韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[知識疎通専門家ジョヨンシムコラム3]キム・ヨナ,世界1になった原因は?
2010年02月19日 (金) | 編集 |
バンクーバーオリンピックで朗報を伝えるキム・ヨナが浅田真央を抜いて世界1になった原因は何だろうか?

フィギュアで最高の技術点数はトリプルアクセルから出る。 浅田真央はその技術を主な武器で使う。 もちろん競技でその技術を駆使して失敗をすることになれば減点を受ける。 だが決してその技術をあきらめはしない。

反面キム・ヨナは最高点数を受けることができるトリプルアクセルをあきらめてその下段階のダブルアクセルに注力する。 もちろん完ぺきな駆使で加算点を受けたりもする。 そこに誰もついてくることのできない彼女だけの武器がある。 他でもない殺人的な押します。 その微笑を見ればそのあるどんな人も自ずから微笑を浮かべることになる。 いくら良い演技をして高い点数を得るとしてもしかめた顔だとか固まった表情ならば決して多くの人々の呼応を得ることはできない。 もちろん肯定的な評価も期待しにくい。 “実力はなるのに何不満あること違うの?” “上手にすることはするのになぜ表情がそうなの。”

フィギュアの女王キム・ヨナに対して話せといえば人々は大部分彼女の肯定的な姿を記憶することになる。 この頃大韓民国の人であることを誇らしく思えるようにする人の中に一番上ではないだろうかと思う。 彼女がする言葉,行動一つ一つが他の人らに多くの影響力を及ぼすことだ。 リーダーシップの最も重要な要素はまさに影響力だと見られるのに世界1等のキム・ヨナを見ればどんな基準を持って生きなければならないのかが分かる。

この頃はある分野にしても専門家になってこそ生き残ることができる。 ところで大部分その分野の最高技術があってこそ最高になることができると考えやすい。 故に絶えず学びまた習う。 例えばIT分野の新技術をかろうじて習ったらいつのまにか進歩した新技術がまた再び登場する。 結局技術力だけでその分野の最高になることは点点難しくなるのが現実である。 それならキム・ヨナが浅田真央に勝った戦略を駆使すればどうだろうか?

私が最も上手に出来る技術を完ぺきに駆使してそこに私だけのまた他の武器を加えることだ。 それが微笑でも,やさしさでも,スピードでも関係ない。 他の人が私をプロと認識するほどの余裕を見せることができることならば何でも武器になることができるためだ。 プロはどんな瞬間にも余裕があるということを見える。 状況が不利だと姿勢をかき乱したり表情がゆがまない。 そのような姿を見て相手方があなたをプロらしいと感じることだ。

この頃もキム・ヨナの競技が開く所には多くの人々が集まる。 数多くの人々が集まって多様なお話を作り出す。 明るい微笑,柔軟な身の動作,完ぺきなフィギュア実力を見て我が国の人々を一つの心で集める偉大なリーダーシップを発揮していることだ。

そうだ。 彼女は当然世界1位の実力を整えている。 その上に美貌もなる。 私が話そうと思うリーダーシップのまた他のモデルである。 その分野で1などがなればあなたも堂々と基準になることができる。

[ハンギョンドットコム 2010-02-18 17:35] 元記事はこちらから

yk20100218-5.jpg

※技術と芸術面を兼ね備えて余裕ある優雅な演技がヨナたんの魅力~。いつも愛と感動をいただきます^^
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。