韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[チョヤンジュンのフィギュアインサイド] キムヨナ, オーサーがいたから搖れなかった
2009年12月06日 (日) | 編集 |
5日夕方, 日本東京代々木国立競技場第1体育館で行われた '2009-2010 ISU(国際氷上競技連盟) グランプリファイナルであったところでシングルプログラムで 'フィギュア女王' キムヨナ(19, 高麗大)が 123.22の点数を記録した. ショートプログラム点数である 65.64点と合算した 188.86の点数で 185.94を記録した安藤美姫(21, 日本)を追い抜くグランプリファイナル 3回優勝に成功した.

しかし今度大会に臨んだキムヨナは精神的にごく重いストレスを受けた. 去る 11月中旬, アメリカレイクプラシッドで行われた 'スケートアメリカ' 大会の時, キムヨナの足よりちょっとブーツ問題で困惑を支払った.

この点を解決するためにキムヨナは左側ブーツを変えたまま適応訓練に突入した. いっそう楽な感じを捜したがグランプリファイナルが開かれている日本はキムヨナを歓待しなかった.

今度グランプリファイナルで現われたキムヨナの評価は '残忍な位'で粘っこかった. 'エリックボンパール'で 2位と 30点以上に圧倒的な勝利をおさめたキムヨナに対立する相手は見えなかった. 越すことができない 1人者に対する評価は他の選手たちと違った.

まずキムヨナの技術中, 一番高い点数を持っている 'トリプルルッツ + トリプルトウル-プ'に歯止めがかかった. 無欠に走ったトリプルトウル-プの回転数が不足だったというテクニカルパネルの判定が下ろされながらキムヨナの点数は大幅に刈られた.

シー ズン途中, 自分が駆使する特定技術に理解ができない判定が下ろされればすべての選手たちは混乱を感じるようになる. 実際に自分が倦まず弛まず走って来る認められた技術が特定大会でダウングレード処理されれば選手たちの意欲は大きく落ちるようになる. ある選手たちは "競技をする意欲が落ちる"とまで自分の心情を打ち明ける.

グランプリファイナルのように規模が大きい国際大会でこんな結果が出ればその傷はもっと大きい. キムヨナはブーツ問題の適応と日本取材陣たちの執拗な 'フリップ駆使' 質問に莫大なストレスを受けなければならなかった.

こ んな状況の中で無欠なトリプルトウル-プに歯止めがかかった. よほど精神力が強くない選手は大きい衝撃を受けることができた. しかし幼いごろから胆大な性格を持ったキムヨナはこの問題を乗り越え出した. また, フリースケーティングを控えるスケート日に問題が起こる '惨事'も発生した.

果してこのような状況の中で最上の演技ができるスケーターがどの位だか. キムヨナは自分が持った '強心臓'も分け前をしたがそばにあったブライアン・オーサーがいなかったらキムヨナは崩れることはできた.

東京で起きている理解することができない状況の中にもオーサーコーチは平定心を失わなかった. また, 自分の弟子のために興奮を隠す老練なことも現わした.

オーサーコーチは "誤った判定も勝ち抜けることはできる心得が必要だ. また, キムヨナのコンディションは正常だ. 彼女に大きい問題はない"と自信感を表明した.

選手を導いているリーダーが平定心を失うようになったらその下にあった弟子も易しく崩れる巻く. さまざまな悪條件にある状況の中でもオーサーコーチはキムヨナの '自信感'を最後まで守ってあげた.

技 術的にもう完成されたキムヨナには自分の意見を充分に反映してくれることができるリーダーが似合った. キムヨナのマネージメント社である IB スポーツの関係者は "カナダトロントで (キム)ヨナが訓練する姿を見ればオーサーコーチの '人間味'がぷんぷんと漂う出る. いつもヨナの意見を反映してくれて非常に人道的に導く与える. このような指導方針にヨナも非常によく付いて来る"も明らかにした.

来 ては索莫たる東京でキムヨナを守る心強い '盾'がなった. ある難しい状況の中でもキムヨナが自信感を失わないように導いた. また, "キムヨナのコンディションは非常に良い良い競技を開くこと"と言いながら精神的な負担になるに苦しむあるキムヨナの肩に力を与えた.

日本東京で行われたグランプリファイナルは '精神力けんか'が勝敗を牛耳った. ショートプログラムから現われた誤審とフリップに対する執拗な日本言論たちの質問攻勢, そしてスケート日の問題などを皆勝つことはできる理由はオーサーコーチがあったから可能だった.

お互いに尊重する気配りする訓練方式は '固い信頼'につながった. 難しい状況の中でもキムヨナが決して揺れない理由はここにあった.

[エックスポーツニュ-ス 2009-12-05 23:30] 元記事はこちらから

yk20091205-3.jpg yk20091205-4.jpg

※弟子のアイスショーでバックフリップやっちゃうコーチなんていないし(爆)。オーサーコーチがいるからヨナたんがあんなに豊かな演技ができるんだなあ。そんな師弟関係うらやましいです^^ にしてもスケート日の'惨事'って?;;
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。