韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"ロシアにキム・ヨナ破る秘密兵器ある"
2010年01月17日 (日) | 編集 |
日本の安藤美姫を指導しているニコライ・モロゾフ(写真)コーチがロシアにキム・ヨナを破る秘密兵器が三人あると主張して非常な関心を引いている。

自叙伝'キス&クライ'出版のため日本に来たモロゾフは15日"10代初めのこれら三人が現在のロシア フィギュア協会の徹底した地図で急成長している"と明らかにした。

今回のバンクーバーオリンピックでは年齢がとても幼くて出場が不可能だが実力にだけ見るならばロシアのトリオは浅田真央と美姫はもちろんでキム・ヨナも十分に勝つことができると大言壮語した。

モロゾフは三選手の名前を公開しはしなかったがこれらはあるプログラムでトリプル-トリプルを何回も成功させることができる爆発的な才能の所有者らだと話した。

昨年12月東京で開かれたジュニア グランプリファイナルには3人のロシア選手が出場していた。 この中10代初めはポーリナ・セレペン(14)とアンナ・オブチャロヴァ(13)で各々2位と5位を占めたことがある。 モロゾフが挙げた秘密兵器にこれらが含まれたのかは知らされなかった。

モロゾフは2014年ソチ オリンピックで三人の中一人がロシアに金メダルをもたらしてくれることだと自信を持った。

モロゾフは2006年トリノ オリンピックで荒川静香のコーチを引き受けてアジア選手としては初めて金メダルを取るようにした張本人だ。

日本言論とのインタビューでモロゾフはアジア,特に日本選手たちは白人らとは違って重力がからだ中心の下にあってジャンプにたけていると話した。 筋肉が早く反応するのも日本選手たちの身体的強力な点に選ぶこともした。

[ユーコピア 2010-01-17 06:17] 元記事はこちらから

yk20100117-1.jpg

※え~なんか思わせぶりだわねモロゾフ。って自叙伝出版ですか!なんか生々しそうですが~(爆)、モロゾフが出るならオーサーコーチの自叙伝も出して欲しい!



コメント
この記事へのコメント
中身は韓国語なので、内容は詳しく分かりませんが...
『キム・ヨナのコーチ、ブライアン・オーサー氏(48)が、「1回の飛翔のための1000回ジャンプ」と題する自叙伝的性格の本を出版したと記憶しています。
2010/01/18(月) 20:08:38 | URL | yuna_kim0905 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。