韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィギュア女王にささったニューヨークタイムズ
2010年02月16日 (火) | 編集 |
日曜スポーツセクション1面トップ記事集中照明
12日にはオリンピック特集板書ジャンプ場面報道


“誰が金メダルを取るかは空が決めるでしょう。 どんな結果でも受け入れる準備ができています。 もし金メダルを取ることができないといってもとても失望しはしないでしょう。”

米国ニューヨークタイムズが14日(現地時間)日曜スポーツ セクション1面トップ記事で韓国のキム・ヨナ選手を集中照明した。 12日バンクーバーオリンピック特集版でキム・ヨナのジャンプ場面を2ヶ面にかけて詳しく報道して二日ぶりだ。 この新聞は‘微笑みを見せて希望を走る(Hope glides with a smile)’という題名と共にキム・ヨナの律動的なフィギュアスケーティング場面を全面にのせた。 1面から10面につながる記事でキム・ヨナの訓練の姿とブライアン・オーサーコーチとの出会いおよび世界的な選手に成長するまでの過程を詳細に扱った。 “23日始まるオリンピック フィギュアスケーティングでキム・ヨナが優勝すること”としながら“最近数十年間キム・ヨナのように強力な優勝候補はなかった”と紹介することもした。

オーサーコーチは新聞を通じて“キム・ヨナは今と同じ景気不況期に自身の金メダルが国民の士気を培うことを分かるから多くの負担を感じている”と伝えた。 彼は“70個の各国報道機関がキム・ヨナにインタビューを要請したが昨年12月18日以後言論との接触を遮断している”と明らかにした。 1月には韓国で開かれた国際フィギュアスケーティング大会も参加しなかった。 キム・ヨナは“私が最も心配するのは緊張”としながら“非常に集中して沈着しなければならない”とこの新聞とのインタビューで話した。

[東亜日報 2010-02-16 03:16]  元記事はこちらから

yk20100215-3.jpg

※既出ですが新聞写真を載せたくて~。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。