韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリンピック新人 'オーサーコーチ' 伝説 'タラソワ'に挑戦状
2010年02月25日 (木) | 編集 |
' フィギュア女王' キムヨナ(20·高麗大)を指導するブライアンオーサーコーチは現役時代二つのオリンピック銀メダルを取った 'スタープレイヤー'だったがリーダーでオリンピックに出場したことは今度が初めてだ. 'チォチァリーダー' オーサーコーチが今度オリンピック女子シングルで会うリーダーたちの面々は手強いが特に浅田真央を指導するロシア出身の '巨匠' タチアナ・タラソワコーチと激突は大きい関心を集める. 'チャンピオンメーカー'であるタラソワコーチは去るオリンピックまで 9人の金メダリストを排出する, 今度大会男子シングル金メダルを取ったエヴァン・ライサチェックの共同コーチでも名前をあげている.
 
リーダー経歴とコーチとして '名前値'では相手にならないが女子シングルほどはキムヨナを先に立たせるオーサーコーチが決して滞らない. オーサーコーチは去る 22日記者会見で浅田に今度大会を控える高難易度の 'トリプルアクセル(空中3回転半)'ジャンプにだけ泥む姿に対して "相変らず人々は (トリプルアクセルに対して) 討論を着もいる. ところでこの採点システムを理解することができない人々がいる"と "私たちは男子競技でクォドロプル(4回戦)ジャンプが違う要素よりもっと多い得点を得るのではいやという占いを見た"とタラソワコーチの '浅田戦略'を間接的に批判して '気力の戦い'をした.

[スポーツソウル 2010-02-23 10:25] 元記事はこちらから

※男子なら4回転、女子なら3回転半というリスクの大きい大技にも果敢に挑戦する姿勢はすごいと思うけどフィギュアは芸術スポーツでもあるわけで、どちらに重きを置くかは人それぞれ。オーサーコーチによって計算し尽くされた今期のプログラム、フリー対決がますます楽しみです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。