韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーサー"キムヨナ、上昇力を得た"
2009年12月03日 (木) | 編集 |
"キムヨナは、過去5回大会での上昇力を獲得しました"

2009-2010国際氷上競技連盟(ISU)フィギュアシニアグランプリファイナル(3-6日、東京)に臨むキムヨナ(19。高麗大)のコーチのブライアン・オーサー(48)がキムヨナの技量が上昇曲線を描いていると診断した。

オーサーコーチは3日午後日本東京代々木第一体育館で行われたキムヨナの2番目の公式練習を見てから、"コンディションがとても良いです。体調もグェンチャンゴの訓練にもよくなった"と評価しながら、"グランプリ5次大会の経験を介して上昇力を得たし、今もその上昇傾向が続いている"と述べた。

キムヨナは去年の11月の米レークプラシッドで開かれたフィギュアグランプリ5次大会ショートプログラムではすばらしい演技を繰り広げても、得点の負担との交渉を探求のせいでフリースケートでミスをジョジルミョひるんだ。

しかし、この経験がむしろ一度もミスをすると、これを完全に補完するために、最後まで訓練を重ねている性質のキムヨナに、さらに意欲をブルテオゲする'薬'になったということだ。

キムヨナはこの日の練習でも、フリースケートの演技をしていたところ、トリプルサルコとトリプルルッツジャンプでは不安な様子を見せたが、すぐにオーサーコーチと何度も相談し、素晴らしいジャンプをすることができるようになるまで休む鳥で跳ぶ姿を見せた。

オーサーコーチも"リズムが合っていないからです。すぐに再試行して成功していないか"と大きな意味を置かないことなく、"キムヨナは、いつでも本格的に試合に臨む選手だ"と賞賛した。

一方、オーサーコーチは、今回の大会を控えて、キムヨナが、左のスケートブーツを変えたことについて"ブーツが少し大きいと感じた"とし、"長いシーズンの間のリズムを合わせていく過程のの値を指定するだけ"と説明を付け加えた。

[連合ニュース 2009-12-03 16:47]  元記事はこちらから

yk20091203-3.jpg yk20091203-4.jpg

※これが新しいスケート靴ですね!どうかヨナたんを守ってください~。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。