韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"ヨナ,比例よく取りそろったボディー持って"専門家がみたフィギュアクィーンは?
2010年02月21日 (日) | 編集 |
フィギュアスケーティングはスポーツというよりは総合芸術だ。 ‘フィギュア妖精’キム・ヨナのプレーを見ていますとバレリーナの優雅な身振りとミュージカル俳優の神懸かりの演技力.そして専門モデルでも探してみることができる持って生まれた身体的美しさまで。 それこそ幻想の総合芸術家が思い浮かぶほどだ。 その間キム・ヨナのプレーはスポーツの見解だけで扱われてきたこと事実だ。

スポーツソウルは2010バンクーバーオリンピックを控えて発想の転換を試みた。 バレリーナ. ミュージカル俳優. 整形外科専門の. ファッションモデル.メイクアップアーティスト.スタイリストなど6個分野専門家たちの目を通してキム・ヨナのフィギュア世界を覗いて見た。その間指摘できなかった鋭利な分析と風変わりな解釈がキム・ヨナに対する認識の地平を広めてあげた。‘フィギュアニンフ’キム・ヨナを眺める6個分野専門家たちのぱんぱん飛ぶ‘個性満点’見解を紹介してみる。

yk20100221-3.jpg yk20100221-5.jpg


●バレリーナ キム・ジュウォン(国立バレエ団首席舞踊家) =

バレエは体で話を伝達することだ。 テクニックや動きは当然の基盤でそこに芸術的表現を溶かして出さなければならない。 キム・ヨナ選手の試合を見て最も驚いたのがまさに‘芸術性’だ。 事実その間フィギュアは踊りというよりはスポーツと考えてきたがこれを芸術的に昇華させた。 フィギュアはスケート日上で踊る踊りである。 そのためかキム・ヨナが演技する姿はスポーツ選手を本多技より芸術家を見るような感じを受けることになることだ。

芸術的表現力のためにバレエを習ったと聞いたがそのような賢明なことも印象的だ。 フィギュアをする後輩らにも多くの示唆する点を与えたと考える。 私が勉強したロシアでは新体操. 器械体操. フィギュアスケート. 水中バレエをする人々が数えきれない程多い。 彼らにバレーは基本だ。 バレエをして向こう側で転向する場合も多い。 機会があるならばいつでも会えて助けを与えたいという考えもする。

オリンピック後プロ転向の話も出てくることと分かる。 だがプロで転向しようがしなくてもキム・ヨナの競技はあたかもバレエ公演のように見る人に美しさを見る楽しみを与える。 ファンたちにそのような楽しみをずっと善事(プレゼント)するように願う。

●チェ・ジョンウォン(ミュージカル俳優) =

ミュージカルはある作品ある作品が皆創作の力だ。 いつも同じ音楽の中で振りつけ等を通して新しいものを表現するためだ。 キム・ヨナ選手は競技とプログラムを作品と見えるようにする。 今回‘007シリーズ’も‘死の舞踏’もそうだ。 ミュージカルは踊りはもちろん歌など台詞がいるのに反してフィギュアは台詞がないのにかかわらずそれを表現する能力が優れなければならない。 私がミュージカル習って見たら誰がさらに技術的に優れるかより感性を先に見ることになるのかも分からない。 特に劇的な表現は特に俳優の力量にかかったが。 キム・ヨナは本当に劇的な表現力と大衆に対する吸入力がすごい。

娘がバレエをするから共に試合を見る場合が多い。 子供に大きい勉強となる。 頂上の選手もいつも良いことだけ見せることはできない。 序盤失敗にも後に見事な競技を見せるという点を高く評価したい。 フィギュアもミュージカルのようにいつもライブでしていると失敗が出てくる。 映画のようにまたとることができない分野だ。 毎度していればその日の調子. 気持ちにより失敗が出てくる。 だが時間と努力を投資して自信があふれる本物プロは失敗をした後より大きいエネルギーを発揮する。 キム・ヨナ選手のようにね。

●メイクアップ・アーチスト造成(造成ザクリエーティブ代表) =

キム・ヨナの‘ボンドガールメーキャップ‘は‘100点満点に200点’だ。 セクシーだということと女性的官能美を精一杯誇った。 一言で‘パーフェクト’する。 強いアイメーキャップと自然な皮膚表現が似合って最適のスタイリングになった。 何より猫のような妖艶な目つきを表現した‘アイライン‘この魅力ポイントだ。 唇は淡い色で表現して視線が目に集中した。 専門家劣らないセンスだ。 毎シーズン試合を見ればアイメーキャップに微妙な差がある。
昨シーズンには目じりを45度上げて描いたアイラインで復古風の感じを演出した。 技術的なテクニックも良かったが。 化粧を立派に消化した。 恐らくキム・ヨナが自身の顔長所をよく知っているようだ。 今回の冬季オリンピックではナチュラルブラウンやゴールド色のパールアイメーキャップをすれば女性美が引き立って見えるようだ。

●スタイリスト チョン・ユンギ(イントレンド代表) =

キム・ヨナの魅力は‘キム・ヨナ スタイル’自体だ。 特に。 ‘ネックライン‘この最も美しい。 昨シーズン ショートプログラムで着たボンドガールの衣装も首をかばうホルダーネックスタイルであったためインパクトがあった。 一部ネチズンの‘原始人服装のようだ’という意見は少し不快だ。 今回の服は新しいスタイルに対する挑戦だ。 それだけでも高い点数を与えたい。 今はキム・ヨナがどんな服を着ても信頼できるから新しいデザインに対する挑戦を見守りたい。 もちろん惜しい点もある。 ボンドガール衣装のディテールな部分まで気を遣うことができないようだ。 宝石装飾の派手さを強調して アクセサリーまで調和を作り出した完ぺきなスタイリングが必要だった。 機会があるならばキム・ヨナを‘ティンカーベル’で作りたい。 ホワイトドレスに派手な装飾デザインでポンドガールのセクシーだということとカリスマを見せてあげたい。

●整形外科専門のチョン・ジェヨン(再臨整形外科院長)

機会があれば必ず一度会ってみたい国民妹キム・ヨナはぱっちり二重まぶたと鼻筋がとおる鼻を持った派手な西欧的な美人型ではない。 しかし神秘的な東洋的な米価宿っていてみれば見るほど魅力的で嫌気がささない単芽と奥ゆかしいイメージだ。 具体的に‘顔型’は正面で輪郭とそば船がバランスが取れた形態で。 ‘額’はふっくらして可愛く見える形態を持っている。 ‘頬骨’やはり前とそばが過度に目立たないでやわらかい輪郭だ。 下顎は全体的な輪郭がやわらかくて各部位も適切に生きていて東洋的な米を伝える。 時折見る脂肪が目立つとみられるけれども これは個性満点の魅力ポイントで見ることもできる。 ‘目’は二重まぶたはないが横と縦の大きさが適当で目じりが多少上に向く東洋的な目つきだ。 ‘鼻’は多少低くなったようにするように見られるが. 顔のそばではラインで調和をよく成し遂げている。

●ファッションモデル チャン・ユンジュ

キム・ヨナの背は164cm. 体重は47㎏だ。 大きい身長ではないが比例がよく取りそろったボディーを持っている。 小さい顔と細長い腕と足は彼女の動きをより一層美しく見せる。 東洋的なマスクは西洋選手たちには見られない格別な魅力を発散する。 氷板の上で二十歳だと見るのが難しいカリスマは抜群だ。 あたかもモデルがランウェー(Runway)の上でたった数秒のためにカリスマを吹き出すような情熱が感じられる。 手ぶりや身振りから出る優雅できれいな動作らまた美しい。 モデルひとりひとりが服を表現やり遂げる力が違うようにキム・ヨナ選手また優雅ながらも強弱を調節することができる表現力が違う誰よりも引き立って見える。 このような美しさと幼い時からよく整った(鍛えられた)実力が交わって最高の選手にならなかったようだ。

[スポーツソウル 2010-02-21 18:42] 元記事はこちらから

※トリプルアクセルを飛ばなくても誰もが認めるヨナたんのカリスマ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。