韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンクーバー五輪:ヨナの広告が見られないワケ
2010年02月10日 (水) | 編集 |
バンクーバー冬季五輪の開幕が目前に迫り、キム・ヨナのCMが急に減ったのはなぜだろうか。理由は、IOCが五輪開催期間中、公式スポンサー以外の広告出演を禁止したからだ。写真は、IOC公式スポンサー、サムスン電子のエアコン広告(写真提供=サムスン電子)。

バンクーバー冬季五輪の開幕(2月13日)が目前に迫り、韓国でも五輪への熱気が高まっている。

 そのため、キム・ヨナをCMでよく目にすることになると思っていた人は多かったはずだ。今回の五輪で最も注目を集めているキム・ヨナが出演する広告は非常に多いため当然、五輪期間中はキム・ヨナの広告があふれるものと予想していた。

 しかし、最近になってキム・ヨナが出演する広告は、むしろ減った。現在テレビで見られるのは、サムスンの携帯電話とエアコンのCMぐらいだ。

 理由は、国際オリンピック委員会(IOC)が五輪期間中、出場選手の商業的活動を禁止したからだ。その期間は、開幕9日前から閉幕後3日までとなっている。これは、アマチュア精神を重視するIOCが五輪を商業的に利用させないための措置といえる。

 だが以前、朴泰桓(パク・テファン)や張美蘭(チャン・ミラン)ら五輪出場選手は、五輪期間中でも企業広告に出演していた。また少ないとはいえ、現在キム・ヨナも広告に出演している。

 これは、IOCと各国の五輪委員会(NOC)のスポンサーに限って、広告出演が認められているからだ。IOC公式スポンサーのサムスンがキム・ヨナの出演広告を流せるのはそのためだ。

 大韓体育会マーケティングチームは、「大韓体育会は国庫支援を受けているが、スポンサーシップを通じて企業から支援を得ることで、事業をより拡大して進められる。また、国庫依存度を減らすこともできるため、税金支出の抑制につながる」と語った。

 なお、五輪期間中にスポンサーシップを締結していない企業が五輪出場選手を広告に出演させた場合、その選手の出場資格がはく奪されるため、企業もIOCの制約を無視することはできない。

 しかし、こうした制約に対して不満を抱く企業もある。キム・ヨナを広告モデルとして起用している複数の企業は現在、大韓五輪委員会とスポンサーシップに関する協議を行っている。

[韓国日報日本版 2010-02-09 10:22:34] 元記事はこちらから

yk20100209-3.jpg

※そうなんですね~、日本もそうなのかな。選手の資格剥奪なんて厳しい!企業の皆さんにはしっかり守っていただきたくー。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。