韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'往年のフィギュアクィーン'ミッシェル・クワンが見る'キム・ヨナ vs浅田'
2010年02月25日 (木) | 編集 |
キム・ヨナと浅田真央のビッグバン1ラウンドを米国のフィギュア女帝ミッシェル・クワンはどのように見たのだろうか。

米国言論'USAトゥデイ'は25日'女のショートプログラムはクワンを熱狂させた'という題名で24日終わったバンクーバーオリンピック女子シングル ショート プログラムを見守った観戦期を伝えた。クワンはキム・ヨナと浅田の引き続いた熱演に深い感銘を受けたようだ。しかし演技の根本的な差を言及してキム・ヨナの優位に傍点をつけた。

彼女は"ショートで浅田のトリプル アクセルは印象深かった。しかしショートで1位をするには充分でない"として"キム・ヨナのトリプル コンビネーションをすることを見守ったが私が考えることではオリンピック ショートでどんな先受け渡しして見たことがなかった"と話した。引き続き"現在の浅田は失うことがないという考えが頭を横切るだろう。ひとまず彼女はフリースケーティングでキム・ヨナが完ぺきにプログラムを消化すると思って二度消化するトリプル アクセルを成功しなければならない"と付け加えた。

浅田がトリプル アクセルを成功しても2位に留まったことは心理的に萎縮する状況ではないのかという指摘には"それがまさに大会だ。 時々出てくる最高の活躍は十分に良いと評価されない。 すべての審判らは全てのものを見守っている。 ジャンプだけでなくスピンなどすべての要素らを注目する"として一つのジャンプよりは全体演技の質を問い詰めなければなければならないと指摘した。 クワンは"私は選手時代2ヶ月の間トリプル コンビネーションを実行した。 しかしオリンピックではこれをできなかった"として間接的にキム・ヨナの演技を高く評価した。

[スポーツソウル 2010-02-25 11:13] 元記事はこちらから

yk20100225-1.jpg

※今日も記事大量にてコメント省略で続けます~。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。