韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NYT"キムヨナのジャンプ、空中に浮かぶようだ"絶賛
2010年02月26日 (金) | 編集 |
'キムヨナにプレッシャーはなかった(Pressure Is No Problem for Kim Yu - na)'、
'瞬時にボンドガールに変わる彼女の姿は魔法だった'
'キムヨナトリプルルッツ - トリプルトウループをする際には、まるで1時間の空中に浮かんでいるようだった'


ニューヨークタイムズ紙は、まさに'キムヨナタイムズ紙だった。米紙ニューヨークタイムズが24日(現地時間)オリンピックフィギュアスケートでは、幻想の魅惑的な演技を見せたキムヨナのAセクションの1面トップとBセクションの10面と13面など3つの部分にわたって特筆大書して駆使することができる最高のミサ以上区絶賛を惜しまなかった。

世界最高の正論地であるニューヨークタイムズ紙が、今回のオリンピックを迎えて、特定の選手を大々的に 照明したのは初めてです。歴代韓国スポーツ界のスターにこのような 心に抱くを受けたことも前例のないことだ。前日の米全域に生中継したNBCも、キムヨナの演技前に、キムヨナの韓国TV CFを編集する1分間の動画をエクスポートし、二人の解説者が絶賛を惜しまないなど、 アメリカ合衆国のメディアは、'フィギュアクィーン'キムヨナにどっぷり抜けた様子だった。

タイムズ紙は、Aセクションの1面にキムヨナのスパイラルシークエンスの演技をしている写真を載せて'ボンドガール』というマイナーなタイトルと一緒に『世界チャンピオンの韓国のキムヨナがジェームズ・ボンド 映画の 音楽を背景にしたフィギュアのショートプログラムで首位にランクされた』と報道した。

タイムズ紙は、スポーツの場合は、トップキムヨナが銃を撃つような魅惑的なポーズの全身のカラー写真を載せて'キムヨナに出版物はなかった』は、タイトルを掲載した。また、右上にスコアが発表されている時ブライアンオーサーコーチとキムヨナがガムギョクスロン表現を合わせる姿を小さな写真に掲載した。

一方、ライバルの浅田真央は、Bセクションの13面に続く下の記事のレイチェル・フラットと長洲未来(以上米国)と一緒に白黒写真に乗せて対照を見せた。

タイムズ紙は、"黒の宝石がちりばめられたドレスを着てチョクジン頭の金妍兒は、町のショートプログラムの勝利を知っているように演技をした"との記事を開始した。続いて、"現世界チャンピオンというの誰よりも強い精神的な出版物は、キムヨナに問題がなかった"とし、"ライバルの浅田真央も負担なしで、以前には見られなかった輝く演技で加算点を受けた"と付け加えた。

ジュリエットメコ記者の記事は以下のように続けた。 '韓国で最も有名なスター、キムヨナが、少しも動揺しなかった。ジェームス・ボンド メドレー 音楽が始まると、薄い笑顔オルウムパンを滑空疲れた彼女が指をトィンギドゥトポーズを取り、一瞬のうちにボンドガールになる様子は、魔法のようだった。

2008年世界選手権3位しか一回の失敗をした後にキムヨナの演技は、芸術や運動の完璧な組み合わせだった。照明で キラキラは、コスチュームのキムヨナ リンクをバクチャゴジャンプする姿は、公衆の遊泳するように見えた。]

続いて、"キムヨナが巨大なトリプルルッツ - トリプルトウループジャンプをする際には、まるで1時間の空中に浮いているようだった。彼女の演技で審判陣は78.50の世界最高得点と肯定的に回答した"としファンホルギョンに陥ったような賞賛一色だった。

キムヨナは演技を終えた後、直前に出てきた浅田真央が完全したと賞賛し、"私は本当にこの時を長く待っていた"と話した。

タイムズ紙は"ヨルアホプサルドンガプインキムヨナと2008年のチャンピオンの浅田真央 ズニ語 のころからの長年のライバルだった"と紹介し、真央が2位に後退に座ったが、"非常に満足している。今日の演技は、今年の私は、開かれた最高のものだった。冷静にフリースケートで臨河だろう"と覚悟を示した。

タイムズ紙はこれとともに、"感動的な瞬間は、キムヨナと浅田真央だけの演技ではなかった。国内のタイトルを6ヨンペハンカナダの 看板スタージョアニー・ロシェット二日前の母が他界し、悲しみを経験したが、よろよろし、最善の演技を繰り広げ、3位にランクされた"と紹介した。

[ニューシース 2010-02-25 09:40] 元記事はこちらから

yk20100225-12.jpg

※アメリカからのアクセスが激増するわけですねえ*^^*
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。