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集中探求-ブライアン・オーサーの‘ Queenヨナ’話
2009年11月28日 (土) | 編集 |
“ヨナの不幸に見える顔が気にかかった”

厳しいしりもちをついたが女王の気概は死ななかった。オリンピックという巨大な試験台を目前に置いたキム・ヨナ(19・高麗大)が‘貴重な失敗’を経験した。 去る16日2009-2010 ISUフィギュア シニア グランプリ5次大会で続けざまに失敗を犯した彼女は自身の最高点(210.03点)に何と22.05点も落ちた187.98点を受けた。 しかしキム・ヨナとブライアン・オーサー(48)コーチから落ち込んだそぶりは探せなかった。 来月日本,東京で開かれるグランプリ ファイナルをはじめとして今まではオリンピック黄金神話を成し遂げるための過程に過ぎない理由だ。

キム・ヨナを世界最高のスケーターで育てたオーサーコーチは今回の大会でも弟子に向かった愛情を惜しみなく表わした。 取材陣と会った彼は“ヨナは自らも感情調節が上手な選手”として“音楽が始まればあたかも他の人のように変わって演技に没頭する”とキム・ヨナを奉った。 去る3年の間‘女神’キム・ヨナを降臨させたオーサーコーチは去る8月自叙伝を発刊した。 彼は本で弟子との初めての出会いから今日の成功ストーリーを公開して話題を起こした。 オーサーコーチの著書‘一回の飛翔のための千回のジャンプ’(ウンジン知識ハウス)に入れられた二人の縁と試練,涙の成功期を集中照明した。

yk20091127-8.jpg
親子のようだ~(爆)


“最高のスケーターになることが私の人生の最も重要な目標であった。 しかし今私の目標は最高になることを願うヨナに私が持った全てのものを分けることだ。”

“第一印象?痩せ細って無表情な東洋少女”

キム・ヨナとブライアン・オーサー,二人の間の信頼は丈夫だ。 キム・ヨナは過去インタビューで“オーサーコーチ様は私にぴったり合う師匠だ。 私が氷板の上で何を考えるのか唯一知っている方”と話したし彼の地図スタイルを着実に従った。

80年代‘ミスタートリプル アクセル’と呼ばれて最高級スケーターで活躍したオーサーコーチやはり弟子のために自身が持った全てのものを一度に注いだ。 信頼の結果は3年ぶりに‘世界頂上’という甘い実を結んだ。

オーサーコーチとキム・ヨナの初めての出会いは2006年5月に遡る。 彼にいて初めて会ったキム・ヨナは‘痩せ細って無表情な東洋少女’に過ぎなかった。 当時トロント スケーティング クラブの指導者であったオーサーコーチは3週の間だけキム・ヨナにジャンプ講習を担当した講師だっただけだった。

しかし実際氷上に立ったキム・ヨナを見たオーサーコーチは強烈な衝撃に包まれた。 彼は弟子との初めての出会いをこのように回想した。

“彼女がスケート靴を申告リンクに降り立った瞬間,矯正器を挟まった慎ましい少女は消えた。 私はヨナの才能と速度感そして専門的にけちをつけるところない技術などに深い印象を受けた。 いや,いっそ感動したと話してこそ正しいだろう。”

キム・ヨナの実力はオーサーコーチの心を揺さぶったが彼は‘ヨナの師匠になってくれ’というキム・ヨナ母親の提案を数回断るほかはないと吐露した。 当代のフィギュアスターであった彼はアイスショーと公演日程を相次いで消化しなければならなかっただけでなくコーチ職を本業に受け入れなかったこと。 しかしキム・ヨナの母親はしつこく彼を説得したしついに最高の名匠と最高の弟子が一つのチームで縛られることができた。

“ヨナ大きい大会控えれば急変”

初めての弟子を受けたオーサーコーチが一番最初にした仕事は果たして何か。 彼は“まず無表情なヨンアルル笑わせなければならなかった”と明らかにした。 キム・ヨナは正確な技術駆使とはやいスピード,柔軟性などまぶしい才能を持っていたがほとんど腹が立った人のような顔でスケートを乗ったりしたということだ。

オーサーコーチは本で“彼女の不幸に見えることさえする顔がずっと気にかかった”として“幼い子供淑女が素敵なスケーティングをしていながらも全くうれしく見えなかった”と回想した。 だがこれは慎ましさ多くの少女の自分鍛練法ということを五でコーチは即座に識別した。

彼はキム・ヨナが喜怒哀楽のすべての感情を豊富に吐き出すことができる感受性豊富な10代少女ということを看破した。 オーサーコーチと振付け師デービッド・ウィルソンは訓練ずっと絶え間ない滑稽と冗談で‘氷の女王’の心臓を溶かした。

オーサーコーチは弟子の唯一の短所で‘行き過ぎた練習’を挙げた。 彼は“ヨナは完ぺき主義者”として“特にグランプリ シーズンが近づけばヨンは練習の雰囲気から変わる。 集中力と没入度がだいぶ強くなって負傷を避けるためにからだをぴたっと緊張させる”と話した。

それに沿うとこのような場合最高の実力を磨くことができそうだけどスランプに落ちることもやさしい。 完ぺき主義者の艦艇という話だ。 オーサーコーチは“圧迫感がひどすぎればヨナ坊や涙を見せたりもする”として“そうする時は思う存分泣けるようにしてくれる。 すべての感情をリンクに注ぐことができるので立派な演技が可能になること”と話した。

彼は2008年スウェーデン イェーテボリで開かれた世界選手権大会を控えて負傷に苦しめられたキム・ヨナと二人だけ氷に立ち向かった経験を吐露して幼い弟子が挫折を克服する過程で話せない感動を感じたと明らかにした。 キム・ヨナは深刻な股関節負傷しても銅メダルを占めた。オーサーコーチは本で当時の状況をこのように伝えた。

“ヨナは6週ぶりに氷上に立った程大きい負傷した後であった。 私は負傷のために挫折しているヨナ氷まん中に導いた。 氷板の上にはトレーナーもヨナお母さんもなしで出てきてヨンだけだった。 私は彼女の気持ちを理解できる人はナだけだと確信した。 私は氷を疲れて彼女と多くの話をした。 ヨナ坊やスケーティングをしながらどれくらい苦痛だったのかは誰も分からないだろう。 その苦痛を我慢して,大騒ぎ震えないで,さらに微笑まで失わないヨナの姿が,彼女が挫折に対処する方式が出るとても良かった。”

“君が非常に誇らしい”

オーサーコーチはキム・ヨナが演技をする間リンク外で動作をまねたりする。 弟子がジャンプをすればクドゥッパルロ共に跳ね上がって,優雅にスピンをすればやはり流麗な手ぶりをするとみられること。 国内ファンたちの間でオーサーコーチのこういう姿はウスゲッコリがなったりもする。

こういう観客らの反応にオーサーコーチは全く気を遣わない。 彼は“他の人は意識しない。 出た練習の時いつもヨナとともにスケートを乗る。 毎日共に訓練したコーチが外で応援するのがヨンに力になるという点をよく知っている”と説明した。

何より最善を尽くした弟子に向かって惜しまない称賛を渡すのもオーサーコーチの指導法だ。 彼は演技を終えたキム・ヨナがリンクの外に出てくれば必ず“君が非常に誇らしい”という激励を忘れない。 もちろん口先だけの言葉でない。

“やめるだけでなく心よりヨナ坊や誇らしい。 私は口数が少ないほうでヨンも大騒ぎらしい性格でない。 だが私たちは最高に向かって行く道の孤独だということと楽しみを以心伝心でよく知っている。 これを通じて観客らに最高を見せることができるという点も話だ。”

オーサーコーチはキム・ヨナがいつまでも選手生活をすることを願う。 キム・ヨナが行く道がまさに女子シングル フィギュアスケートの歴史がなることを信じる理由だ。 だから彼はキム・ヨナが‘幸せなスケーター’になるように願う。 幸せなスケーターはスケーティングを愛して大切だと考える人だ。 スケートがあたえる速度感と自由だということがひたすら良くてスケートに陥ったようにキム・ヨナが最後までスケートに対する情熱を失わなかったらと思うというのが五でコーチの希望だ。

“2009年ヨナ坊や世界チャンピオンになった時。 私はヨナ坊や自身がその場にどれくらいよく似合うのか分かることを願った。 ヨナはファンたちの応援に最善を尽くして答えようとして,後輩らには自身の経験を分けようと努める。 だが時々は疲れることもできるということを彼女が分かったら良いだろう。 平凡な自身に帰ることができる時間を持たなければならない。”

#‘ミスタートリプル アクセル’ブライアン・オーサーは誰?

1961年カナダで生まれた五からは四才頃姉をついて行って偶然にスケートに接した。 彼はスケーティングの速度感と自由な感覚に魅了されたし1979年世界で二番目,ジュニア選手では初めてトリプル アクセル・ヨンギに成功,‘ミスタートリプル アクセル’というニックネームを得た。

1981~1988年まで8年連続カナダ チャンピオンに上がったし1984年サラエボ オリンピックと1988年カルガリーオリンピック銀メダリストだ。

1986年カナダ メンバー勲章と1989年カナダ オフィス勲章を授与を受けたし2009年3月世界スケーティング名誉の殿堂に献呈された。 1980年代伝説的なスケーターで名声を飛ばした五からは指導者に変身して1週間ぶりにキム・ヨナに会った。 幼いキム・ヨナをフィギュア女王で作った彼は世界的な明知陶磁と評価されている。

[2009-11-24 15:12:49] 元記事はこちらから

※オーサーコーチの自叙伝買ったはいいけど全然読めてなかったので内容がわかり良かったです(爆)。

自動翻訳妙なところは後日直したいです~。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。