韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーサーコーチ“ヨナに残ったのはトリプル アクセル”
2010年03月02日 (火) | 編集 |
"ヨナにはトリプル アクセル(空中3回転半)が課題"

2010バンクーバー冬季オリンピック フィギュア女子シングルで金メダルを占めて真の'フィギュア クイーン'にキム・ヨナ(20・高麗大)にはこれからどんな課題が残っているだろうか。これに対して指導するブライアン・オーサー(49)が"トリプル アクセル"と答えた。

オーサーコーチは1日(韓国時間)カナダ,バンクーバーメインプレスセンターでインタビューを通じて"オリンピック チャンピオンになったキム・ヨナは相変らず進歩する可能性を残しておいている"として"技術的に一段階さらに成長しようとするならトリプル アクセルを駆使しなければならない"と強調した。 彼は引き続き"足首と膝,お尻まで全部完ぺきに元気ならば時間を設けて練習することができる"として"個人的にキム・ヨナがトリプル アクセルを走る姿を見たい"と付け加えた。

オーサーコーチは特に"今回のシーズンはオリンピック シーズンなので無理にトリプル アクセルを試みる理由もなかった"として"現在の状況で連続3回転ジャンプが最も重要な技術だがキム・ヨナがトリプル アクセルを簡単に習うことができると考える。 2~3年前にも練習をした。 さらに高い点数を得た後段階はトリプル アクセルだ"と説明した。

一方,オーサーコーチはキム・ヨナが2014年ソチ冬季オリンピックまで出れば良いという個人的な考えも隠さなかった。彼は"キム・ヨナの当面課題は世界選手権大会タイトルを防御することだ。世界選手権大会を終わらせれば時間をちょっと持って休んで次のシーズンを準備しなければならない"として"キム・ヨナがその後に何をするかは分からない"と話した。

オーサーコーチはしかし"2014年ソチ冬季オリンピックまで走ったら良いだろう"として"体力的には問題がない。 もう24才になるだけだ。 全てのものはキム・ヨナにかかっている"と率直な内心を明らかにした。

[ヘラルド経済 2010-03-01 10:32]  元記事はこちらから

yk20100301-9.jpg

※ヨナたんのトリプルアクセルわたしも見たい。24歳のヨナたんかあ、、、萌え*^^*
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。