韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆フィギュア クイーン ヨナ…20歳彼女のストーリー②/オーサー・ウィルソンとの出会い◆
2010年03月28日 (日) | 編集 |
"慎ましい天才少女を笑うようにしなさい"芸術本能を悟らせた二人の男

今日キム・ヨナをいるようにした二人の男,ブライアン・オーサーコーチ(左側)と振付け師デービッド・ウィルソン. 2006年キム・ヨナとチームを組んだ彼らはキム・ヨナの表現力を引き出した。 慎ましいキム・ヨナを笑うようにさせた彼らがあったのでキム・ヨナはオリンピック金メダルとグランドスラムを達成することができた。

韓国体形とは見られないキム・ヨナの長い腕と足. お母さんパク・ミヒ氏は背180㎝を越えるお父さんに似たためだという。 それでも惜しいんだ。 恐らく成長期に運動をしなかったとすれば背がはるかに高かったはずなのに。

反面ママに受けた遺伝子は'意地'とのことだ。 互角に対抗されない意地,そこに何かを一度し始めればすべて集中する性格だ。 そのためかキム・ヨナを開けてみれば'あくどい人'という考えになる。 望むジャンプが思い通りならなければ大声を出して泣いたりもする。

yk20100301-16.jpg


◆よどみない疾走

=キム・ヨナは競技にでる時ごとに韓国フィギュアの新しい歴史を書いてきた。

小学校の時6種類ジャンプ技術の中でアクセルを除いた5種類トリプルジャンプを走る'天才的才能'を見せたキム・ヨナは6学年になった2002年国内舞台から抜け出して目を世界へ回した。 彼の年齢12才の時だ。 2002年スロベニア トゥリグルラプトゥロピ大会ノービス部門で優勝したキム・ヨナは翌年クロアチア ゴールデン切って大会ノービス部門で優勝を握って13才最年少で太極マークを付けた。

国際舞台にジュニアでデビューした彼女は初めての出場した国際氷上連盟(ISU)ジュニア グランプリ ファイナルで2位を記録して氷上不毛地大韓民国フィギュアの新しい歴史を書き始めた。

その翌年からは経ることがなかった。 2005~2006シーズン ジュニア グランプリ シリーズを二度席巻したキム・ヨナはジュニア グランプリ ファイナル優勝に続き2006年世界ジュニア選手権大会まで4個大会連続優勝という金字塔を積んで世界ジュニア舞台を平定した。 恐ろしい勢いはシニア舞台まで続いた。 2007年シニア舞台初めての大会で2位に上がった後二番目大会で韓国人最初に優勝した。 その年12月にはロシアで開かれたグランプリ ファイナルで浅田真央を12点差で押して優勝した。

◆ある日訪ねてきたスランプと負傷

=だが2006~2007シーズンには試練もあった。 腰負傷などで一時引退まで考慮したほどであった。 劣悪な環境で貪欲一緒に練習した後遺症だった。 キム・ヨナのコーチらは暖房もならない寒いところで練習したのが負傷の禍根になったと話した。 ライバル浅田真央が莫大な資本力と言論プレーを動員する日本の力を背に負ってすくすく大きくなっていったのと対照的だ。

だが貪欲キム・ヨナは痛い腰を導いて出場した2006年12月ジュニア グランプリ ファイナルでどうしても'ライバル'浅田を抜いて優勝した。

負傷悪縁は2008年にも続いた。 2008年2月高陽市で開かれた4大陸選手権大会に股関節負傷で参加しなかった。 キム・ヨナはその年3月スウェーデンで開かれた世界選手権大会では鎮痛剤注射を打つ闘魂を発揮して総合3位に上がった。

◆ 'オーサー・ウィルソン'と会う

= 2006年5月キム・ヨナは運命的な人と会う。 3ヶ月間離れたカナダ現地訓練で会った振付け師デービッド・ウィルソンとブライアン・オーサーコーチ.

オーサーコーチがキム・ヨナに会って一番最初にした仕事はキム・ヨナを笑うようにするということだった。

"初めて会った時ヨナは無表情な,いやほとんど腹が立った人のような顔でスケートを滑っていた。 才能は光っていたが彼女の不幸に見えることさえする顔がずっと気にかかった。"くるからではした話だ。

オーサーコーチはキム・ヨナの無表情が'不幸だということ'でなく'慎ましさ'であったのを看破した。

ウィルソンもキム・ヨナの第一印象に対して"ヨナは痩せ細ってとても長い子をはらんだ,深刻な顔の少女であった"と話した。 以後彼らはキム・ヨナの笑いを探すのに注力した。

オーサーコーチは"幼い時は私も非常に照れたが音楽に対する熱烈な愛情おかげで私自身をどのように表現しなければならないのか方法を発見した"として"ヨナと私の共通点はまさに音楽を愛すること"とキム・ヨナの'芸術本能'を呼び覚ました。

以後キム・ヨナは外信で"意外に感情がその場ですぐ顔に現れる選手"という評まで聞くことになった。

[毎日経済 2010-02-28 17:38]  元記事はこちらから
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。