韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キム・ヨナ"新しい競技と考えてフリーに出る"
2009年12月05日 (土) | 編集 |
記者会見で'逆転優勝'覚悟確約

"失敗をしてしまったがみな忘れて新しい競技に出て行くという考えでフリースケーティングに出ます"

惜しくジャンプ失敗を犯したせいで2009-2010国際氷上競技連盟(ISU)フィギュア シニア グランプリ ファイナル女子シングル ショートプログラムで2位に終わったキム・ヨナ(19.高麗大)は新しい気持ちで雪辱に出るという確約を伝えた。

キム・ヨナは4日日本,東京,代々木第1体育館で開かれた大会女子シングル ショートプログラムが終わった後公式記者会見で"ショットで失敗があったが新しく始めるという心でする。 フリースケーティングで私がすることができる恨み多いポイントを得て大会をよく終えたい"と話した。

トリプル フリップ ジャンプを1回転で処理して0.2点を得るのに終わったことに対して"競技前訓練でトリプルループ ジャンプを走って倒れて慌てた。 その影響があったようだ"と自ら分析を出したキム・ヨナは日本記者らが執拗な質問攻勢をかけたが他の要因があったことではないと言い切った。

キム・ヨナは"練習の時トリプル フリップの成功率が低かったとは考えない。 もちろん練習で毎度成功することはできない。 ジャンプ失敗はしばしばあることだから気を遣わなかった"と話した。

また"長い旅行に時差があったことは事実だがその影響は全くなかった"として"一日ゆっくり寝た後まさに適応した。 からだ調子も良かった"と説明した。

キム・ヨナは"去るグランプリ5次大会フリースケーティングの時失敗をした後にさらに熱心にすることになったし,また圧迫感が私の演技にどれくらい影響を及ぼすのか知ることになった。 私に肯定的影響を与える良い機会だったと考える"と説明して"物静かに準備するならばフリースケーティングで良い結果を出すことができることと考える"として心の安定を探して逆転優勝を狙うという覚悟を伝えた。

[連合ニュース 2009-12-04 22:23] 元記事はこちらから

yk20091204-4.jpg

※全然心配の必要なさそう^^
コメント
この記事へのコメント
こんばんは
この記事、4日のうちに読みたかったわ~。
夜中に目が覚めちゃって(笑)

でも、昨日は本当にハラハラしたけれど、尚更嬉しさが増した感じです。ヨナたんがジャンプ決めるたび「よしっ!」と掛け声かけてました(笑)解説では「いつもの勢いがない」と荒川さんが仰っていましたけど、そんな事、なかったですよね~、流れるような優雅な舞だと思いました。
2009/12/06(日) 01:14:14 | URL | nina #-[ 編集]
ヨナたんのフリー
ストーリー性はないけど心が洗われるようなステキなプログラムですよね!迷いのない女神さまの舞。

今日のEXはドントストップミュージック?めちゃ笑顔のヨナたん楽しみです!
2009/12/06(日) 10:54:39 | URL | piroringo #rN1LClbI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。