韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キム・ヨナ"パパが直接見た最初の競技…うれしい"
2010年02月27日 (土) | 編集 |
'歴史上最も完ぺきな演技'という賛辞を受けてオリンピック金メダルを首にかけた'フィギュア クイーン'キム・ヨナ(20・高麗大)は泣いて笑ったことを繰り返した。授賞式の時愛国歌が終わってまた涙を見せたキム・ヨナは引き続き開かれた記者会見ではいつ泣いたようににこにこした。英語で話してくれという外信記者らの質問には"I can't believe it(本当に信じることができない)"としながら流ちょうに所感を明らかにすることもした。

次はキム・ヨナと一問一答.

-ついにオリンピックで金メダルを取った。
▲長い間練習したし自信もあった。何より準備したことを全部見せて金メダルを取ってとてもうれしい。ショートプログラムとフリープログラムを全部'クリーン プログラム'で処理したことは恐らく初めての出来事であるようだ。点数も思ったよりとてもよく出てきた。

-オリンピック初めての出場なのに緊張しはしなかったか。
▲むしろオリンピックなのでさらに緊張しなかった。 その間国際大会をたくさん払ったので大きく異ならないと考えた。 何より練習をたくさんしたし調子も良かった。 自信もあって安らかに演技ができた。

-ショートプログラムに続きプリプログレメソも'クリーン プログラム'をしたが自信があったか?
▲プリプログレムで'クリーン プログラム'で飾ったことはとても久しぶりであるようだ。 世界選手権大会で優勝した時もプリプログレムはクリーンできなかった。 だがオリンピックを控えて練習する時にはプリプログレムでクリーンが多かった。 多分その自信が今回の結果につながったようだ。

-ミッシェル・クワンなど過去のスターらがほめた。
▲歴代有名な選手も尊敬するスターらが私を認めるということは選手としてとても光栄なことだ。

-演技を終えた後泣く姿を初めて見た。
▲その間競技をおこなって他の選手たちが泣く姿をたくさん見た。 事実なぜ泣くのか気になった。 私は今回も泣かなくなり得た。 だが思わず涙が出てきた。 恐らくもうやり遂げた,もう終わらせたという気がするや気がせいせいして涙が出てきたようだ。

-韓国で英雄対応を受けるようだ。
▲ショートプログラムが終わった後にも祝う文字をとてもたくさん受けた。 今日はまだ携帯電話を確認できなかった。 多分その時よりさらに多くきたようだ。

-今日ご両親も涙を流したが。
▲ママは常にそばにある。 だがパパが競技場に直接きたことは殆どなかったようだ。 ご両親の前で一生夢見たオリンピックで良い姿を見せることができてとてもうれしい。

-常にオリンピック金メダルが目標と明らかにした。 新しい目標は捉えたのか?
▲今この瞬間を感じて,楽しみたい。 時間がもう少し過ぎた後目標を考える。

[毎日経済 2010-02-26 18:11]  元記事はこちらから

※アボニムの想い伝わりましたね;;
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。