韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五輪フィギュア:キム・ヨナ、父にプレッシャーを告白
2010年02月23日 (火) | 編集 |
21日の公式練習後、インタビューに応じずそのまま宿舎へ

「ヨナはかなり負担を感じているようです」

「フィギュアの女王」ことキム・ヨナ(19)=高麗大=の父キム・ヒョンソクさんは20日、電話インタビューに応じ、「ヨナは、以前は大会そのものを楽しみながらやっていたが、今回は当然優勝するだろうと国民が考えているので、相当プレッシャーを感じているようだ」と話した。娘を心配する父の心情が声から伝わってきた。

父キムさんは、「キム・ヨナはどのようにプレッシャーを克服しているのか」という質問に対し、「(ブライアン)オーサー・コーチと妻がそばでアドバイスしている。オリンピックが終わったら、ヨナが話したいことは多いはずだ」と答えた。一方で、「国民の期待に応えるため、落ち着いて準備をしていると聞いている」と話した。カナダ・バンクーバー冬季五輪女子フィギュアスケートの有力優勝候補である娘を応援するため、22日ごろ現地に向かうというキムさんは「静かに行って、静かに帰ってきたい」と話した。

キム・ヨナは21日、バンクーバーのパシフィック・コロシアムで初の公式練習を行った。前日午後、練習拠点であるカナダ・トロントからバンクーバー入りし、その翌日に実際の会場でコンディションを調整した。午前はフリーの音楽に合わせスピンとスパイラル、ステップを主に点検した。音楽が終わった後はジャンプを集中的に練習した。練習を終えて会場を出る際には、国内外の取材陣の質問は一切受けず、感想だけを述べた。

「トロントから移動して時差もあまりなく、飛行時間も少なかったため、コンディションはトロントにいたときと同じくらいだ」「氷の質が想像していたのと違っていて、慣れるのに大変だったが、練習をしながら氷の感触をつかめた。いい練習だった」と話した。

キム・ヨナ側は、ショートプログラムが行われる24日まで、インタビュー取材を控えるとしている。メッセンジャー役を引き受けたオーサー・コーチは、「キム・ヨナが競技だけに集中するためだ。理解してほしい」と話した。キム・ヨナは同じ理由で、選手村ではなく、バンクーバー市内のホテルで母のパク・ミヒさん、オーサー・コーチ、個人トレーナーらと宿泊している。なお、移動には韓国選手団が用意した専用車2台を利用している。

2009年世界選手権のチャンピオンであるキム・ヨナの牙城に挑戦する日本の浅田真央は、21日にバンクーバー入りした。浅田は空港で簡単な記者会見を行った後、選手村に向かった。同日午後にはメーンプレスセンターで、同じく日本代表の安藤美姫、鈴木明子とともに記者会見を開いた。浅田は「(トリプル)アクセルの確率は良くなっている。ショートプログラムが一番大事だ。今シーズン最高の演技をしたい」と意気込みを語った。彼女たちが激突する女子ショートプログラムは24日、フリーは26日に行われる。

[朝鮮日報日本版 2010-02-22 09:46:00] 元記事はこちらから

yk20100222-6.jpg
小学時代のキム・ヨナの肖像画/写真提供=軍浦・スリ高

※国民誰もが知る大スターを娘に持ちながら静かに行って静かに帰ってきたいだなんてアボジ泣かせるー;; アボジの記事は過去にも紹介しましたが(こちら)最近見逃してました記事を見つけたので次に続けます~。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。