韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キムヨナの07分ドラマ
2010年02月14日 (日) | 編集 |
“私はまだ完成されなかった!”

選手として成功したといって人生で成功したと話すことはできない。だが明らかなのは私はまだ二十才で,今後残った人生がさらに長いということだ。私には今の席が人生成功へ行く初めての出発点がよいはずであるのに,したいことも成し遂げたいこともまだ多い。私は成功したスポーツ スターでなく,絶えず成長する人で記憶されたい。夢のために最善を尽くして走って行く立派な選手,努力する人間‘キム・ヨナ’で記憶されたい。

-キム・ヨナの文中で

世界最上に立った二十才のフィギュア スケーターキム・ヨナ. 彼女が話す‘キム・ヨナの人生’にはどのような話が含まれているだろうか。 フィギュア スケート靴を履いて13年. フィギュア不毛地韓国でキム・ヨナはそれ自体で途方もない事件だった。 キム・ヨナが競技でジャンプを走る時,胸ドキドキしなかった人がどこにいるだろうか? 彼女が授賞台の上で涙を流す時,多分大部分の国民は共に涙を流しただろう。

2分50秒のショート プログラムと4分10秒のフリースケーティング,そのまぶしい7分のために13年の間一日8時間以上の訓練を耐えてきたキム・ヨナの舞台の後の話. この本はキム・ヨナが伝える‘夢と成長のメッセージ’を含んでいる。 あきらめたい時ごとに‘もう一度’と叫んでまた立ち上がって,頂上ですら新しい目標を設定する情熱と挑戦本能が彼女の今日をあるようにした。 ‘フィギュア クイーン’という修飾語は未完の自身を愛して,明日に向かって休むということなしで跳ね上がった夢と努力の代価であろう。

もうキム・ヨナは‘世界最高のスケーター’を越えて‘自身がすることを楽しむことができる幸せなスケーター’に進化している。 キム・ヨナの率直淡泊な話は夢に向かって一歩ずつ進む私たちの時代成長の役割モデルになってくれるだろう。

世の中を感動させたまぶしい舞台の後,キム・ヨナの本当に話

キム・ヨナがフィギュア スケート選手で生きてきた13年の余情(旅行日程)と今後の 希望を率直で淡々と打ち明ける。 彼女は毎晩訓練を終えた後日記を書くように自身の記録らを整理した。 7才初めてスケート靴を履いた時から小学生時期トリプル5種ジャンプを消化するまで,反復される訓練と時々訪ねてくる力に余った負傷を克服して毎度世界新記録を更新してフィギュア クイーンにそびえ立つまでのお話がキム・ヨナ特有の語り口と溌刺とすることで生き生きと描かれる。 大韓民国を越えて世界を魅惑させたスケーターキム・ヨナ. そのカリスマあふれる舞台の後に隠されたキム・ヨナの率直で時には胸ジーンとしたお話に会って見ることができる。

率直溌剌堂々,キム・ヨナだけの独特の話法

舞台の後キム・ヨナは初めには人見知りするが親しい人には意地悪ないたずらをするのが好きで,リンク場が離れるほど力強く笑って,ぺちゃくちゃおしゃべり震えるのが好きで,インターネット検索を楽しむ溌刺とした二十才だ。 彼女だけの肯定的で整った性格と溌刺とした姿が本のあちこちに含まれている。 苦痛の中でも希望を探して,恐れと失敗さえもさっさと振り払ってしまい明るい顔にまた立ち上がる‘対人(代印)杯(倍)海苔付いた生’,彼女は話法もまたしっかりしている。

シーズン別プログラム,そのビハインド ストーリー

キム・ヨナを世の中に知らせた<ロクサーヌのタンゴ>きて<ヒバリの飛翔>,彼女を世界チャンピオンで作った<死の舞踏>きて<シェヘラザード>,夢のオリンピックに挑戦する<映画007主題曲>と<ジョージ・ガーシュウィンのピアノ協奏曲F長調>.私たちの胸に感動に伝えられたこのプログラムらはどのように誕生したのだろうか?シーズン別に音楽を選別して振りつけとプログラムを構成する過程が含まれていて,これを調べる面白味もかなりよい。本を読んでキム・ヨナの競技をまた見るならば感動が倍加されるだろう。

■キムヨナの7分ドラマ キムヨナ著|中央出版社ピョネム| 15,000W

[読書新聞 2010-02-12 14:50]  元記事はこちらから

yk20100213-5.png

※発売前に予約したのに通販トラブってて入荷待ちなんですってー;; 早く読みたいなあ(読めなくても・爆)。

最後の最後、なぜか自動翻訳"15,000円"になってましたのをうっかりそのままアップしてました。コメいただき只今修正いたしました(ハズカシイ)。日本円にすると1,200円程度。翻訳版が日本で発売になるとは思えないので届いたら今度こそ解読チャレンジしてみよう(ヨナママ本とオーサーコーチの自伝は挫折・爆)。ご指摘ありがとうございました^^v
コメント
この記事へのコメント
■キムヨナの7分ドラマ キムヨナ著|中央出版社ピョネム| 15,000円 ← 15,000WONだと思います。

2010/02/14(日) 06:48:47 | URL | yuna_kim0905 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。