韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Daum 2010 バンクーバー冬期オリンピックキムヨナ特集 STORY  (Chapter 2.  ジュニアヨナ)
2010年02月28日 (日) | 編集 |
キムヨナ, スケートに魂を盛った 'フィギュア女帝' -
Chapter 2. 私は浅田真央のライバルではない 'Yuna Kim'だ.(ジュニアヨナ編)


"(キム)ヨナがジュニア選手に活躍した時代, 日本フィギュア関係者とこんなものを言う. 我が国には 10代初盤にトリプルジャンプ 5種を皆走った天才的な子供がいると自慢をしたんです. するとその日本関係者は "私たちには 10代初盤にトリプルアクセルを走った天才がいる"とマッバッアチョッだ. 分かってみればその選手がすぐ浅田真央だ" - コソンフィ大韓氷上競技連盟審判理事

強靭な体力と正確なジャンプなど, '基礎の定石'をはっきりと学ぶキムヨナは '果川チーム'を去るシンヒェスク(54) コーチの新しい弟子になった. ダブルアクセルまで完成したキムヨナはシンコーチの下で本格的にトリプルジャンプをするようになる. "(キム)ヨナが私に初めて全後, その年夏にアメリカで転地訓練を行く. そこでヨナがすごい子供というのが分かるようになったんです. 一緒に密着しながら生活をして見たらこの子供の '特別'が現われました. まず, どんな課題を提示すれば直ちに答を解く. そして負けず嫌い勝負欲も他の子供とは特別だったんです. 才能もすぐれた子供が努力も他の子供より熱心にしたらぐいぐい成長するしかない. ヨナのための特別な指導方式はなかったです. ただした大道まったく同じく指導したが毎日驚異的なことが現われる" - シンヒェスクフィギュアコーチ

キムヨナは満 12歳以前にトリプルジャンプ 5種を皆完成した. ダブルアクセルまでジャンプの基礎をがっちりしているように完成したキムヨナはトリプルジャンプも一気に自分の物で作った. 現在, キムヨナのトリプルジャンプ中, 'トリプルル-プ'がキムヨナが一番走る苦しがるジャンプに認識されている. しかしトリプルル-プもキムヨナがよく走ったジャンプ中の一つだった. この点に対してシンコーチは次のように証言した. "小学校 6年生の時, ヨナはル-プを含んだトリプルジャンプ 5種を皆走る国内大会で優勝をする. その後ではよく分からないが特別にル-プジャンプを気兼ねをした記憶はなかったです" - シンヒェスックコーチ

2002年初めて参加した国際大会であるスロベニアトリグルラプトロピデフェノービス(満 13歳) 部分で優勝を占めたキムヨナはその年 11月クロアティアで開かれたゴールデンベアノービス部分でも 1位に上がった. また, 2003年にあった総合選手権大会で満 13歳の年に国内頂上に上がった. 13才の幼い選手が '国内チャンピオン'になったことはすごい事件だキムヨナと言う選手に対して帰趨が注目される始まった.

ジュニア舞台で会った浅田真央は 2004年国際舞台にジュニア選手にデビューしたキムヨナは二度出場したジュニアグランプリシリーズで 2位と 1位を記録した. ノービスに引き続きジュニア舞台でも頭角を現わしたキムヨナは 2005年 3月に開かれた ISU(国際氷上競技連盟) ジュニア世界選手権大会で銀メダルを獲得した. この時, キムヨナより高い壇上に登った選手がまさにその有名な浅田真央(20, 日本中京大)だった. 浅田真央がだれか. 'トリプルアクセルの鬼才'である伊藤みどり(41, 日本)が 1992年アルベールビル冬期オリンピックで銀メダルを獲得した以後, 日本は国家的な次元でフィギュアスケーティングを育成しようという '氷暴風' プロジェクトを実施するようになる. 日本全域で抜き出した有望な人を集中的に育成させるこのシステムで誕生した代表的な選手がすぐ浅田だった. 浅田に幼い年にトリプルアクセルを走ると日本言論は興奮して '日本歴史上最高のフィギュア天才が登場した'と大大的に報道した. 世界フィギュアスケーティングのスポンサーを活躍するある日本は次世代選手で幼い浅田を指目した. ジュニア時代から出たキムヨナと浅田真央のライバル公式はこの時から形成された.

ライバルだすればお互いに対等な成績を出しながら呼子世を二塁語なの言う. しかしシニア以後でキムヨナと浅田真央の関係ではこのような公式が成立されなかった. キムヨナが越等に発展する間, 浅田真央は停滞されていた. 現在二人の選手をライバルに追いたてることは多くの無理があるが少なくともジュニア時代のキムヨナ-浅田真央の関係は最高のライバル構図だった. 2005年ジュニアワールドで優勝を占めた浅田真央は 2006年ジュニアワールドで 2連覇を狙うあった. しかしトリプルフリップ + トリプルトル-プという新しい兵器とすぐれた表現力まで着て出たキムヨナは実に脅迫的だった. 特別オリン才能を持った浅田真央, しかし誤った出発が足首を取った 浅田の致命的な弱点の中で一つは土系列のジャンプが皆弱かったという点だ.

浅田真央の基本技を教えたリーダーは山田満知子コーチだ. 日本フィギュアリーダー中, 一番影響力あるコーチの中一人である彼女は浅田真央を示す "私が今まで指導した選手の中で最高"とほめそやした. しかし結論的に見る時, 野馬に完成した浅田真央は '泡'に近い. 不正確なルッツと誤ったエッジ, であったからジャンプする前身を拗る習慣は浅田真央を苦しめる '一生のコンプレックス'がなった. 'トリプルアクセル'を完成するために浅田はかなり多い数のジャンプを飛ばす巻いた. このような現象は山田下で成長した中野友加里(25, 日本早稲田大)にも似ているように現われるある. キムヨナが安定米価あふれる造形物である 'エッフェル塔'のようだったら浅田真央は心細く見える 'ピサの斜塔'に近い. エッジジャンプで現われるすぐれたパワーを持った餓死茶道特別な才能を持った選手だった. しかしフィギュアを始める頃, スケーティングスキルと正確なジャンプで礎石を押し堅めたキムヨナに比べて浅田は誤った道を歩く巻いた. オリンピックシーズンを控える現われる二人の選手の明暗はもう 'スタートライン'から決まった.

2006年ジュニア世界選手権大会優勝はキムヨナに帰った. キムヨナが完璧な演技を広げると浅田はそのように誇ったトリプルアクセルで間違いをしながら崩れた. キムヨナがジュニア世界チャンピオンに上がる時, 現場にあったイジフィ(48) 現大韓氷上競技連盟副会長及び ISU 審判は当時の状況をこんなに回考した. "(キム)ヨナと共に多い国際大会を歩き回る. 去年ボルオジン世界選手権優勝も記憶に残るが 2006年ジュニア選手権で優勝した時が一番記憶に残ります. 浅田真央を押す頂上に立ち上がった過程がドラマチックだ. ヨナが金メダルを首にかける授賞台の一番高い所に立ち上がった時は涙まで出ました" - イジフィ現大韓氷上競技連盟フィギュアスケーティング副会長

ジュニア時代, ギムヨンアはスケートブーツ問題と負傷などで何回の峠を迎えた. あまりにも劣悪な国内環境のため引退を悩んだ時が一二回ではなかったがこのような苦難を皆乗り越えるジュニア頂上に上がった. 浅田真央のライバルに思ったキムヨナは '浅田のライバル'ではない, 'Yu-na Kim'で自分の存在をはっきりと証明した. しかしこれは序の口に過ぎなかった. キムヨナの '世界舞台征服期'はここ書から始まる止める竝び分からないキムヨナの名演は今まで進行されている.

元記事はこちらから

yk20100228-23.jpg yk20100228-24.jpg yk20100228-25.jpg yk20100228-26.jpg

※翻訳機を使用していますので意味不明、誤訳はお許しください~。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。