韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[クリック]キム・ヨナ声分析してみると…‘強心臓所有者’
2010年03月28日 (日) | 編集 |
バンクーバーオリンピックで世界新記録を達成してフィギュア クイーンに上がったキム・ヨナは可愛いながらも物静かな音声を所有しているけれどいかなる状況でも揺れることがない強心臓を所有した選手という声分析結果が出て目を引く。

忠北倒立大学生体信号分析研究室のチョ・ドンウク教授(52・情報通信科学と)は2日彼女の音声誇示相手での顔映像を分析した結果を発表してこのように明らかにした。

チョ教授の研究結果によれば普段キム・ヨナの音声は盛大の振動が大きくて(249.161Hz)非常に安定した声を保有(35.809Hz)している。

チョ教授は"キム・ヨナはショート プログラムとフリースケーティングが終わった後盛大振動の変化率(283.735Hzと288.612Hz)および強度の大きさ(69.241dBと68.605dB)が普段よりだいぶ増加したがこの瞬間にも考えて話す冷静さを見えてむしろ安定も値段が40.249%と41.147%に高まるなど冷静さを失わないでいた"と明らかにした。

またキム・ヨナは金メダル授賞が終わった後喜びによりすべての音声分析学的要素値段らが普段より高い結果(ピッチ267.675Hz,強度63.638dB)を見せたがショート後とフリー後よりはその値段が低くなって平常心を維持しようと努める音声で分析された。

このようにキム・ヨナが普段の音声パターンをそのまま維持できたことはそれだけ強心臓を所有しているためでチョ教授は分析した。

キム・ヨナは浅田真央の競技直後ピッチ平均が平常時に近接している反面安定度値段が普段より相当高くなっていることが明らかになった。

これはキム・ヨナが冷静に浅田真央を眺めていたし,関心が大きくなかったことを意味するが相手を尊重しようとたくさん考えて話していたためだというのがチョ教授の説明だ。

チョ教授は"キム・ヨナは金メダルが決定される瞬間と受賞途中涙を流したが通常涙は悲しい感情を代弁するがこの状況でキム・ヨナの口尻尾上がっていたことは"もう全てのものをみな成し遂げた"という心理的解放感で表出されたようだ"と話した。

[ニューシス 2010-03-02 11:56]  元記事はこちらから

※またもやアップし損なってた記事。ヨナたんの声ってちょっとハスキーで癒やされる^^
そして歌もとっても上手なのです。というわけで一昨年のクリスマスに韓国で行われたアイスショーで堂々歌実力を披露した、かわいらしいサンタヨナたん動画を下にしまいます~。


yk20100328-7.jpg
かわええ^^


Yuna Kim - Can You Hear Me [HQ LIVE] 「聞こえますか」


韓国のドラマ「ベートーベン・ウイルス」のOSTですが、AメロもBメロも音程完璧です!
今度のアイスショーで生歌あるといいなあ。
コメント
この記事へのコメント
見れなかったよ(泣) せめて写真載せてほしい☆あと、J.ESTINAのヨナちゃんモデルも、もう少し☆ じつは、J.ESTINAの検索していて、こちらのblog知ったのです。ヨナちゃん演技見ましたよ。確かに少しミスあったけど、完成度の高い、美しさと気高さを併せ持ったフリー演技でしたね。ステキ。
2010/03/28(日) 20:53:22 | URL | さあちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。