韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キム・ヨナ決算インタビュー"多いこと体験した一年"
2009年12月06日 (日) | 編集 |
"昨年グランプリ ファイナル大変で..チャン・ミラン理解"

出場したすべての大会を席巻して最高の成績に一年を締め切ることになった'フィギュアクィーン'キム・ヨナ(19.高麗大)がシーズン最後の大会の2009-2010国際氷上競技連盟(ISU)フィギュア シニア グランプリ ファイナルが皆終わった6日淡々と去る大会を見て回ってこれから計画も明らかにした。

キム・ヨナは"今年のシーズン世界新記録もたててみて最悪のプログラムもしてみた。 判定問題など多いことを体験したようだ"と一年を見て回って"オリンピックを控えて色々なことを体験したと考える。 学ぶことが多かったシーズンだった"と話した。

今年世界選手権大会を最も良かった競技で,昨シーズン グランプリ ファイナル大会を最も大変だった競技に選んだキム・ヨナは国内ファンたちに"フィギュアは応援よりは観覧をするスポーツであるだけに一方的な応援よりは私の演技に集中して下さったら良いだろう"と率直な心を明らかにすることもした。

"オリンピックまで残った二ヶ月をよく活用しなければならない"としてオリンピック チャンピオンになりたい心を明らかにしたキム・ヨナは軽い表情で率直なインタビューを分けた後外で待った100余名のファンに嬉しいあいさつを伝えた後競技場を抜け出た。

yk20091206-7.jpg yk20091206-8.jpg


◇"くやしい判定気を遣わなくて..緊張調節は上手なように"

今回の大会でキム・ヨナは釈然としないジャンプ ダウングレード判定が出てきたために初日ショートプログラムで2位をしてフリースケーティングでも二度失敗を犯して安藤美姫(日本)の競技結果が出る時まで結果を察することはできない難しい競技をした。

キム・ヨナは"フリースケーティングが終わって点数を見た時は何の考えがなかったがインタビューをしようと待って見たら技術点数がきわどいということを悟った"として"私も不安だったが若干の差でも勝って幸運"と話した。

ショートプログラムでトリプルループ-トリプル トウループコンビネーション・ジャンプがダウングレードなったことに対して"キスアンドクライ 前にのろい画面が出てくる。 ひょっとしてと足を熱心に見たが全く問題がなかった。 ところでそのような結果が出て情けなかった"と明らかにしたキム・ヨナは"こうしたことをたくさん体験してみたが画家込みあがりはしなくていらいらした。 押し黙っているように渡す性格だとそのまま'また開始だな'したかったが周辺でさらに怒ったよ"と話した。

キム・ヨナは引き続き"今回の大会を終えて行かなければならないという考えにはやく忘れようとした。 ショートで気分が悪かったのがフリースケーティングに影響を与えはしなかったようだ"と話した。

今回の大会を控えて"去るグランプリ シリーズ5次大会で'緊張調節'が重要だということを感じた"と明らかにしたキム・ヨナは"今回の大会でも若干影響があったが大きく緊張しはしなかったようだ"と話した。

ショート時は競技直前トリプルループ ジャンプを試みて倒れたのが調子調節に影響を与えた。

"率直に倒れたのがとても'パルラダン'倒れた"と話して'きゃっきゃっ'笑い出したキム・ヨナは"それ以前まで緊張調節をしたが私も自ら'夢か現か'するほど大きく倒れてその感じが身について忘れるのが大変だった"と話した。

フリースケーティングの時には練習の時左側スケート刃が損傷する不安な状況をむかえたのに対してもキム・ヨナは"神経は使わなかったけれど若干気を付けてスケートを乗ったこと同じだ"と伝えた。

キム・ヨナは"直ちにどんな部分を神経を使わなければならないという考えはしない。 練習はするが競技で見せてくれることができないのが多いが良くやったことらは維持して練習と同じ競技をすることインノロク努力しなければならないだろう"とこれから覚悟を伝えた。

◇"韓国で競技したくないというチャン・ミラン心理解します"

"オリンピックを控えて色々なことを体験した一年であった"と去る1年に総評をおろしたキム・ヨナは"フリーで失敗はあったが練習から自信があふれたし,その姿が競技でもあらわれたようだ。 選手としてワールドチャンピオンというタイトルを得た大会であった"として去る3月払った世界選手権大会を最高の競技に選んだ。

反対に'最も良くなかった競技'を尋ねるやホームのキム・ヨナは高揚で開かれた昨年12月グランプリ ファイナル大会を指定した。 当時キム・ヨナは186.35点で2位に留まってグランプリ ファイナル3連敗に失敗した。

キム・ヨナは"初めて韓国で払った国際大会だったが二日が二ヶ月同じだった。 'が大会を終わらせる日が来るか'したいほど負担が大きい大会であった"と話した。

"特に韓国観衆らの観戦文化がなじまなくて当惑した。 私がジャンプをする直前にも音がしたよ。 6分の間からだをほぐす時間が非常に長いことが感じられて,棄権しようかと思う考えまでした"と当時感じた負担感を打ち明けたキム・ヨナは"'再び韓国で競技したくない'という重量挙げ選手チャン・ミランの話にたくさん共感した"と率直に話した。

キム・ヨナは"時々フィギュアをたくさん見ることができなかった方らが337拍手鴨にされるときは当惑する"としながら"フィギュアは応援よりは観覧をするスポーツだ。 そのような応援をしてみるならば私が何をすることができるのか見られるだろうか。 私に集中して下さったら良いだろう"という要請を伝えた。

◇今はバンクーバーに集中

キム・ヨナはもう来年2月に予定された2010バンクーバー冬季オリンピック準備にすべての焦点を合わせる。

キム・ヨナは"常に調子を維持するということが難しいがリズムをよく調節しなければならない。 何よりも元気な体で行くことができたら良いだろう。 心理的な負担をぬぐい去るのはその瞬間にかかっているようだ"と話した。

"今はバンクーバー冬季オリンピックまで時間がもっとあったら良いだろうが,準備だけよくなっているならば直ちに明日でもオリンピック競技をおこないたいだろう"と話したキム・ヨナは"(最高記録を立てた)去るグランプリ1次大会が終わった後には'これがオリンピックならば’と思った. 常に良い競技をしたらそのように考える"として笑った。

"オリンピックのために新しいガラショーアイディアも悩んでいる"と明らかにしたキム・ヨナは"競技が終わった後ニュースに'オリンピック チャンピオン'という題名が記されていたら良いだろう"と最後の風を伝えた。

[連合ニュース 2009-12-06 20:56] 元記事はこちらから

yk20091206-9.jpg yk20091206-10.jpg

※自動翻訳ムチャ変ですがゴメンして!(爆)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。