韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'フィギュアクィーン'キム・ヨナと'コーチK'シュセプスキー
2009年11月29日 (日) | 編集 |
スポーツ スターは一国家とコミュニティのイメージを一瞬にして変えておくマジックを働かせたりもする。 他の分野とは違って不特定多数に及ぼす影響力が即座に爆発的であるためだ。

'コーチK'という愛称で広く知られた米国デゥコ大学のノング監督マイク'シュセプスキー'(Krzyzewski)が代表的な場合だ。 Kで始めるがポーランド話なのでこのように発音するようだ。 あまりにも有名人なので彼の名前を米国式で呼ぶ人は殆どない。

昨年北京オリンピックではバスケットボール国家代表チーム監督を引き受けてコビー・プライアントと共に13億中国人らに強烈な印象を植え付けてくれることもした。

ドイツとロシア間に挟まっていてこのように奪われてあんなに裂けていった漢方医歴史を持っているポーランド. こういう背景のせいなのか米国でポーランド界は永らく'非好感'移民者グループで取り扱いされた。

'ポーラック'(Polack)としながら軽蔑の対象だったポーランド出身ら. '無作法で食べたポーランドの人々'というだろうか。 人種的偏見でポーランド界は移民初期肉体労働に苦しめられて疲れた暮らしを設けなければならなかった。

そのような'ポーラック'が今は堂々と胸を張って'名品'市民としての地位を享受することになった。 米国にオリンピック金メダルの光栄を抱かせたシュセプスキー. 'コーチK'に熱狂して見たらポーランド コミュニティに 対する主流社会の認識が即座に変わることになったのだ。

分かってみればポーランドと韓国は似ていた漸移少なくない。 地政学的に見てもそうだ。 強大国に囲まれていつも生存に威嚇を感じて生きた国家らだ。 早く米国のベストセラー作家ジェームズ・ミチノが両国を'驚嘆の土地'(the Land of Wonder)だと呼んだのもこのためであろう。

ミチノが初めて韓国土地を踏んだことは1951年の1・4後退頃だ。 偶然に国立博物館に入った彼は目の前に繰り広げられた光景に深い感銘を受けた。 家族の安全と危機は後まわしであるまま職員らが文化財避難準備に没頭しているではないか。

戦乱により都市の外面は徹底的に破壊されたが韓国人らの内面まもなく'魂'は生きて息をするのを目撃した。 韓国人らのその粘り強い生命力をミチノは強靭な'魂'で探したのだ。

米国歴史に'忘れられた戦争'で使われた朝鮮戦争. しかしミチノは博物館の'事件'を決して忘れることができなかった。 '魂'が生きている限り韓国は廃虚の灰でバラの花を吸っておりろとの予言を残した。

ミチノの予言のとおり韓国人の'魂'が一緒にしたおかげであったか。 去る3月世界フィギュアスケート選手権大会で女王で'ジャンプ'あるキム・ヨナ. ワールド ベースボール クラシック(WBC)の韓・日決勝戦に続き開かれた大会なのでキム・ヨナは米国言論の集中照明を受けた。

大会を中継したNBC-TVは韓国と韓国人社会に賞賛を惜しまなかった。

NBCは私たちと'悪縁'がたまにある。 1984年 LAオリンピック開幕式時は次期主催国韓国が入場するや広告を送りだして韓国人らの怒りをかった。 それだけでない。 88ソウル オリンピック時は裏路地の犬肉のスープ集を連日報道して開催国の顔にダメージを与えまくった。

そのようなNBCがキム・ヨナのうっとりしたダンスに魂が抜けて賛辞を吐き出した。 スポーツがこのように韓国と米国韓国人社会のイメージを変えてしまったのだ。

話だけ聞いてもエンドルフィンがジャージャー出てくるようなキム・ヨナの金色演技. 前回ニューヨークのレイク プラシッドで開かれたグランプリシリーズ5次大会'スケート アメリカ'では世界記録に対する負担のためなのかしりもちをついて多少失望感を抱かせた。

12月3日には日本,東京でグランプリ ファイナルが開かれる。 この頃誰も関係なく難しい人生だがキム・ヨナがもう一度優勝をしてファンたちに'希望のジャンプ'をプレゼントしてくれれば良いだろう。

[ukopia 2009-11-24 07:49] 元記事はこちらから

yk20091129-2.jpg

※ヨナたんがカナダのオーサーコーチに師事してたりアメリカのミッシェル・クワンに憧れてたり、ジョニたんと仲良しだったり。国境を越えてヨナたんに親しみを感じ愛するファンは世界中にいっぱいいるんだと思う。今週始まるグランプリファイナルで日本のフィギュアファンもヨナたんの演技を生で見たらきっと魅了されることでしょう^^
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。