韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィギュア女王キム・ヨナ"史上初めてグランドスラム撃つ!"
2009年11月29日 (日) | 編集 |
来月東京でグランプリ決勝…ライバル 浅田脱落優勝無難
2010バンクーバー冬季オリンピック ロシェット新しい競争者で急浮上


'フィギュア女王'キム・ヨナ(19)がグランドスラムに挑戦する。

4大陸選手権大会(2月)と世界選手権(3月)で連続優勝したキム・ヨナはグランプリ決勝と来年2月バンクーバー冬季オリンピックまで席巻すればメジャー4個大会を連続優勝するグランドスラムを達成することになる。 女子フィギュアスケーティング歴史上メジャー4個大会グランドスラムはただ一度もなかった。

もちろんキム・ヨナ以前にも'フィギュア女王'は多かった。 ソニャ・ヘニー(ノルウェー),バーバラ,アン・スコット(カナダ),カタリーナ・ビット(ドイツ)等は冬季オリンピックと世界選手権,大陸選手権を席巻した。 だがグランプリ大会ができた98年以後にグランドスラマーは痕跡をなくした。

▲グランプリ決勝優勝挑戦

カナダ,トロントで留まっているキム・ヨナは1日グランプリ決勝(3~6日)出場のために日本,東京に移動する。 グランプリ決勝には予選格の1~6次大会点数を合算して1~6位だけ出場する。

王の中の王の大会であるわけだ。 キム・ヨナが出場する女子個人戦規定種目(short program)は4日夕方,自由種目(free skating)は5日夕方に開く。

世界フィギュア界はキム・ヨナが無難にグランプリ女王になるものと予想する。競争者浅田真央(19・日本)が深刻な不振に予選脱落したため。その上2007世界選手権者の安藤美姫(日本)もシーズン最高点が171.93点に過ぎない。

ジョアニー・ロシェット(カナダ)が6次大会で182.90点を受けたがキム・ヨナが1次大会で得た210.03点と比較すると30点近く違いが生じる。

▲新しい競争者ロシェット

今まではロシェットより浅田がキム・ヨナのライバルと指折り数えられる。 しかし最近上昇の勢いに乗ったロシェットは失敗が少ないうえに2010バンクーバー冬季オリンピックを開催するカナダ出身という長所を持った。

ロシェットは2006トリノ冬季オリンピック金メダルの主人公荒川静香(日本)と似ていた点が多い。世界最高実力を整えられなかったが失敗が少なくてジャンプが正確だ。変化の要素が多いフィギュアスケーティング特性上失敗が少ないということは大きい長所だ。

荒川はトリノ冬季オリンピック当時イリーナ・スルツカヤ(ロシア)とサーシャ・コーエン(米国)という二大山脈に押された銅メダル候補であった。

しかしスルツカヤとコーエンが金メダル競争を行ってしりもちをつくや荒川は失敗を最大限減らしたあげく漁夫の利で金メダルを首にかけた。

▲オリンピック金メダルの主人公は?

バンクーバー冬季オリンピック金メダル候補はまだキム・ヨナと浅田が指折り数えられる。 しかしキム・ヨナがグランプリ6次大会のように失敗を連発するならばロシェットが荒川のように幸運の主人公になる可能性を排除することはできない。

だからだろうかキム・ヨナは"誰でも常に望むのを成し遂げることにはならない。 完璧な競技は練習ですら容易ではない"と内心を明らかにした。 競争者の浅田の不振に対しても"オリンピックまではまだ多くの時間が残った"として緊張のひもをゆるめない。

[スポーツ韓国 2009-11-8 06:31] 元記事はこちらから

yk20091129-6.jpeg yk20091129-7.jpeg yk20091129-8.jpeg

※ヨナたんのライバルは自分ということで~、1日来日楽しみです^^
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。