韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[フィギュアインサイド特集]イジフイ副会長、"キムヨナジュニアワールド選手権が最も記憶に残る"
2009年12月03日 (木) | 編集 |
"(キム)ヨナの登場は、韓国フィギュアの歴史に新たなストロークグオトています。現在のリンクで汗を流している選手は皆ヨナの影響を受けるでしょう。世界の頂上にオルラソン姿も見るお勧めしますが、私たちもすることができるという希望をシムオジュン点ヨナが築いたの最大の利点です"

'フィギュア女王' キムヨナ(19、高麗大)が'2009 - 2010 ISU(国際スケート連盟)フィギュアスケート グランプリファイナルが開催される日本の東京に到着し、適応訓練の真っ最中である。キムヨナは、2回のグランプリ大会をすべて制覇しファイナルに進出した。去年の11月中旬に開かれた'スケートアメリカ'が終わった後、 それにもかかわらず いいペースを維持している状態なので、キムヨナの促進が期待されている。

キムヨナと一緒に、今回のグランプリファイナルで一緒にする歯がある。 イジフイ(47) 大韓氷上競技連盟 副会長は、国内初のISU公認国際審判資格をタネトだった。 ISU国際審判員である彼女はフィギュアスケート大会のうち、最も大型の大会であるグランプリファイナルの4大陸選手権、世界選手権で審判を務めることができる。また、来年2月に開催される 2010年バンクーバー冬季五輪でも審判の役割を果たすことになった。

"最後のシーズンにはジュニア世界選手権とシニアの世界選手権で、韓国の審判がでポプヒョトオヨ。しかし、今回のシーズンジュニアワールドはもちろん、世界選手権の審査を任されました。世界選手権前に行われるオリンピックにも出ることが起こったの責任感がさらに重くれた思考を聴くことができます"

yk20091203-1.jpg yk20091203-2.jpg


フィギュアの流れを読み、パスを開始審判の道

この副会長は、 ウンソク小学校 1年生のころからスケートを始めた。子供のころからフィギュアを始めた彼女は78年と79年の総合選手権大会で、女子シングルジュニア部分の1位に上がることもした。当時、梨花女子高校2年生に在学していたが副会長にはスケートと勉強を並行するために、米国への留学を去った。

"非常に幼いころから練習だけをしてもそうか調査のための欲望がコトオヨ。しかし、スケートも簡単に切り取ることができませんでした。結局のところ、この2つを並行するために、留学を去りました。時間が経つにつれて、学業に専念ようになり結局選手生活を終了したのです"

ペンシルベニア大学を卒業した彼女はフィギュアとは別の道を歩くことになった。しかし、子供の頃から始めたスケートの道は完全に折り畳むことができなかった。結局のところ、フィギュアの新しい勉強を始めるようになり審判の道を行くというの決定をすることになった。

"韓国のフィギュアが発展していく姿を着実に見守って望んでいた。また、国際的なレベルのフィギュアがどのように進んでいることを確認しておきたいと考えました。指数の勉強を続けながら、流れを読むことができる審判の道を選択するんです。国内審判は、1988年度からスタートしましたね。そして94年度から国際大会の審査を任されました"

いざ国際審判になったが、国際大会の回数が少なかった当時の審査を務める機会が多くなかった。しかし、ジュニアグランプリシリーズが現れ、世界フィギュアの流れを読むことができる幅が増えた。また、審査の経験を積むことができる場も設けられた。

特に、フィギュア大国は着実に強勢を続けることができた旧採点システムが消え、新採点制が入ったのポイントは、新鮮な衝撃だった。新採点第1の利点については、この副会長は、これを評価した。

"新採点ゼロ含まれてきて、主観的な基準が一層客観的基準に変わるはできている。区採点制は選手たちを比較評価し、順位に合わせるようだったが、新採点第1は、このような傾向がずいぶん変わった。採点方式がディテールに変わったため、審判の役割とすることがはるかに長くは目覚める。また、旧採点制と比較して、プログラムを分析することができる幅が広がりました。"

特に、特定の技術にGOE(加算点)が満たされる部分は、新採点第1のコアの1つだった。正確できれいに構成される技術の2〜3点までの加算点を与える部分は、審判の役割をさらに広げて置いた。

"選手たちを互いにビギョヘガながら得点を与えた区の得点と比較され新採点は多くの要素が客観的に変更されました。そして正確に行われた技術の加算点が入る方法は、非常に合理的だと思いますよ"

キムヨナが現存する最高のスケートになることができた原因は、'質の優れた技術』を駆使したのである。正直な技術を駆使した金妍兒は、最も多くの加算点を受ける選手となった。

"新採点製で高得点を取得することができる技術を完璧にすることが重要です。スピンのレベルを上げるために無理に試みをするよりも少し低いレベルのスピンと完璧に駆使すると、加算点を得ています。新採点第1のポイントは、ここでのです"

2006年のジュニアワールドが最も記憶に残る

ジュニアグランプリシリーズの審判陣に参加して審査を務めた彼女は世界フィギュアの流れを読むことができる。技術と表現力がますます発展して行ったが、韓国選手たちは、常に下位圏に滞在していた点が残念な気持ちに残っていた。

しかし、これらの概念覆す選手が現われた。若い年齢でトリプル5種類のジャンプをすべて身につけた天才少女』は、いつの間にか国際ジュニア舞台をフィプスルギ開始した。当時、ジュニアの舞台で最強に君臨した浅田真央(19、日本中京大)の存在に相当した。

日本のマスコミは浅田の『未来の世界チャンピオン』と大々的に紹介し、自国で出てきた若手を称賛した。しかし、2006年に行われたジュニア世界選手権大会での上にオルラソン選手はキムヨナだった。

"ヨナが出場した試合はすべてが印象的だったのですが、その中でも2006年度にあったジュニアワールドが一番記憶に残ります。それからヨナが浅田真央をクリックし、優勝をしていたプロセスは非常に劇的なんです"

浅田真央はトリプルアクセルを展開していましたが、ジャンプはもちろん、フィギュアのすべての要素で優位にいたキムヨナに押されてしまった。劣悪な韓国フィギュアの環境の中でこのような選手が輩出された点は、奇跡の転移だった。

"ジュニア世界選手権の後、ヨナの存在は、本格的に世界に知られるようになりました"

韓国フィギュアの総合的な進歩が、証明書には、審判陣の育成が必要である

審判陣は、大きな報酬なしで働く'ミョンイェジク'である。大会ごとに一定額の費用が支払われますが、非常に少ない費用である。このため、'ボンサジク'に近い方のフィギュア審判をする志望は非常に少ないが副会長には打ち明けた。

"フィギュア選手をしてから退職すると、ほとんどの審判よりもコーチのサポートにはできます。フィギュア審判は、保守がないし、大会たびに動くので、他の仕事を並行するしかない"

にもかかわらず、ボンサジクに近い仕事ですが、多くの国際審判は、この仕事を楽しみながらしていると、この副会長は言った。また、フィギュアの流れを読むことができ、責任感を持ちながら勉強できる点がこの仕事の魅力だと強調した。

"韓国フィギュアの総合的な進歩が、証明書には、審判陣の育成も重要です。今日では、審判をするという若い友人たちが多くなくて残念なのは事実です。しかし、全体的なシステムがスムーズに発展するためには立派な審判陣の育成にも必ず行う必要があります"

今月1日、日本で行われるグランプリファイナルの審査を取るために、この副会長は、日本に出国した。 "今回の大会の最も強力な優勝候補は、キムヨナ"と評価された彼女は、"ヨナため、フィギュアが人気種目となった点も大変嬉しく思いますよ。特に、先月に行われた全国レンキンジョン時泰陵にいっぱいのファンはとても印象的でした"と明らかにした。

他の競争相手を越えて最高の班列に上がったキムヨナのライバルはひたすら'自分自身'だ。今までの国際大会で良い姿を見せて欲しいと、今回の大会でも、自分の技量を存分に発揮して欲しいとと、この副会長は付け加えている。

[エキスポーツニュース 2009-12-03 10:10]  元記事はこちらから

※ヨナたんの活躍が自分のことのように嬉しく、誇らしいでしょうね^^
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。