韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシア言論"韓国の007要員,世界を強打"
2010年02月25日 (木) | 編集 |
冬季オリンピックで最も派手な種目でありオリンピックの花と呼ばれるフィギュアスケーティング種目初日ショートプログラム競技が終わった直後ロシア言論らも関連事項に対して比重あるように扱っています。

大まかな反応は全世界海外報道機関ら記事内容と別段違いません。 キム・ヨナ選手の世界新記録の便りを骨子として自国選手に対する便り,ショートプログラムと関連した技術の部分に対する分析などが主要内容です。 ただし全体記事数で見ればキム・ヨナ選手の便りとロシア自国選手関連記事の比重が別段差がないということができるんですが。 いくらキム・ヨナ選手が世界記録をたてて善戦したとはいうが自国選手らの便りと比重が別段差ないということは異彩を放ちます。

ロシアで今回のフィギュア シングル種目に出場した選手中最も高い順位(8位)を記録したアリョーナ・レオノワ,12位にランクされたクセニア・マカロワはキム・ヨナの世界新記録記事に埋められて競技外敵の部分と関連した記事が大部分です。 次第印象的な演技をしたレオノワの場合自身のショートプログラム演技に非常に満足したので順位には執着しなくなっているというインタビュー記事が最も多く言及されています。 フィギュア シングル ジュニア大会選手権者のレオノワは実際に今回のオリンピックで自身のシーズン最高記録を出すなど世界フィギュア界で著しい発展を成し遂げている選手中1人です。

言葉を変えて,それでは今回のショート プログラム以後ロシア言論から出たキム・ヨナ選手関連記事いくつかを紹介してみます。

フィギュアスケーティング ショート プログラムが異変(?)なしに終わったと伝えています。予想通りキム・ヨナ選手が1位を占めたし自国選手のアリョーナ ・レオノワが8位,マカロワが12位を占めたという内容です。ただしタイトルはキム・ヨナ選手を念頭に置いて決めたと見られるが本文内容では何日か前母親の法事にあったジョアニー・ロシェット選手に対する比重がより高いです。

世界記録をたててキム・ヨナ選手が中間順位1位を占めているという内容と2位と4位に日本の浅田真央と安藤美姫選手が布陣したという内容を聴いて現在のフィギュア部門でアジア選手たちの強勢が目立っているという内容を扱っています。

金メダルに向かって巡航中のキム・ヨナという写真説明と共にロシア出身タラソワコーチの指導下に浅田真央がほとんど完ぺきに演技をしたのにキム・ヨナに続き中間順位2位を占めているという内容を含んでいます。

[オーマイニュース 2010-02-25 12:03]  元記事はこちらから

yk20100225-5.jpeg 
yk20100225-6.jpeg yk20100225-7.jpeg yk20100225-8.jpeg
yk20100225-9.jpeg yk20100225-10.jpeg yk20100225-11.jpeg

※ロシアでもヨナたん萌え~。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。