韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キム・ヨナ"オリンピック チャンピオンよりより良い呼称ありましょうか"
2009年12月08日 (火) | 編集 |
'パルラダン'という言い出しておいて単独でキャルルハミョ10余秒間笑いをこらえることができない。

今年大学生になったがまだ'少女'ティーをみな脱がなかった'フィギュア女王'キム・ヨナ(19 ・高麗大)だ。氷板委で最高のカリスマを吹きだすがリンクを抜け出せば明るい微笑を持った'花娘'となる。

2010バンクーバーオリンピックを控えた最後の点検舞台の'2009~2010グランプリ ファイナル'で優勝して,今回のシーズンに出場したすべての大会金メダルをさらったキム・ヨナが日本,東京現地取材陣と大会を終える決算インタビューを持った。

簡単に返事が出てくるほどの質問にはしばらくの間頭を絞り取って悩んだがむしろ敏感になる質問らには率直淡泊な返事を出した。

以下はキム・ヨナとの一問一答

yk20091207-5.jpg


-オリンピックを控えて他の大会は全部終わったが

▲グランプリ3個大会を払ったが世界新もたててみたし最悪のプログラムもしてみたし判定にあって問題もあったしいろいろを体験したようだ。 初めての大会払ってその後にある大会らが良くはなかったが特に今回の大会無難によく行ったしオリンピック前に色々なことを体験してもう少し習う点が多いと感じた。

-もう少し神経を使わなければならない部分があると感じたか

▲今は何を神経を使わなければならないと考えるよりは練習にすることを景気(競技)で見せられないのが多くてこれを景気(競技)に同じように見せることができれば良い。

-最も気持ち良い競技と大変だった競技は

▲一番良かった競技は去る世界選手権だ。 ショットもそうでフリーも失敗があったがその時は練習の時から自信がたくさんあふれたようだ。 それが結果に出てきた。 自ら若干の命をかけた大会なので目標にしたこと,計画した通りみな出てきてとても良かった。 選手としてワールド チャンピオンというタイトル得て良かった。

最も骨を折ったことは。 去るグランプリ ファイナルだ。 韓国で初めて国際競技を韓国でしたがこの大会を終わらせる日がこようかと思う道路二日が二ヶ月同じだったし最も大変だった記憶だ。 韓国観衆の応援がなじまなくてとても当惑した。 今回は判定でくやしい点もあったし終えて行くべきだとの考えに忘れてした。

-チャン・ミラン選手が"韓国で二度と競技したくない"という話をしたというのに同じ脈絡なのか

▲とてもその話は出来ずにいたが率直に話してもかまわないか? 私もとてもとても同感する。 そのような経験がなかったし国内大会も最近では出てこなくて雰囲気になじまなかった。 特にフィギュアを観覧する時観衆方々の(他の国と)違うように応援をしているのにそれがかなり本当に本当に当惑した。 想像もできないほどであった。 そうするとは思わなかったがウォーミングアップで感じて6分間のウォーミングアップ終わって棄権するか利生角度した。 選手が集中するように物静かにすることには難しい状況だった。

フィギュアは応援よりは言葉どおり観覧する種目のようだ。 選手たちが上手にすれば拍手してフィギュアたくさん見ない方々が337拍手とかするのにとても当惑されて率直にたくさん気になる。 とりわけウォーミングアップする時そうだ。 337拍手してそのような組織的な応援をするならば私の演技を見ることができるだろうか。 私に集中したら良いですが...

-昨日フリー点数出てきた時どんな気がしたか

▲その瞬間には何の考えがなかった。 インタビューを待って見るから技術点(点)がきわどいということを悟ったしそれで不安だった。 ところで幸い少しの差だったが勝って幸いだった。

-ショートプログラム後審判判定に対してオーサーコーチが韓末があるか

▲そのまま確実に話することもなかった。二つの目で本隊だ。私たちが確認したのために話す言葉がなかった。'キスアンド クライ'に座って私の競技場面を見た。その時内発議回転とランディングを詳しく見た。全く問題なかった。大丈夫だろうしたがそうなってそのまま情けなかった。

率直に判定論議をたくさん体験したがその時ごとに画家込みあがってはいない。 そのままいらいらするだけであって怒るスタイルではない。 押し黙っているように渡すスタイルだ。 今回はむしろ周辺の方らが怒って私はじっとしていた。

-バンクーバーまでぴったり2ヶ月が残ったが待たれるか

▲今はちょうど競技が終わって時間が少しあったら良いだろう。 毎度準備をしていれば明日その場としたくて感じる時もある。 大会を待つのが疲れる時がある。 準備ができている時にははやく終わらせたくて準備されなかった時は時間があったらと思うことになる今は時間があったらと思うがしていればまたはやくしたらと思うだろう。

-東京に来る時アメリカで緊張感調節を習ったといったが調節が上手だったようか

▲ショート・ハは刃は調節が上手だったが倒れたことためにみな崩れてしまった。倒れたのがとてもパルラダン倒れて言葉どおりパルラダン倒れて(しばらくの間笑うのに返事をできなかった)それが練習の時もそのように倒れない。倒れてとても驚いた。これが'夢は生時が'するほど。ぼんやりしていた。からだに倒れた感じがはらんでいるから大変だった。フリーな時にはスケートの刃のために心配があったが神経をほとんど使わなかったがこわごわした。緊張はしなかったようだ。

-バンクーバーオリンピックが終わった後新聞最初の文章に何か書いていれば良いだろう

▲(だいぶ長い間の時間らで悩んだ)オリンピック チャンピオン?

-オリンピックに臨む覚悟一言?

▲残った2ヶ月をどのようによく活用するかに掛かっていたようだ。 ブライアン・オーサーコーチが常に話するのにリズムをよく調節しなければなければならないと話する。 常に同じリズムを維持するというのが難しくて流れをよく調節しなければなければならないと考える。 最も重要なのは痛くなくて元気なからだにできたら良いだろう。 最も最も重要なのは心理的な負担をぬぐい去ることだと考える。

-オリンピックで金メダルを取ればひょっとしてガラプログラムで'ゴールド'を一つ

▲今回トロントに行って新しい分けて準備するようだ。オリンピック流に変える時もなったことのようで。どうであることするか話もしている。まだ具体的には分からない。

[ノーカットニュース 2009-12-06 20:52] 元記事はこちらから

※EX新しいのやるんでしょうか~、'ゴールド'やるといいのになあ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。