韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キム・ヨナ"異変は私にも起きることができること"
2009年12月20日 (日) | 編集 |
"オリンピック異変私にもくることができること
つまずくことなく準備…必ず金メダル取る"


"異変が私にもくることができる。"

大韓民国のすべての国民はキム・ヨナがバンクーバー冬季オリンピックで初めてのフィギュア金メダルを取るつもりだということを信じて疑わなくなっている。 しかし世の中の事というのは100%大言壮語することにはならないことだ。

キム・ヨナやはりこれをよく知っていた。キム・ヨナは19日(以下韓国時刻)現地訓練紙のカナダ,トロントのクリケット スケーティング アン カーリング クラブで持ったミディオデイで"幼かった時からオリンピックをしばしば見てきたし異変がたくさん起きるのを知っている。そのことが私にも起きることができる"としながら"まず上手にしなければならないという考えしかなくて結果がどのように出てくるかは誰も分からないが受け入れる覚悟はされている"としてオリンピックに対する覚悟を表わした。

"(金メダルは)運も伴うべきではないか"ながらも"私自身が上手にできるという信頼を持って本当に上手にしたい"としてオリンピックで最善を尽くすことを約束した。

全世界20ヶ所を越える取材陣100人余りの前で約1時間程度公開訓練をしたキム・ヨナはトリプルループ-トリプル トルプコンビネーション・ジャンプやトリプル フリップなどのジャンプを完ぺきに成功させてオリンピック準備に支障がないことを知らせた。

日本で開かれたグランプリ ファイナル以後2週の間は軽くからだをほぐしてジャンプ練習程度だけしながら休息を取ったキム・ヨナはもう本格的な練習に入る。 主にプログラム構成と体力訓練に集中する計画だ。

多くの専門家たちがオリンピックに対する負担をどれくらい克服するかがカギといっているけれどブライアン・オーサーコーチが技術的な部分だけでなく精神的な部分でも多くの助言をしている。2回オリンピックに出場して銀メダル2個だけを取ったブライアン・オーサーコーチは"キム・ヨナは去る5個シーズンを送る間たくさん成熟した。90%以上自身の感情調節が上手になっている"として彼女の精神的な面を高く評価した。

一方この日がちょうどオーサーコーチの誕生日だとキム・ヨナは誕生日ケーキを直接持ってきて誕生日パーティーを行うこともした。 キム・ヨナはオーサーコーチに名品カバンをプレゼントしたし,お母さんパク・ミヒ氏は紅参と緑茶を贈り物.

キム・ヨナは20日トロント近隣のハミルトンで2010年バンクーバー冬季オリンピック聖火リレーをしながらオリンピックを控えて公式日程を終えた。

[スポーツ朝鮮 2009-12-20 15:06] 元記事はこちらから

yk20091220-6.jpg

※自分のチカラに驕ることなく最善を尽くすというヨナたん、弛まぬ努力を続けているそんな姿を神さまはずっと見てるから大丈夫^^
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。